鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

思い出したトラウマがあまりに鮮明で、タイムスリップしたかのような感覚に陥る(2008年7月頃・32歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 試しに1回トラウマを思い出しながら歩いてみる②(2008年7月頃・32歳) 」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事も、32歳の自分が過去のトラウマを歩きながら消化する事を思い付いた、という話でした。2008年5月頃の話になります。しかし、自分はこのアイデアを思い付いたものの、それを実行するのにかなり躊躇しました。その理由は以下の3つになります。



❶「歩きながら深夜アニメの感動を思い出す事で、それを消化する」方法は上手くいったが、これが「トラウマ」にも通用する保証は何も無い。


❷トラウマを思い出すとなれば、それは4年前の記憶のサルベージの再来。また先の見えない漆黒の日々が始まるのか、という気持ち。


❸心身が「極度の虚脱状態と放心状態」×1.5倍状態に陥っている。こんな状態で再びトラウマに立ち向かえのか、という気持ち。




そして、自分はとりあえず試しに1回やってみる事にしました。やってみて自分がどう感じるのか、という話です。



ここからは前回の記事をそのまま引用したいと思います。自分が歩きながらトラウマを思い出してみた、という話になります。前回の記事をお読みの方はスルーして下さい。



『前回記事からの引用』



2008年6月のある日、自分はいつものように散歩を始めました。歩いていた場所は、家の近所です。そして、まずはいつものように深夜アニメの感想を思い出し始めました。これまでの記事に書いていますように、この時点で「過去のアニメの感想」のストックが切れていました。しかし、深夜アニメは毎日毎日新しい作品が放送されます。ですので、最近見た深夜アニメの感想に関しては、ストックが切れる事がありません。ですので、自分はまずは最近見た深夜アニメの感想や興奮を思い出しながら、歩きました。相変わらずこの時の自分の顔はニヤついていたと思います。



さて、そのように最近の深夜アニメの感想を思い出しながら歩いていますと、1時間弱が経ちました。そろそろ最近の深夜アニメの感想は消化し終えた感じです。これまでだとここから過去の深夜アニメの記憶を思い出していたのですが、もうそのストックはありません。これからはその代わりに過去のトラウマを思い出そうというのです。



自分は相変わらずそれを思い出す事にかなり躊躇していました。❶〜❸の理由は相変わらず自分の心に重く重くのしかかっています。しかし、自分は試しに1回それをやってみる事に決めたのでした。そう、もしかしたら歩きながらトラウマを思い出す事で、それを消化出来るかもしれません。深夜アニメの感想と興奮を消化出来たのですから、トラウマだって消化出来るかもしれません。




そして、もしトラウマを消化する事に成功すれば、こんなに素晴らしい事はありません。自分の人生は学生時代のトラウマの数々によって壊れていったからです。



「歩きながらトラウマを思い出す事で、それを消化出来るかもしれない。」



この時点でこの考えは「仮説」でしたが、自分はその可能性に賭けてみようと思いました。



自分は深夜アニメの感想を消化し終えると、いよいよ過去の記憶に意識を向けました。自分はまずは大学空手部の記憶を思い出しました。自分の人生は高校時代から鬱に苦しみ続けてきた人生ですが、その最も大きい原因が大学空手部の3年間だからです。空手部時代の自分の練習の恐怖に怯え続け、鬱をさらに3倍悪化させる事となりました。



自分は歩きながら大学空手部の練習の恐怖を思い出し始めました。それは「練習で殺されるかもしれない」という恐怖です。この恐怖を思い出すと、一気に頭の中が暗く重く悲しくなり、泣きそうな気持ちに変化しました。まるで大学当時に戻ったかのようです。そして、現在の自分の意識が外の現実世界と断絶してしまったかのような感覚も覚えました。



それは、現在の自分の意識が大学時代の恐怖に取り込まれてしまったかのような感覚でした。



『引用終わり』



このように自分は歩きながら大学空手部の記憶を思い出してみました。すると、深夜アニメの愉快な気分は一変、一気に頭の中が暗く重く悲しくなり、泣きそうな気持ちに変化したのです。これは驚くべき変化でした。



話は4年前に遡ります。この頃の自分は大学空手部時代のトラウマを全てノートに書き尽くしたのですが、その最中何度泣いたか分かりません。これによって自分は当時のトラウマをある程度は消化したつもりでいました。



しかし、その4年後、こうやって改めて大学空手部時代のトラウマを歩きながら詳細に思い出していきますと、まるで大学空手部時代にタイムスリップしたかのようでした。「稽古で殺されるかもしれない恐怖」が当時のまま鮮やかに頭の中に蘇ってきたのです。



自分は4年前にその恐怖をある程度は消化したつもりでしたが、まるでそれは全く消化されてないかのような鮮明さでした。



自分はその鮮明さに驚きつつ、さらに大学空手部時代のトラウマを思い出していきました。すると、それがあまりに鮮やかな為に、まるで自分の意識が外の世界と断絶したような感覚に陥りました。それは、現在の自分の意識が大学時代の恐怖に取り込まれてしまったかのような感覚でした。



確認ですが、この時の自分は家の近所を歩いています。ところが、自分の目にはその近所の風景は全く写っていなかった印象です。そう、この時の自分の目に写っていたのは「12年前の大学空手部の道場」であり、「12年前の大学構内」だったのです。



それはホントに自分の身体が12年前にタイムスリップしたかのような感覚でした。それくらい自分の頭の中には12年前の記憶とトラウマが鮮明に残っていたのです。



先程も書きましたように自分は4年前にも大学空手部時代の記憶をノートに書き、詳細に思い出しています。しかし、その時よりこの時(歩いている時)の方が断然鮮明に大学空手部時代を思い出せた印象です。そう、「ノートに書いて思い出す」よりも「歩きながら思い出す」の方が、断然鮮明に大学時代を思い出せたのでした。





今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村