鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。skipper1242でツイッターもやってます。

自殺願望だけが支えの空手部生活(過去編・1995年4月・19歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「自己認識能力0なので、「無意識の自傷行為」に全く気付けない(過去編・1995年4月・19歳)」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、自分が大学で空手部に入部したものの、その恐怖で夜眠れなくなっていったという話でした。改めてその流れをフローチャートで確認したいと思います。


大学空手部に入部

半年後、稽古の中で「人間サンドバッグ」という稽古が行われ、そこで先輩達にかなり心肺機能を追い込まれる

人間サンドバッグの厳しさを乗り越える為に自主練を始める。


自主練の翌日に体調をぶっ壊すばかりで全く体力が付いた実感を得られない。そして、当時の自分はその理由が全く分からなかった。



自主練から2〜3日経ち、少し体調が戻ると、また懲りずに自主練をしてしまう。しかし、やはり翌日体調をぶっ壊すばかり。



この流れを繰り返しているうちに自分の中に「無力感」がどんどん増大していく。



「無力感」が増えていく程、「自分に対する自信」はさらに失われ、「被害妄想」が増大。


被害妄想がさらに増えていった結果、稽古の前夜、ベッドの中に入ると次のような「被害妄想的な予期不安」に襲われるようになる。
「明日の稽古で人間サンドバッグが行われるかもしれない。自分はそこで先輩に追い込まれて殺されるかもしれない」。



上記の予期不安は凄まじい恐怖感を発生させ、ベッドに入っても全く眠れない。


そんな日々が1年続いた結果、鬱が3倍に悪化




上記のように空手部の恐怖の日々が1年間続いた結果、自分の鬱は3倍に悪化してしまいました。自分は高校の時点で鬱を発症していたのですが、それは大学空手部の恐怖により3倍に悪化してしまったのです。ではここで「高校時代の鬱の諸症状」と「大学時代の鬱の諸症状」を比較したいと思います。まずは、「高校時代の鬱の諸症状」です。



「高校時代の8つの鬱の諸症状」



①「暴言事件」や「寄せ書き事件」の恐怖が凄まじく、その甚大なメンタルダメージのせいで日曜夜ごとに激しい喘息が発症。そして、自分はそれらの事件を誰にも相談出来なかった為、そのメンタルダメージはいつまで経っても消化されなかった。



②喘息が原因で背中の慢性的的な疲労感がさらに悪化。もはや疲労感ではなく「背中の慢性的なかなりの痛み」


③喘息で夜一睡も出来ず高校に通っているので、慢性的な眠気が酷い


④突発的に発生する凄まじいめまい。自分という存在が消えてなくなりそうな程、地面が激しく揺れているイメージ。


⑤「暴言事件」や「寄せ書き事件」の最悪の最悪の想定が恐ろしくて仕方ない。その怯えから来る「冷え性


⑥上記のメンタルダメージの蓄積により、食欲が完全消失


⑦自転車通学による「無意識の自傷行為


⑧幼い頃より「自分に対する自信」をエグられ続けた挙げ句、激しい「被害妄想」が発症。「自分という人間は、いつ他人から迫害されてもおかしくない人間なのだ」という感覚に常に襲われ、いつもかなり「ビクビク」「オドオド」している精神状態。



(「②慢性的な背中の痛み」と「⑧激しい被害妄想」は相関関係にある。慢性的な背中の痛みが酷くなっていくと、被害妄想も酷くなっていった。)


そして、「大学時代の鬱の諸症状」がこちらになります。


「大学空手部時代の11個の鬱の諸症状」


①大学空手部のとある練習メニューが自分には厳し過ぎて、その「殺される」程の恐怖感で夜眠る事が出来ない。(空手部時代の話②)

②食欲の完全消失(大学時代の鬱の諸症状)

③激しいめまい・離人感(〜離人感と冷え性〜)

④酷い冷え性(〜離人感と冷え性〜)

⑤高校時代と比べて3倍酷くなった慢性的な疲労感と眠気。背中の疲労感は余りにも酷く、それは「疲労感」というより「激痛」という方が妥当。例えるなら「背中をナイフで思い切り刺され続けている感じ」。(〜慢性的な疲労感と眠気〜)

⑥限定的な難聴(〜慢性的な疲労感と眠気〜)

⑦自殺願望(〜自殺願望と救い〜)

⑧何が理由かは全く分からないのだけれど、大学にいる時の自分が、身体がいつも疲れ切っていて眠くて仕方なく、いつも泣きそうなくらい悲しい

⑨慢性的な口内炎

10空手部の稽古中の喘息

11空手部のとある練習メニューの恐怖を乗り越えようと、自主練を繰り返すも、翌日の体調が滅茶苦茶に崩れるだけで一向に体力が増える実感を得られない。そのうちに自分の中には「孤独感」「脱力感」「無力感」「虚無感」がどんどん増えていき、これが自殺願望へと繋がっていった。これは「無意識の自傷行為」とも言える。
(大学空手部時代の虚し過ぎる自主練)



おまけ①:空手部の稽古中の様子

『空手部の稽古中の自分は、喘息は苦しいわ、めまいは酷いわ、背中の慢性的な疲労感は酷いわ、眠気は酷いわ、酷い冷え性で鼻水ズルズルだわ、滅茶苦茶でした。自分の意識はこれらの症状に攻撃され続け、その肉体的苦痛で頭が狂いそうでした。その苦痛量は心の許容量をオーバーしていましたから、稽古中にも「離人感」を発症していたのです』
(大学空手部時代の虚し過ぎる自主練)


おまけ②:大学空手部を辞めれなかった理由についてはこちら


おまけ③:自主練翌日の体調

『自主練の翌日の体調は、昨日の疲労感がエグく残っており、身体はとてもダル重く、冷え性も酷くて真夏でも鼻水がズルズルだったのです。もちろん食欲なんて当然ありませんし、背中の疲労感も滅茶苦茶です。背中をナイフで刺され続けているような痛みでしたからね。こんな状態で体力が付いたという実感を得られる訳がありません。』



う〜ん、3倍に悪化してしまいました。「高校時代の鬱の諸症状」と「大学時代の鬱の諸症状」を比べてみますと、まずは「背中の慢性的な疲労感(痛み)」が違うな、という感じがします。高校時代のそれは「かなりの痛み」でしたが、大学空手部時代のは「ナイフで思い切り刺され続けているような激痛」です。やはり3倍に悪化してしまったな、と思います。




他にも違うのは「自殺願望」ですね。高校時代はそれは発症していませんでしたが、大学時代には完全に発症していました。大学時代の自分は、自主練という名の「無意識の自傷行為」のせいで、人間サンドバッグに殺される程の恐怖感を抱いており、その恐怖で眠れなくなってしまいました。この慢性的な酷い睡眠不足状態により、背中の慢性的な疲労感は「ナイフで思い切り刺されて続けているような激痛」にさらに悪化したのです。こうなってしまうと自分の大学生活はさらに意識朦朧としたものになっていました。自分の意識の99%は、背中の激痛と酷い眠気と激しい恐怖心で占められているのです。普通に授業を受けているだけでも、辛くて辛くて仕方ありません。もちろんこんな状態では、周りのクラスメートとコミュニケーションが取れるはずもなく、自分は空手部の恐怖をただただ一人で耐えなければなりませんでした。



さらにキツかったのは、この気が狂う程辛い日々が空手部を引退する日まで延々と続くという事でした。そう、自分が空手部に恐怖感を覚えたのが大学1年生の夏で、自分が空手部を引退したのが、大学3年生の4月です。つまり、自分は2年半この恐怖に一人で耐えねばならなかったのです。そして、この恐怖の日々がなかなか進まない事と言ったら酷いものでした。自分は2日にいっぺんのペースで「自分は明日殺されるかもしれない」という恐怖に襲われてしまい、夜全く眠る事が出来ません。自分はベッドの中で恐怖に身悶えながら、それに耐えるしかないのです。こんな日々がすぐに進む訳がありません。1日1日の進みは気が狂いそうな程遅く、自分は何度カレンダーを見て、ため息をついたからわかりません。




あ、何度も書いていますが、この時の自分の中に「空手部を辞める」という選択肢は皆無でした。自分は「自分を変える為」にこの空手部に入りましたから、空手部を辞めてしまったら、高校時代の酷い自分に戻るだけなのです。自分はそれだけは絶対避けたいと思っていました。あのニの舞を踏むくらいなら、どんなに辛くとも空手部引退までの3年間を耐え、その3年間の間に自分にポジティブな変化が起こる事を期待したのです。



また、自分には信頼出来る相談相手が皆無でしたから、この空手部の恐怖の状況を全く整理整頓出来ませんでした。ですから、頭の中はいつまで経ってもパニック状態であり続け、「空手部を辞める」などの有効な前後策が全く思い浮かばなかった、という部分もあったと思います。




このように自分は八方塞がりの状況に追い込まれてしまいました。こうなるともはや「自殺願望(希死念慮)」にしか、救いを求められるものはありません。自分の身体も心も尋常ではないくらいの悲鳴を延々と上げ続けていましたからね。さらに当時の自分はその辛さを全く言語化出来ていませんでしたから、誰かに助けを求める事すら出来ません。もはや自分にとってこの現実世界は、無間地獄と言って良いような有様でした。となるとそこでの救いは「自殺」しか無かったのです。そう、「自殺」すれば今感じている辛さから解放されるのは確かですからね。死後の世界の事なんて知ったこっちゃありません。自分にとっては今自分が感じている甚大な苦痛からの解放こそが、唯一無二の願いだったのです。



しかも当時「完全自殺マニュアル」という本が流行りまして、これが自分にとっての「聖書」になっていました。この本には種々の自殺の方法が詳しく書いてありまして、自分にとってこんなに参考になる本はありませんでしたね。この時の自分の気持ちはこんな感じです。


「もうホントに今の辛さに耐えられなくなったら、この本に書いてある通りの方法で首を吊って、この世から離脱しよう」


この想いだけを支えに大学空手部の3年間を耐え切ったようなものです。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。








にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




PVアクセスランキング にほんブログ村