鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

トラウマへの没入感の凄まじさに驚愕(2008年7月頃・32歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「思い出したトラウマがあまりに鮮明で、タイムスリップしたかのような感覚に陥る(2008年7月頃・32歳)」の続きを書かせて頂きます。



☆まず初めに今回の記事の中には、時系列が3つあり、以下の3種類の自分が出てきます。


・今現在の自分(2022年7月・45歳)


・「トラウマ歩き」の最中の自分(2008年6月頃・32歳)←これが今回の記事のメインの自分です。

・「大学空手部当時(1つ目の大学当時)」の自分(1995年〜1999年・19歳〜23歳)


なるべくこれらが判別し易いように書いていますが、ややこしくてすみません。



さて、前回の記事は、32歳の自分が過去のトラウマの消化方法を思い付いた、という話でした。そう、歩きながらそれを思い出す事で、それを消化出来ないか、と考えたのです。これは2008年5月頃の話になります。そして、実際にそれを試しにやってみる事にしたのでした。



ここからは前回の記事をそのまま引用します。自分が大学空手部の恐怖を鮮明に思い出した、という話しになります。前回の記事をお読みの方はスルーして下さい。



『前回記事からの引用』



このように自分は歩きながら大学空手部の記憶を思い出してみました。すると、深夜アニメの愉快な気分は一変、一気に頭の中が暗く重く悲しくなり、泣きそうな気持ちに変化したのです。これは驚くべき変化でした。



話は4年前に遡ります。この頃の自分は大学空手部時代のトラウマを全てノートに書き尽くしたのですが、その最中何度泣いたか分かりません。これによって自分は当時のトラウマをある程度は消化したつもりでいました。



しかし、その4年後、こうやって改めて大学空手部時代のトラウマを歩きながら詳細に思い出していきますと、まるで大学空手部時代にタイムスリップしたかのようでした。「稽古で殺されるかもしれない恐怖」が当時のまま鮮やかに頭の中に蘇ってきたのです。



自分は4年前にその恐怖をある程度は消化したつもりでしたが、まるでそれは全く消化されてないかのような鮮明さでした。



自分はその鮮明さに驚きつつ、さらに大学空手部時代のトラウマを思い出していきました。すると、それがあまりに鮮やかな為に、まるで自分の意識が外の世界と断絶したような感覚に陥りました。それは、現在の自分の意識が大学時代の恐怖に取り込まれてしまったかのような感覚でした。



確認ですが、この時の自分は家の近所を歩いています。ところが、自分の目にはその近所の風景は全く写っていなかった印象です。そう、この時の自分の目に写っていたのは「12年前の大学空手部の道場」であり、「12年前の大学構内」だったのです。



それはホントに自分の身体が12年前にタイムスリップしたかのような感覚でした。それくらい自分の頭の中には12年前の記憶とトラウマが鮮明に残っていたのです。



先程も書きましたように自分は4年前にも大学空手部時代の記憶をノートに書き、詳細に思い出しています。しかし、その時よりこの時(歩いている時)の方が断然鮮明に大学空手部時代を思い出せた印象です。そう、「ノートに書いて思い出す」よりも「歩きながら思い出す」の方が、断然鮮明に大学時代を思い出せたのでした。



『引用終わり』



このように自分は歩きながら、大学空手部の「稽古で殺されるかもしれない恐怖」を思い出し続けました。するとその没入感は凄まじいものがあり、まるで自分の身体が12年前の大学時代にタイムスリップしたかのような感覚に陥りました。実際にはこの時自分は家の近所を歩いていたのですが、その目には近所の風景は写っていませんでした。その目に写っていたのは「12年前の大学空手部の道場」であり、「12年前の大学構内」だったのです。



自分は時の経つのも忘れて、絶望的な気持ちで大学空手部時代の死の恐怖を思い出し続けました。そこには懐かしさなど微塵もありません。たたただ当時の「殺されるかもしれない恐怖」と「孤独感」と「虚無感」と「無力感」と「絶望感」をそのまま再体験していきました。



そう、歩きながら自分の心は当時の恐怖に押し潰されそうになっていました。ですから、顔は精神的苦痛で大きく歪み、その最中の歩くスピードはかなり遅くなっていた記憶です。恐怖で足がすくんでしまって、なかなか前に出ない感覚でしたね。




ではここで、大学空手部当時の自分が発症していた「12個の鬱の諸症状」を久し振りに思い出してみたいと思います。



「大学空手部時代の12個の鬱の諸症状」


①大学空手部のとある練習メニューが自分には厳し過ぎて、その「殺される」程の恐怖感で夜眠る事が出来ない。(空手部時代の話②)


②食欲の完全消失(大学時代の鬱の諸症状)

③激しいめまい・離人感(〜離人感と冷え性〜)

④酷い冷え性(〜離人感と冷え性〜)

⑤高校時代と比べて3倍酷くなった慢性的な疲労感と眠気。背中の疲労感は余りにも酷く、それは「疲労感」というより「激痛」という方が妥当。例えるなら「背中をナイフで思い切り刺され続けている感じ」。(〜慢性的な疲労感と眠気〜)

⑥限定的な難聴(〜慢性的な疲労感と眠気〜)

⑦自殺願望(〜自殺願望と救い〜)

⑧何が理由かは全く分からないのだけれど、大学にいる時の自分が、身体がいつも疲れ切っていて眠くて仕方なく、いつも泣きそうなくらい悲しい

⑨慢性的な口内炎

10空手部の稽古中の喘息

11空手部のとある練習メニューの恐怖を乗り越えようと、自主練を繰り返すも、翌日の体調が滅茶苦茶に崩れるだけで一向に体力が増える実感を得られない。そのうちに自分の中には「孤独感」「脱力感」「無力感」「虚無感」がどんどん増えていき、これが自殺願望へと繋がっていった。これは「無意識の自傷行為」とも言える。
(大学空手部時代の虚し過ぎる自主練)


12 空手部を辞めるという選択肢が全く無い中、引退までの3年間をただただ耐えるしか無い。しかし、①〜11の諸症状に苦しみながらの空手部の日々は全くもって遅々として進まない。それは例えるなら「匍匐前進で鹿児島から北海道まで縦断する」くらいの途方の無さ。自分はその時間の進まなさに何度も絶望し、無力感を感じていた。



おまけ①:空手部の稽古中の様子

『空手部の稽古中の自分は、喘息は苦しいわ、めまいは酷いわ、背中の慢性的な疲労感は酷いわ、眠気は酷いわ、酷い冷え性で鼻水ズルズルだわ、滅茶苦茶でした。自分の意識はこれらの症状に攻撃され続け、その肉体的苦痛で頭が狂いそうでした。その苦痛量は心の許容量をオーバーしていましたから、稽古中にも「離人感」を発症していたのです』
(大学空手部時代の虚し過ぎる自主練)


おまけ②:大学空手部を辞めれなかった理由についてはこちら


おまけ③:自主練翌日の体調

『自主練の翌日の体調は、昨日の疲労感がエグく残っており、身体はとてもダル重く、冷え性も酷くて真夏でも鼻水がズルズルだったのです。もちろん食欲なんて当然ありませんし、背中の疲労感も滅茶苦茶です。背中をナイフで刺され続けているような痛みでしたからね。こんな状態で体力が付いたという実感を得られる訳がありません。』



う〜ん、しんどい。自分は上記の諸症状の辛さを思い出しながら、歩き続けました。ただし、2008年当時の自分は上記のように空手部時代の諸症状を完全に言語化し、完全に整理整頓出来てはいません。当時の言語化率は50%といったところです。特に11の切り口は当時は全く思い付いていませんでした。11の切り口はこのブログを書く中で認識していったものですからね。




それにしても、久しぶりにこのまとめを見てみましたが、今現在(2022年8月)の自分の中で、この12個の中で印象に残っているのは12です。3年間の空手部生活がホントに長かった。先の全く見えない3年間でしたからね。2008年の自分も歩きながら、12を思い出し、悶絶した記憶があります。




話は2008年に戻ります。自分は12を含めた空手部時代の恐怖を2時間に渡って歩きながら思い出し続けました。つまり、トータルで考えますと、まず深夜アニメの感想で1時間、その後トラウマで2時間ですから、計3時間歩き続けた事になります。自分は3時間を歩き終わると、トラウマへの没入感にかなり驚いた記憶があります。そのタイムスリップ感は凄まじいものがありました。もちろん、それはただひたすら辛く悲しい没入感ではありました。2時間ひたすら滅茶苦茶絶望的な気持ちで歩き回っただけですからね。




しかし、歩き終わった自分はそれにぼんやりとした手応えも感じた記憶です。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村