鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

1つ目の大学内で深夜アニメの感想を思い出す②(2008年3月頃・32歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 1つ目の大学内で深夜アニメの感想を思い出す(2008年3月頃・32歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、32歳の自分が「トラウマ歩き」を続行する事になった、という話でした。「トラウマ歩き」とは、歩きながらトラウマを思い出す事で、それを消化する試みを指しています。それからはただひたすら歩く日々の始まりです。自分は週に3回のペースで歩く事になりました。 1回の歩き時間は平均4時間で、1回あたりの平均歩行距離は10kmです。今から14年前の話になります。



そして、自分は「トラウマ歩き」を続行するにあたり、まずは1つ目の大学に向かいました。この場所こそ、自分の鬱を象徴する場所であり、「トラウマ歩き」を本格化させるにはうってつけの場所だったのです。



ここからは前回の記事をそのまま引用したいと思います。自分が「トラウマ歩き」を始めようと思ったら、まずは深夜アニメの感想から始まってしまった、という話になります。前回の記事をお読みの方はスルーして下さい。




『前回記事からの引用』



さて、1つ目の大学に着くと、自分は大学の中を歩き始めました。大学の中には、空手部の道場や空手部の部室棟やカウンセリングセンターなど、当時の記憶を呼び起こすにはうってつけの場所が沢山ありました。自分は「やはりここに来て良かった。」と思いました。



ただし、ここで計算外の事が起こりました。自分としては大学内の懐かしの場所を見ながら「トラウマ歩き」をしたかったのですが、前々回の記事に書きました通り、「トラウマ歩き」の冒頭40〜50分は深夜アニメの感想を思い出すのが、ルーティンだったのです。ですから、自分は大学内を「トラウマ」ではなく、「深夜アニメの感想」を思い出しながら歩き始める事になってしまいました。この時も自分は深夜アニメの感想を思い出して、顔をニヤけさせながら歩いたのですが、一方では「あぁ折角の大学内の風景が勿体無い、、」という気持ちにもなっていたのを覚えています。



『引用終わり』



このように自分は折角大学内を歩いているにも関わらず、深夜アニメの感想を思い出しながら歩く事になったのでした。これに対して当時の自分は「あぁ折角の大学内の風景が勿体無い、、」という気持ちでした。




そんなに勿体無いなら、いきなり「トラウマ歩き」に入れば良いようなものですが、当時の自分にはそれは絶対出来ませんでした。以前の記事にも書きました通り、「トラウマ歩き」は激しい精神的苦痛を生じさせるものでした。「トラウマ歩き」を始めるとその精神的苦痛で顔は激しく歪み、歩くスピードは極限まで遅くなります。そして、歩きながら何度号泣したか分かりません。



ですからまずは思考のアイドリングが必要だったのです。この思考のアイドリングを通じて、自分はトラウマと向き合う「覚悟」を作っていきました。そして、思考のアイドリングとして最適化だったのが、最近見た深夜アニメの感想だったのでした。



ですから、この時の自分は折角大学内を歩いているにも関わらず、まずは最近見た深夜アニメの感想から思い出し始めました。そして、40〜50分経つとそれを消化し終わり、いよいよ「トラウマ歩き」突入の時間になったのです。



しかし、残念な事にこの40〜50分の間に大学内の思い出の場所は歩き尽くしていました。そして、これ以上は大学内を歩く気はしませんでした。うちの大学は狭い大学でしたから、狭い大学内を何度もウロウロするのは人の目が気になります。また、同じ風景を歩き続けると飽きてしまうのです。



そこで自分は大学を出まして、空手部時代の稽古中にランニングしていた場所に向かいました。その場所は、当時の自分が「この後の稽古中に殺されるかもしれない」という恐怖で精神を潰されながら、2日に1度、30分程のランニングをしていた場所です。この場所も「トラウマ歩き」には適した場所でした。



自分はここで覚悟を決め、空手部時代のトラウマを思い出し始めました。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!






にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村