鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

「記憶のサルベージ」と「トラウマ歩き」の関連性(2008年3月頃・32歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 記憶のサルベージ(言語化)の2つの効用(2008年3月頃・32歳) 」の続きを書かせて頂きます。



☆ここから先の話は4種類の時系列が存在し、それぞれの時代の自分が存在します。


①今現在のこのブログを書いている自分(2022年8月・45歳)

②トラウマ歩きを始めた頃の自分(2008年6月頃・32歳)←これが今回の記事のメインです。


③記憶のサルベージ(言語化)をしていた頃の自分(2004年〜2005年・28歳〜29歳)


④大学空手部時代の自分(1995年〜1998年・19歳〜21歳)


なるべくこの4種類を分かりやすいように書いていきますが、ややこしくてすみません。



前回の記事は「トラウマ歩き」のポジティブな効用について考えてみました。「トラウマ歩き」とは、歩きながら過去のトラウマを思い出す事で、それを消化する試みを指しています。自分はこの行為を2008年から始めました。自分はこの行為を2008年から始めました。ここからはただひたすら歩く日々の始まりです。自分は週に3回のペースで歩く事になりました。 1回の歩き時間は平均4時間で、1回あたりの平均歩行距離は10km。いまから14年前の話になります。この時の年齢は32歳です。



ここからは前回の記事をそのまま引用したいと思います。「トラウマ歩き」のポジティブな効用についての考察です。前回の記事をお読みの方はスルーして下さい。



『前回記事からの引用』



さて、前回の記事に書きましたように、「トラウマ歩き」のポジティブな効用として、「過去の自分への愛着を呼び起こす」という点がありました。これは特に大学空手部時代(19歳〜22歳)を思い出して歩いていた際に、強く発生していた感情です。



しかし、実際の大学空手部の3年間は、そこに愛着を持てるようなものでは到底ありませんでした。むしろ真逆です。実際の自分の大学生活は、3年間「殺されるかもしれない恐怖」と「孤独感」と「無力感」と「虚無感」と「絶望感」に晒され続け、鬱を3倍に悪化させただけの大学生活だったからです。



その後の自分はその大学を4年で中退し、2つ目の大学に移りました。しかし、そこでも人間関係に挫折し続けたのです。そして、大学空手部引退から5年後の2004年10月(28歳)、全ての社会生活と人間関係から脱落し、引きこもり状態に陥りました。



そこから自分は過去のトラウマをひたすらノートに書いていく生活に突入しました。そしてその中で「家庭環境」と「トラウマ」と「鬱」の因果関係を繋いでいったのです。当時の自分はこの行為を「記憶のサルベージ(言語化)」の呼んでいました。



さて、1年半の記憶のサルベージの末に、自分は全トラウマを言語化し、それらの因果関係を全て繋ぎ終わりました。その結果、大学空手部時代の印象を180度転換させる事に成功したのです。それが以下の思いになります。



『自分の空手部生活は、3年間に渡って「殺されるかもしれない恐怖」と「孤独感」と「無力感」と「虚無感」と「絶望感」に晒され続け、鬱を3倍に悪化させただけの大学生活だった。しかし、『必死に必死に生きていた』という一点において、あれは自分なりの青春時代だったのだ。』



このように、1年半の記憶のサルベージを経て、自分は大学空手部時代の印象をポジティブに転換させる事に成功しました。これにより、自分は大学空手部時代にかなりの愛着を持てるようになっていました。



とは言いましても、記憶のサルベージによって、空手部時代のトラウマが消えた訳ではありません。むしろ、逆にトラウマ感は強くなっていたかもしれません。なぜなら記憶のサルベージにおいて、自分は大学空手部時代のトラウマを何度も何度も詳細にノートに書き続けたからです。自分はトラウマの言語化の最中に何度号泣したか分かりません。これではトラウマを忘れられるはずがありません。しかし、それでも自分は過去を思い出し続け、もはや思い出す事が無くなるまで思い出し続けました。



このように記憶のサルベージの1年半において、自分は過去のトラウマを詳細に何度も何度も言語化していき、そして、その印象を転換させていきました。ですから、記憶のサルベージの効果をまとめてみますと以下の2つになります。


・全てのトラウマの詳細な言語化と、「家庭環境」「トラウマ」「鬱」の因果関係の把握


・トラウマへの愛着の発生


さて、話は「トラウマ歩き」に戻ります。記憶のサルベージから3年経った2008年、自分は「トラウマ歩き」を開始する事となりました。今回の記事を書いてみて分かったのですが、「トラウマ歩き」は、3年前の「記憶のサルベージ」の影響をかなり色濃く受けている感じです。次回の記事では、「トラウマ歩き」と「記憶のサルベージ」の関係性について考えてみたいと思います。



『引用終わり』



このように28歳の自分は1年間部屋に引きこもり続け、「記憶のサルベージ(言語化)』に全ての時間とエネルギーを投入していきました。その結果、大学時代の空手部のトラウマをポジティブなものに変換する事に成功したのです。その変換とは以下の通りになります。


『自分の空手部生活は、3年間に渡って「殺されるかもしれない恐怖」と「孤独感」と「無力感」と「虚無感」と「絶望感」に晒され続け、鬱を3倍に悪化させただけの大学生活だった。しかし、『必死に必死に生きていた』という一点において、あれは自分なりの青春時代だったのだ。』



つまり、記憶のサルベージによって以下の2つの効果が発生していた、という事になります。



・全てのトラウマの詳細な言語化と、「家庭環境」「トラウマ」「鬱」の因果関係の把握


・トラウマへの愛着の発生


さて、記憶のサルベージから3年後の2008年、自分は「トラウマ歩き」を開始する事になりました。開始するきっかけとなったのは当時ハマっていた「深夜アニメ」です。当時の自分は「深夜アニメ」から感動や興奮を得ていたのですが、それによって睡眠を妨害されて困っていました。しかし、歩きながらそれらを思い出す事でそれらを消化出来る事を発見したのです。そこで自分はこう思いました。


「自分が抱えている膨大なトラウマ、これも歩きながら思い出せば、消化出来るのではないか???」



自分はかなり躊躇しながらも、それを試してみる事にしました。自分は家の近所を歩き回り、その中で大学空手部時代のトラウマを思い出してみたのです。



ここからはその時の自分の様子を以前の記事からそのまま引用したいと思います。



『以前の記事からの引用』


すると、自分の脳内が、一気に14年前にタイムスリップするような感覚がありました。この時の自分は32歳ですが、一気に18歳に戻ってしまったかのようです。自分の目の前には大学の空手部の道場が現れ、自分がそこで今まさに死の恐怖に怯えながら、稽古に参加しているような感覚に陥ったのです。



これは驚くべき感覚でした。この時の自分は実際には家の近所を歩いており、その目には家の近所の景色が映っているのですが、自分の脳内に映し出されていたのは、大学の道場だったのです。その没入感は凄まじいものがありました。そして、自分はその道場で死の恐怖に必死に必死に耐え、その日の稽古をなんとか終わらせようと、のたうち回っていました。



また、当時の自分には信頼出来る人間関係が皆無であり、その大学空手部の死の恐怖を一人で耐えざるを得ませんでした。これにより、さらに被害妄想は酷くなり、夜ますます眠れなくなっていったのです。これにより心身は凄まじい勢いで衰弱していきました。自分は歩きながらこれらの記憶も思い出していきました。しかし、これらを思い出すと、凄まじい精神的苦痛が自分の脳内を駆け巡り、歩きながら顔を激しく歪ませていた記憶です。


『引用終わり』



このように自分が歩きながら空手部時代のトラウマを思い出した所、一気に当時にタイムスリップしたような感覚が発生したのです。そこから自分は空手部時代のトラウマを歩きながら必死に思い出していきました。そして、気付けばいつの間にか2時間が過ぎていたのです。歩き終わるとその没入感の凄まじさに度肝を抜かれました。



ここからは、どうしてこの時の自分がトラウマ歩きに凄まじい没入感を感じたのか、という話をしたいと思います。その原因を考えてみますと、それは3年前に行った「記憶のサルベージ(言語化)」にあったと考えるととてもしっくり来ます。そう、先程も書きましたが、記憶のサルベージ(言語化)には以下の2つの効果がありました。


①トラウマの詳細な言語化と、「家庭環境」「トラウマ」「鬱」の因果関係の把握


②トラウマへの愛着の発生


この①の「トラウマの詳細な言語化」、これが「トラウマ歩き」の没入感の凄まじさの原因だと考えて良いと思います。そう、自分は記憶のサルベージの1年半において、これ以上なく詳細に過去のトラウマをノートに書いていきました。細かい感情の一つ一つや細かい状況の一つ一つ、それまでの経緯の一つ一つ、それらディティールの一つ一つを全て詳細に言語化していったのです。それは当時のトラウマを当時のまま再構築し、当時のまま再体験していった、という事です。



ですからその3年後の「トラウマ歩き」の際、自分がトラウマを思い出すと、まるでタイムスリップしたかのような凄まじい没入感に襲われたのです。なるほど、「トラウマ歩き」の没入感の凄まじさは、「記憶のサルベージ」によるものだったんですねぇ。これは今回の記事を書いてみて初めて気付いた発見です。素晴らしい。





今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村