鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

深夜アニメの感想を歩きながらガラケーに打つ(2008年4月頃・32歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 トラウマ歩きが始まった経緯(2008年4月頃・32歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、32歳の自分が熱中していた「トラウマ歩き」、この「トラウマ歩き」の始まった経緯について改めて書いてみました。「トラウマ歩き」とは、歩きながら過去のトラウマを思い出す事で、それを消化する試みを指しています。自分はこの行為を2008年7月頃から始めました。この時の年齢は32歳です。




「トラウマ歩き」を開始してから、自分は週に3回のペースで外を歩く事になりました。1回の歩き時間は平均4時間、平均移動距離は10km。この行為を続けていた期間は少なくとも1年以上です。


☆ご注意:ここから先の話は2種類の時系列が存在し、それぞれの時代の自分が出て来ます。


①今現在のブログを書いている自分(2022年8月・45歳)


②今から10年以上前の「トラウマ歩き」をしている自分(2008年4月〜・32歳)←今回の記事のメインです。



なるべくこの2種類を分かりやすいように書いていきますが、ややこしくてすみません。





ではまずは、これまでの記事でまとめた「トラウマ歩き」の最中のポジティブな感覚とネガティヴな感覚を引用します。


「トラウマ歩きの最中に発生していたポジティブな感情①〜⑤」


「トラウマ歩きの最中のネガティヴな感情❶〜❼」




ここまでの話をまとめますと、自分は「トラウマ歩き」の最中に、①〜⑤のポジティブな感覚と❶〜❼のネガティヴな感覚、両方を同時に感じていた、という事になります。なんというか凄まじく自己矛盾した状態で歩いていた、という感じです。



そして、この①〜⑤のポジティブな感覚と❶〜❼のネガティヴな感覚、これらをトータルで差し引きしますと、「プラス」という感じです。ただこれは「トラウマ歩き」1年目の評価であり、2年目以降はまだ評価出来ません。またこれは今現在(2022年8月)の評価です。今後変わる可能性もあります。



さて、このように自分は2008年4月頃から「トラウマ歩き」を始め、上記①〜⑤と❶〜❼を感じながら、ひたすら歩いていった、という話になります。




ここからは前回の記事を引用したいと思います。自分が「トラウマ歩き」の中で歩いていたルートについてまとめています。




『前回記事からの引用』



このような4つのルートを使い分けながら、自分は「トラウマ歩き」の1年目を続けていった、という話になります。そう、そもそもどうしてこの「トラウマ歩き」が始まったのかと言いますと、きっかけは「深夜アニメの感想の消化」です。自分が試しに歩きながら深夜アニメの感想を思い出した所、それが上手く消化出来ました。それならば、歩きながらトラウマを思い出す事でそれを消化出来るのではないか、と考えたのです。



しかし、実際に「トラウマ歩き」をやってみると、この行為でトラウマが消化出来るかどうかさっぱり分かりませんでした。確かに「トラウマ歩き」を終えた直後には毎回僅かな量のスッキリ感はありました。しかし、その量は自分の心の中にある圧倒的に膨大な「鬱」の前では、大海の一滴に等しい程僅かな感覚だったのです。



ただ、「トラウマ歩き」の最中のトラウマへの没入感は凄まじいものがありました。自分が12年前の大学空手部時代のトラウマを歩きながら思い出すと、まるでタイムスリップしたかのような感覚に陥りました。それはまるで自分の心身が当時の自分の怨霊に憑依されたかのような没入感でした。自分は時間を経つのも忘れて、当時のトラウマの数々(「稽古で殺されるかもしれない恐怖」「孤独感」「絶望感」「虚無感」「無力感」)を思い出し続けました。するとあっという間に2〜3時間過ぎていたのです。



自分は「トラウマ歩き」の「トラウマ消化機能」には依然として全く確証を持てませんでしたが、この没入感の高さには驚かされました。そして、この没入感の高さには賭ける価値があると思いました。



このような経緯で「トラウマ歩き」が始まりました。そして、自分は「トラウマ歩き」の中で上記①〜⑤のポジティブな感覚と、❶〜❼のネガティブな感覚に翻弄されていった、という話になります。自分はこの「トラウマ歩き」を最低でも1年間は続けていく事になります。


『引用終わり』


このように「深夜アニメ」がきっかけで「トラウマ歩き」が始まったのでした。そして、「トラウマ歩き」が始まってからも、自分は歩きながら深夜アニメの感想を思い出し続けていました。今回の記事はこの「トラウマ歩き」の最中の深夜アニメの思い出について書いてみたいと思います。



以前の記事に書きましたように、この「トラウマ歩き」は激しい精神的苦痛を生じさせる行為でした。自分はこのトラウマ歩きの最中何度号泣したか分かりません。ですから自分は歩き始めてすぐにトラウマを思い出す気には到底なれませんでした。トラウマを思い出す前には、心の準備時間が必要だったのです。そこで自分はまずは最近見た深夜アニメの感想や興奮を歩きながら思い出すのが、常になっていました。



また、そもそもこの「トラウマ歩き」は「深夜アニメの感動の消化」から派生した行為でした。その意味でもトラウマを思い出す前に深夜アニメの感想を思い出すのは、自然な流れとなっていました。



深夜アニメの興奮や面白さは、トラウマとは真逆のひたすら愉快で楽しい記憶でしたから、思考のアイドリングにはもってこいでした。ですから自分はトラウマ歩きを始めると必ず冒頭の30〜40分は深夜アニメの感想を考え続けました。



また、当時の自分は歩きながら深夜アニメの感想を思い出すだけでは飽き足らず、歩きながら深夜アニメの感想を書いたりもしていました。自分は当時ガラケーを持っていましたから、深夜アニメの感想をガラケーのメモ帳に書いたりもしていたのです。



当時の自分はGREEというSNSにハマっており、そこに深夜アニメの感想文をアップするのが習慣になっていました。もちろん最初の頃はその感想を家の自分の部屋で書いていたのですが、「トラウマ歩き」を続けているうちにアニメの感想も歩きながら書いた方が良い文章が書ける気がしてきたのです。そこで自分は思考のアイドリングとして、深夜アニメの感想をガラケーに書きながら歩いたりもしていました。



そう、時にはこの深夜アニメの感想がやたら長い文章になってしまって、なかなか本題の「トラウマ歩き」に入れないという日もありました。深夜アニメ絡みの歩きは大抵冒頭の40〜50分で終わるのが常でしたが、時には感想文をなかなか書き終える事が出来ず、深夜アニメの感想だけで2時間歩き続けた事もありました。こういう日は本筋の「トラウマ歩き」になかななか入れず、当時の自分は少々うんざりしていた記憶です。



ただ、それは仕方がない話でした。「トラウマ歩き」の終わり際と同様、深夜アニメの感想文に関してもその終わり際を自分では全くコントロール出来なかったからです。深夜アニメの感想文は、一度書き始めると自分の意識では終わり際を全くコントロール出来ませんでした。一度感想を書き始めると最後まで書き終わるまではそれを辞める事は出来なかったのです。



また、感想を書き終わった後も文章の細かい出来が次から次に気になってしまい、なかなか書き終わる事が出来ません。当時書いていたアニメの感想文は1000文字〜2000文字くらいだったと記憶していますが、それくらいの文量を一気に書き、そして修正していると、1〜2時間があっという間に過ぎてしまいました。



もちろん、アニメの感想を書き終わるまでの1〜2時間、自分はずっと歩き続けています。ただガラケーに文章を打つ時だけは立ち止まっていました。このように自分は思考のアイドリングとして、アニメの感想を考えたり、書いたりしていたのですが、時にはそれが白熱し、それだけで2時間くらい過ぎている事もありました。こうなりますと、そこから本題の「トラウマ歩き」を始めますと、全体で5時間、6時間かかる事も珍しくはありませんでした。



また、この「トラウマ歩き」自体も終わり際がコントロール出来ないものでしたから、こちらも同様に加熱してしまうと、全体で7時間歩き続けた日もありました。夕方6時に歩き始めて、歩き終わりが深夜1時みたいな日もあったのです。





今回の記事はここで失礼致します。お読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村