鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

歩きながら深夜アニメの感動を思い出し、それを消化(2008年3月頃・32歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 トラウマ歩きを思い付いたきっかけ②(2008年3月頃・32歳) 」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、32歳の自分が「トラウマ歩き」を始めた経緯について、改めて思い出していきました。「トラウマ歩き」とは、歩きながら過去のトラウマを思い出す事で、それの消化を試みる行為の事を指しています。



32歳の自分はある日いつものように「大学時代の自分の怨霊の慰霊」をしていました。この行為は、大学時代に通っていた大学に赴き、死の恐怖にのたうち回っていた当時の自分の残像を思い出す行為を指しています。これをすると、当時の自分の苦しみがほんの少しだけ癒され、スッキリする感覚がありました。



☆ここから先の話は3種類の時系列があり、それぞれの時代の自分が出て来ます。


①今現在のブログを書いている自分(2022年8月・45歳)

②トラウマ歩きを始めた頃の自分(2008年6月頃・32歳)

③大学空手部時代の自分(1995年〜1998年・19歳〜22歳)


なるべくこの3種類を分かりやすいように書いていきますが、ややこしくてすみません。



自分は怨霊の慰霊を終えると、大学を出て、その近辺をブラブラし始めました。するとこんなアイデアが浮かんだのです。


「あれ?こんな風に過去の怨霊を慰霊してスッキリする感じで、アニメの感想を消化してスッキリ出来ないだろうか??」



32歳の自分は深夜アニメにハマっており、その感動と興奮をどう消化すれば良いのか、苦しんでいました。自分はSNSにアニメの感想文をアップし続けましたが、それでは全ての感動を消化し切れません。また、時にはアニメグッズを購入する事でそれの消化を試みましたが、2〜3ヶ月も経つと購入したグッズへの熱狂は冷めており、お金がもったい感じがありました。もちろん当時の自分の周りには深夜アニメについて語り合える人間関係は皆無です。



そして、消化し切れなかった感動と興奮はただでさえ病的(×18倍)に不安定な睡眠をますます不安定にさせていました。これは当時の自分にとって死活問題でした。



そんな時に自分は先程のアイデアを思い付いた、という事になります。自分は早速歩きながら深夜アニメの感動や興奮を思い出してみました。すると脳内には鮮やかに深夜アニメの感動や興奮が蘇ってきたのです。あまりにもそれが鮮やかですから、自分の口元はニヤついてしまいました。



自分は最近見た深夜アニメの感動を思い出しながら、歩き続けました。脳内では相変わらず最近見た深夜アニメの感動や面白さや興奮が鮮やかに蘇り続けています。自分は夢中になって歩き続けました。



結局その日は2時間くらい歩き続けたと思います。2時間も歩くと、感動や興奮は薄れて落ち着いていき、口元はニヤつかなくなっていました。そう、この2時間で明らかに深夜アニメの感動と興奮は減っていました。どうやら、歩きながら深夜アニメの感動を思い出す事で、それを消化出来そうです。自分はこの行為に手応えを感じたのでした。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村