鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

トラウマの記憶が尽きるまで歩き終わる事が出来ない(2008年4月頃・32歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 大学空手部時代のトラウマを思い出しながらの「トラウマ歩き」(2008年4月頃・32歳) 」の続きを書かせて頂きます。



☆ここから先の話は4種類の時系列が存在し、それぞれの時代の自分が存在します。


①今現在のこのブログを書いている自分(2022年8月・45歳)

②トラウマ歩きを始めた頃の自分(2008年6月頃・32歳)←これが今回の記事のメインです。


③記憶のサルベージ(言語化)をしていた頃の自分(2004年〜2005年・28歳〜29歳)


④大学空手部時代の自分(1995年〜1998年・19歳〜21歳)


なるべくこの4種類を分かりやすいように書いていきますが、ややこしくてすみません。



前回の記事は、32歳の自分が「トラウマ歩き」を本格化させた時の話を書いてみました。そして、「トラウマ歩き」と「記憶のサルベージ」の関連性についても考えてみました。この2つは、過去の自分がトラウマに関して行なっていた行為を指しています。それぞれの説明については以下の通りになります。


『過去記事からの引用』



「トラウマ歩き」とは、歩きながら過去のトラウマを思い出す事で、それを消化する試みを指しています。自分はこの行為を2008年から始めました。この時の年齢は32歳です。ここから自分は週に3回のペースで外を歩く事になりました。1回の歩き時間は徐々に伸びていき、毎回平均4時間は歩いていた記憶です。



そして、「記憶のサルベージ」とは自分が28歳〜29歳の時に行っていた行為の事を指しています。当時の自分は社会生活と家族関係から完全に脱落し、引きこもり生活を送っていました。そこで自分は過去のトラウマをひたすらノートに書いていく生活を続けましたりそしてその中で「家庭環境」と「トラウマ」と「鬱」の因果関係を繋いでいったのでした。当時の自分はこの行為を「記憶のサルベージ(言語化)」の呼んでいました。 自分はこの1年半の記憶のサルベージによって以下の2つの効果を得ました。



⑴全てのトラウマの詳細な言語化と、「家庭環境」「トラウマ」「鬱」の因果関係の把握


⑵トラウマへの愛着の発生
[これは2つの愛着に分かれる。「過去の自分への愛着」と「過去の人間関係への愛着」。ただし「過去の人間関係」に「家族」は含まれない。]


『引用終わり』


自分は「トラウマ歩き」を本格化させるにあたり、まずは1つ目の大学に赴きました。この1つ目の大学で過ごした3年間こそが、自分の鬱が3倍に悪化した原因であり、自分の鬱の核心部分の一つとなっていました。ですから、この大学近辺を歩き回れば、より大学時代のトラウマを思い出し易いだろうと考えたのです。



ここからは前回の記事をそのまま引用します。自分が1つ目の大学近辺を歩き回り、「トラウマ歩き」を実行していった時の話になります。



『前回記事からの引用』



2008年4月のある日、自分は1つ目の大学を訪れました。そして、学内を30〜40分歩き回り、思考のアイドリングを行いました。それが終わるといよいよ「トラウマ歩き」の開始です。自分は大学を出て、大学空手部時代にランニングをしていた場所を歩き始めました。


すると、凄まじい没入感が発生し、自分の思考は一気に12年前にタイムスリップしました。それはまるで12年前の自分の怨霊が現在の自分の心身を憑依してしまったかのような感覚です。自分は大学空手部当時ここでランニングをしていた際の凄まじい心身の苦痛を思い出していきました。その苦痛は以下の6つの苦痛です。


「喘息の苦しみ」「稽古に殺されるかもしれない恐怖心」「孤独感」「無力感」「虚無感」「絶望感」


自分がこれらの苦痛をそのまま再体験していくと、その苦痛で激しく顔は歪み、歩くスピードは極限まで遅くなりました。



加えて、自分の目の前の風景の色は限りなく黒に近いグレーに変わっていました。自分は歩きながら、辛くて辛くて仕方なく、悲しくて悲しくて仕方ありません。身体も鉛のように重くなっていました。もしかしたら泣いていたかもしれません。



しかし、一方でこの時の自分は、かなりの懐かしさと愛着も感じていました。その理由は、3年前に行った「記憶のサルベージ」において、以下の2つの効果を得てたからです。



①全てのトラウマの詳細な言語化と、「家庭環境」「トラウマ」「鬱」の因果関係の把握


②トラウマへの愛着の発生
[これは2つの愛着に分かれる。「過去の自分への愛着」と「過去の人間関係への愛着」。ただし「過去の人間関係」に「家族」は含まれない。]



ですから、自分が「トラウマ歩き」の際に感じていた凄まじい没入感は、上記の①に由来ものでした。そして、「トラウマ歩き」の際に感じていた「かなりの懐かしさ」は、上記②に由来したものだったのです。自分は記憶のサルベージの1年半を経て、このような結論を得ていました。


『自分の空手部生活は、3年間に渡って「殺されるかもしれない恐怖」と「孤独感」と「無力感」と「虚無感」と「絶望感」に晒され続け、鬱を3倍に悪化させただけの大学生活だった。しかし、『必死に必死に生きていた』という一点において、あれはあれで自分の青春時代だったのだ。』



この結論によって、自分は過去のトラウマに対して愛着を感じるようになっていました。加えて、そのトラウマが酷ければ酷いほど、よりそれに深い愛着を感じるようにもなっていたのです。



ですから、自分が大学近辺を「トラウマ歩き」すると、凄まじい心身の苦痛に襲われたのですが、それと同程度の「愛着」も感じる事が出来たのです。



そんな感じで、自分は大学近辺を当時のトラウマを思い出しながら、2〜3時間ほど歩き続けました。休憩は一切ありません。というか、トラウマを思い出し始めると、没入感が凄まじかったですから、休憩を欲しいという気持ちには一切なりませんでした。その間自分の心身は12年前の自分の怨霊に完全に憑依されていましたからね。それに伴い、今現在の歩いている自分の身体感覚は吹き飛んでいたような記憶です。



『引用終わり』


このように自分は当時のトラウマを思い出しながら大学近辺を2〜3時間歩き続けました。この間休憩は一切ありません。一度「トラウマ歩き」を始めると、自分の身体は過去の自分の怨霊に憑依されてしまうので、現在の自分の身体感覚は吹き飛んでしまうのです。ですから、「トラウマ歩き」の中で自分が身体の疲れを感じる事はほとんど無かった記憶です。



また、「トラウマ歩き」を続けていくと、この凄まじい没入感が厄介な事態を招く事もありました。「次から次にトラウマが溢れ出してきてしまうので、いつまで経っても歩き終わる事が出来ない」という現象もよく起こっていたのです。特に「トラウマ歩き」の「初期」によく起こっていた記憶です。懐かしいですねぇ。



これがどういう現象か説明したいと思います。これまで書いていますように、「トラウマ歩き」は凄まじい没入感を発生させるものでした。それはまるで過去の自分の怨霊が、現在の自分の身体を憑依してしまうようなイメージです。ですから、一度過去の自分の怨霊に身体を乗っ取られると、過去の自分の怨霊が満足するまで「トラウマ歩き」を終えれないのです。自分は過去の怨霊が満足するまで延々とトラウマを思い出し続け、歩き続けなければなりません。この現象は思い出すトラウマが辛ければ辛いほど起こりやすい現象でした。



この現象を別の表現で説明したいと思います。まずは過去の怨霊に自分の身体を乗っ取られている最中に現在の自分の意識がどうなっていたのか、という話をしたいと思います。この最中、現在の自分の意識は5%くらい残っていた印象です。そう、「トラウマ歩き」の最中、心身の95%くらいは過去の怨霊に乗っ取られているのですが、残りの5%くらいは現在の意識が残っていました。この状態で自分は過去のトラウマを思い出しながら、歩き続け、その凄まじい心身の苦痛にのたうち回り続けたのです。



そして、その心身の苦痛が凄まじければ凄まじい程、自分は「トラウマ歩き」を終われませんでした。どういう事かと言いますと、先程「トラウマ歩き」の最中には5%だけ現在の自分の意識が残っていた、という話をしました。ですから、トラウマによる心身の苦痛が凄まじければ凄まじい程、現在の自分の5%の意識が「トラウマ歩き」を終わらす事を拒否していたのです。



例えば、自分が大学空手部時代のトラウマを思い出しながら歩いているとします。そうしますと凄まじい没入感に襲われ、当時の自分が感じていた心身の苦痛が鮮明に蘇ってきます。当時の自分が感じていた心身の苦痛は以下の6つです。


「喘息の苦しさ」「稽古で殺されるかもしれない恐怖」「孤独感」「無力感」「虚無感」「絶望感」


この中で特に厄介だったのが、「稽古で殺されるかもしれない恐怖」です。自分は当時感じていた「稽古で殺されるかもしれない恐怖」に関する記憶を思い出しながら、歩き続けるのですが、これに関する記憶が完全に尽きるまで、「トラウマ歩き」を終わらす事が出来ませんでした。



どうして「トラウマ歩き」を終えれないのかと言いますと、中途半端な所で「トラウマ歩き」を終わらすと、残った5%の現在の意識が、当時の恐怖に飲み込まれてしまうかのような、そんな恐怖があったからです。つまり、過去の自分の恐怖に、現在の自分の意識が完全に乗っ取られてしまうかのような恐怖感です。先程の「稽古で殺されるかもしれない恐怖」は12年前の記憶な訳ですが、この12年前の恐怖に、現在の自分の意識が完全に乗っ取られそうな恐怖があったのです、これはかなり強い恐怖感だったと記憶しています。



ですから、自分は一度「トラウマ歩き」を始めると、思い出し始めたトラウマの記憶が尽きる所まで、歩き続けなければなりませんでした。この「トラウマ歩き」は大体1回平均4時間でしたが、時には6時間、7時間延々と歩き続けなければならない事もありました。どんなに疲れていても、トラウマの記憶が尽きるまでは、歩き終わる事が出来ません。ここは自分の意識では完全にコントロール不能な領域でした。



ですから、自分は「トラウマ歩き」が5時間を過ぎると「おいおいまだこの記憶が続くのかよ、、」と、残った5%の意識でかなりしんどい気持ちになっていた記憶です。さすがに5時間も歩き続けていると疲労感も感じてきます。時には、この状況自体がさらなる恐怖を生んでいた記憶です。その恐怖とは「もしかして今思い出しているトラウマって永遠に終わらないんじゃないの??」という感じです。



それでも現在の自分の意識が乗っ取られる恐怖の方が凄まじかったですから、自分は思い出しているトラウマの記憶が尽きるまで歩かざるを得ませんでした。この「トラウマ歩き」は大体夕方6時くらいから歩き始める事が多かったのですが、最長で日付変わって深夜1時くらいまで歩き続けた事もありました。




今回の記事はここで失礼致します。お読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村