鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

トラウマを思い出すとフラッシュバックで身体が震え始める②(2011年9月・35歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 トラウマを思い出すとフラッシュバックで身体が震え始める(2011年9月・35歳) 」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、自分が3年間に渡るトラウマ歩きを終え、新たな形でのトラウマとの戦いが始まった、という話でした。



ここからしばらくは今回の記事の前提となる前フリ部分になります。いつもお読みの方は飛ばして下さい。


『今回記事の前フリ』


. 「トラウマ歩き」とは、歩きながら過去のトラウマを思い出す事で、それを消化する試みを指しています。自分はこの行為を2008年7月頃から始めました。この時の年齢は32歳です。今から14年前の話になります。



トラウマ歩きを開始してからというもの、自分は週に3回のペースで外を歩く事になりました。1回の歩き時間は平均4時間。1回で歩く距離は平均10km。この行為を続けていた期間は3年間です。自分がこの行為の中で感じていたポジティブな感情とネガティヴな感情は以下の通りです。



「トラウマ歩きの前フリ」



次に最近の記事で作った「深夜2時近辺の戦い」のフローチャート(短縮ver)のリンクを貼りたいと思います。


「深夜2時近辺の戦いのフローチャート(短縮ver)




上記のリンクの経緯で「トラウマ歩き」の頃の自分は、妹に対して病的(×27 倍)な憎悪を感じていた、という事になります。(事件の詳細はこちら)そして、その憎悪をトラウマ歩きの中で思い出し、消化する事もありました。




また、トラウマ歩き2年目の2009年3月頃、この頃から自分は「向かいの車のドア音」にも苦しみ始めたのでした。そして、その音によってコントロール不能な暴力衝動が発生し、それを窓際の障子を殴る事で発散していた、という話になります。(この「向かいの車のドア音との戦い」の詳細はこちら)そして、上記の2つを含めた様々な致命的なストレスが重なり、当時の自分は「自分で自分の身体を全くコントロールし切れない状態」に陥ってしまった、という話になります。



『前フリ終わり』



ここからは前回の記事をそのまま全て引用したいと思います。2011年6月頃、自分が部屋の中でトラウマを思い出していると、フラッシュバックが起こったという話でした。



『前回記事からの引用』




このように自分は新たな試み「部屋の中でのトラウマの思い出し」を始める事になったのでした。時期的には2011年6月頃です。自分は学生時代のトラウマを部屋の中で思い出し続け、号泣し続けました。この行為に費やしていた時間は、1日に1〜2時間くらいです。



あれはこの行為を始めて2〜3ヶ月後くらいだったでしょうか?ある日自分はいつものように部屋の中で学生時代のトラウマを思い出していました。たぶんこの時は大学空手部時代の記憶を思い出していたと思います。自分は大学空手部時代の「稽古に殺されるかもしれない恐怖」を詳細に思い出していきました。すると、急に身体がガタガタガタガタ震え始めたのです。それは「寒さ」による震えでした。自分は大学空手部時代の記憶を思い出すと、急に寒くて仕方がなくなり、勝手に身体が震え始めてきたのです。



これは明らかに心理学用語で言うところの「フラッシュバック」が起きたのだと思います。何故なら大学空手部時代の自分は、病的な冷え性に苦しんでいたからです。



ではここで久しぶりに大学時代の鬱の諸症状①〜11を振り返ってみたいと思います



「大学空手部時代の11個の鬱の諸症状」


①大学空手部のとある練習メニューが自分には厳し過ぎて、その「殺される」程の恐怖感で夜眠る事が出来ない。(空手部時代の話②)

②食欲の完全消失(大学時代の鬱の諸症状)

③激しいめまい・離人感(〜離人感と冷え性〜)

④酷い冷え性(〜離人感と冷え性〜)

⑤高校時代と比べて3倍酷くなった慢性的な疲労感と眠気。背中の疲労感は余りにも酷く、それは「疲労感」というより「激痛」という方が妥当。例えるなら「背中をナイフで思い切り刺され続けている感じ」。(〜慢性的な疲労感と眠気〜)

⑥限定的な難聴(〜慢性的な疲労感と眠気〜)

⑦自殺願望(〜自殺願望と救い〜)

⑧何が理由かは全く分からないのだけれど、大学にいる時の自分が、身体がいつも疲れ切っていて眠くて仕方なく、いつも泣きそうなくらい悲しい

⑨慢性的な口内炎

10空手部の稽古中の喘息

11空手部のとある練習メニューの恐怖を乗り越えようと、自主練を繰り返すも、翌日の体調が滅茶苦茶に崩れるだけで一向に体力が増える実感を得られない。そのうちに自分の中には「孤独感」「脱力感」「無力感」「虚無感」がどんどん増えていき、これが自殺願望へと繋がっていった。これは「無意識の自傷行為」とも言える。
(大学空手部時代の虚し過ぎる自主練)



おまけ①:空手部の稽古中の様子

『空手部の稽古中の自分は、喘息は苦しいわ、めまいは酷いわ、背中の慢性的な疲労感は酷いわ、眠気は酷いわ、酷い冷え性で鼻水ズルズルだわ、滅茶苦茶でした。自分の意識はこれらの症状に攻撃され続け、その肉体的苦痛で頭が狂いそうでした。その苦痛量は心の許容量をオーバーしていましたから、稽古中にも「離人感」を発症していたのです』
(大学空手部時代の虚し過ぎる自主練)


おまけ②:大学空手部を辞めれなかった理由についてはこちら


おまけ③:自主練翌日の体調

『自主練の翌日の体調は、昨日の疲労感がエグく残っており、身体はとてもダル重く、冷え性も酷くて真夏でも鼻水がズルズルだったのです。もちろん食欲なんて当然ありませんし、背中の疲労感も滅茶苦茶です。背中をナイフで刺され続けているような痛みでしたからね。こんな状態で体力が付いたという実感を得られる訳がありません。』



う〜ん、しんどい。この中で冷え性に関する項目は④ですね。この④の症状がフラッシュバックして、当時の自分の身体に震えとして現れたという事です。時期的には大学空手部時代が1995年〜1998年で、「部屋の中でのトラウマの思い出し」が2011年です。つまり
13年の年月を経て、空手部時代の④の症状が身体にフラッシュバックした、という事になります。



自分は大学空手部時代の恐怖を詳細に思い出し続け、その間勝手に身体は震え続けました。そして、その「震え」の感覚自体は別に嫌ではありませんでした。むしろ震えながらも、「この震えで身体が温まり、冷え性が改善すればいいな」という期待感がありました。と同時に「そりゃ大学空手部時代を詳細に思い出せば、こんな反応も起こるよな」という納得感もあった記憶です。


このように自分は「部屋の中でのトラウマの思い出し」を始めたのですが、当初は号泣しながらトラウマを思い出し続けました。そして、2〜3か月後には「身体の震え」という形でフラッシュバックが始まった、という事になります。


『引用終わり』


このように自分は新たな試み「部屋の中でのトラウマの思い出し」を始める事になったのでした。今回の記事も「フラッシュバック」について考えていきます。新しく始まった試みはそれまで行っていた「トラウマ歩き」に比べると、天国のようでした。以前のように、台風吹き荒ぶ中を4時間も5時間も歩き回らなくても良いのですし、防寒着の着替えで気が狂いそうになる事もありません。ここから自分は1日1〜2時間、部屋の中でトラウマを思い出していく事になります。




自分はこの試みを始めて最初の2か月くらいは号泣していた記憶です。学生時代のトラウマの数々を思い出すと、悲しくて辛くてたまりません。しかし、10〜20分号泣した後は必ず気分がスッキリして暖かくなっていました。ですから、自分にとって号泣する事はとても良いストレス解消になっていた記憶です。



さて、この試みを始めて2ヶ月くらい経つと、徐々に号泣する頻度は減っていった記憶です。ただし、相変わらずトラウマを思い出すと、悲しくて辛くてたまりませんでした。すると、号泣が収まる代わりに今度は「身体の震え」が発生し出したのです。それは、大学空手部のトラウマを思い出していた時の事です。このトラウマは自分の学生時代最大のトラウマであり、自分は連日「空手部の稽古で殺されるのではないか」という被害妄想に怯え続けました。結果、大学空手部の3年間で鬱が3倍に悪化してしまったのです。



当時の自分が怯え続けた被害妄想及びそれによる鬱の諸症状は以下の通りです。


「大学空手部時代の11個の鬱の諸症状」


①大学空手部のとある練習メニューが自分には厳し過ぎて、その「殺される」程の恐怖感で夜眠る事が出来ない。(空手部時代の話②)

②食欲の完全消失(大学時代の鬱の諸症状)

③激しいめまい・離人感(〜離人感と冷え性〜)

④酷い冷え性(〜離人感と冷え性〜)

⑤高校時代と比べて3倍酷くなった慢性的な疲労感と眠気。背中の疲労感は余りにも酷く、それは「疲労感」というより「激痛」という方が妥当。例えるなら「背中をナイフで思い切り刺され続けている感じ」。(〜慢性的な疲労感と眠気〜)

⑥限定的な難聴(〜慢性的な疲労感と眠気〜)

⑦自殺願望(〜自殺願望と救い〜)

⑧何が理由かは全く分からないのだけれど、大学にいる時の自分が、身体がいつも疲れ切っていて眠くて仕方なく、いつも泣きそうなくらい悲しい

⑨慢性的な口内炎

10空手部の稽古中の喘息

11空手部のとある練習メニューの恐怖を乗り越えようと、自主練を繰り返すも、翌日の体調が滅茶苦茶に崩れるだけで一向に体力が増える実感を得られない。そのうちに自分の中には「孤独感」「脱力感」「無力感」「虚無感」がどんどん増えていき、これが自殺願望へと繋がっていった。これは「無意識の自傷行為」とも言える。
(大学空手部時代の虚し過ぎる自主練)



おまけ①:空手部の稽古中の様子

『空手部の稽古中の自分は、喘息は苦しいわ、めまいは酷いわ、背中の慢性的な疲労感は酷いわ、眠気は酷いわ、酷い冷え性で鼻水ズルズルだわ、滅茶苦茶でした。自分の意識はこれらの症状に攻撃され続け、その肉体的苦痛で頭が狂いそうでした。その苦痛量は心の許容量をオーバーしていましたから、稽古中にも「離人感」を発症していたのです』
(大学空手部時代の虚し過ぎる自主練)


おまけ②:大学空手部を辞めれなかった理由についてはこちら


おまけ③:自主練翌日の体調

『自主練の翌日の体調は、昨日の疲労感がエグく残っており、身体はとてもダル重く、冷え性も酷くて真夏でも鼻水がズルズルだったのです。もちろん食欲なんて当然ありませんし、背中の疲労感も滅茶苦茶です。背中をナイフで刺され続けているような痛みでしたからね。こんな状態で体力が付いたという実感を得られる訳がありません。』



このように当時の自分は上記の鬱の諸症状に苦しみまくっていました。そして、大学空手部時代の自分は18歳〜21歳で、「部屋の中でのトラウマの思い出し」をしていたのは、35歳です。つまり、「部屋の中でのトラウマの思い出し」をしていた時の自分は、14年前の自分を思い出していた、という事になります。



自分は14年前に感じていた「空手部の稽古で殺されるのではないか」という恐怖感を詳細に思い出していきました。すると、急に身体が寒くなり、勝手にガタガタ震え始めたのです。そう、自分が当時の恐怖感を思い出すと、同時に「④酷い冷え性」の感覚も甦り、それに現在の身体が勝手に反応してガタガタ震え始めたのでした。



これは心理学用語で言う所の「フラッシュバック」という症状だと思います。14年前に感じていた酷い冷え性の感覚が体内に鮮やかに蘇り、それに身体が勝手に反応して、ガタガタ震え始めた、と。



このように自分が部屋の中でトラウマを思い出していると、フラッシュバックがよく起こるようになりました。それは、思い出しているトラウマに対応した何らかの身体の反応です。その反応の中で圧倒的に多かったのは、「身体の震え」です。自分はここから10年間トラウマを思い出しては身体を震わせていく事になります。






今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村