鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

トラウマ歩き1年目はメンタル数値の増減無し(2008年12月・32歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 トラウマ歩き1年目を評価する(2008年12月・32歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、32歳の自分が「トラウマ歩き」に熱中しており、その最中に病的な冷え性に苦しんでいた、という話でした。また、それと同時に「深夜2時近辺の戦い」にも苦しんでいた、という話でした。


.
「トラウマ歩き」とは、歩きながら過去のトラウマを思い出す事で、それを消化する試みを指しています。自分はこの行為を2008年7月頃から始めました。この時の年齢は32歳です。今から14年前の話になります。



「トラウマ歩き」を開始してからというもの、自分は週に3回のペースで外を歩く事になりました。1回の歩き時間は平均4時間。1回で歩く距離は平均10km。この行為を続けていた期間は少なくとも1年以上です。



まずは今回の話の前提になる「前フリ」となります。いつもお読みの方はスルーして下さい。


「トラウマ歩きの前フリ」



ここからは最近の記事で作った「深夜2時近辺の戦い」のフローチャート(短縮ver)を貼りたいと思います。



「深夜2時近辺の戦いのフローチャート(短縮ver)」


2007年10月に起きた「犬の幻聴→母親と喋り始める事件」において、自分は妹に対して致命的な「差」を感じる事となった。



そもそも自分はこの事件以前から妹に対して様々な「差」を感じていた。自分は「尿管結石事件」、「引っ越し及び東○荘事件」、「ぎっくり腰事件」、の事件においても、そ妹に対して「致命的な差」を感じており、このような致命的な差の蓄積によって、「母親と喋り始める事件」以降の自分は、妹に対して「殺しても殺し足りない」(×2.25倍)程の憎悪を感じるようになっていった。



このように「母親と喋り始める事件」以降、自分は妹に対して「殺しても殺し足りない」(×2.25倍)程の憎悪を感じるようになっていった。そして、これにより3年前の引きこもりの際に発生していた、「妹が深夜2時に寝るかどうか」問題、が再燃する事となった。



この問題によって自分は深夜2時頃になると毎夜毎夜妹に対する病的な(×27倍)憎悪に襲われる事となった。 時には妹が深夜2時過ぎてから部屋から出てくる事もあり、そうなると自分は半狂乱状態に陥った。自分は部屋の前を通る妹に対して強く舌打ちしたり、床を強く蹴ったり、「あ"〜〜〜〜っっっ!!!!」と奇声をあげたり、モノを思い切り壁に投げたり、おもちゃのバットで部屋の床を殴ったり、半狂乱状態に陥った。



それらの行動は、自分の心の中で暴れ回る暴力衝動を外にぶち撒けていたのだった。それをしないと暴力衝動によって自分の心身が滅茶苦茶に壊されそうだった。そして、これらの半狂乱状態は妹に対する威嚇でもあった。「早く部屋から出て来て、寝る準備をしろ!!!!」と、自分は思い切り怒鳴りたかったのだった。



と同時にこれらの威嚇行動は、自分の内部で暴れ回る暴力衝動の致命的な痛みに耐えかねた断末魔の叫び、でもあった。



このように「トラウマ歩き」をしていた頃の自分は毎夜毎夜「深夜2時近辺の戦い」を繰り広げており、それによってさらに睡眠が取れなくなり、心身は衰弱していった。これによって鬱はさらに1.5倍悪化する事となった。



このような経緯で「トラウマ歩き」の頃の自分は、妹に対して病的(×27 倍)な憎悪を感じていた、という事になります。そして、その憎悪をトラウマ歩きの中で思い出し、消化する事もありました。



上記のリンクの経緯で「トラウマ歩き」の頃の自分は、妹に対して病的(×27 倍)な憎悪を感じていた、という話になります。そして、その憎悪をトラウマ歩きの中で思い出し、消化する事もありました。




ここからは前回の記事を引用したいと思います。当時の自分がトラウマ歩きを必死に必死にやり続けた結果、メンタル数値にどう影たのか、考えてみました。



『前回記事からの引用』


とりあえずはこれで冬のトラウマ歩きの辛さについて、一通りまとめ終わった感じです。長い文章になりましたが、なんとかまとめられた感じです。我ながらよくまとまりました。


さて、今回の記事では、ここまでの流れを踏まえまして、「トラウマ歩き1年目」を評価してみたいと思います。評価の仕方は、トラウマ歩きの最中の「ポジティブな感情」と「ネガティヴな感情」を差し引きする、というやり方です。



ただ、これに関して今から2〜3ヶ月前のこのブログの記事の中で、すでに1度評価をしています。まずはこの時の評価を振り返ってみます。最初にこの評価に必要な「ポジティブな感情」と「ネガティヴな感情」は以下の通りです。


「トラウマ歩きの最中に発生していたポジティブな感情①〜⑤」


「トラウマ歩きの最中のネガティヴな感情❶〜❼」



これらの差し引きの評価は以下の通りです。



この①〜⑤のポジティブな感覚と❶〜❼のネガティヴな感覚、これらをトータルで差し引きしますと、「プラス」という感じです。



そう、この時の評価は「プラス」だったんですね。2〜3ヶ月前の自分は⑤の東京観光の楽しさを高く評価しており、トータルで「プラス」と判断しています。



では今現在の評価はどうなるでしょうか。今現在の判断材料はこうなります。



「トラウマ歩きの最中に発生していたポジティブな感情①〜⑥」


「トラウマ歩きの最中のネガティヴな感情❶〜❾」


前回の材料と違う所は、ネガティヴな感情に「❾冬のトラウマ歩きの辛さ」が新しく加わっているということです。この❾が新しく加わった事で評価がどう変わるのか。


では、上記の材料を踏まえた上での「トラウマ歩き1年目」の評価をしたいと思います。①〜⑥と❶〜❾を差し引きするとどうなるのでしょう。考えてみますと、今現在(2022年9月)の評価は、「プラスマイナス0」となります。これはどういう事かと言いますと、「トラウマ歩きの1年目」は、良い効果もなく、悪い効果も無かった、という事になります。



どうして、前回の評価「プラス」から下がってしまったのか、という話ですが、それは何と言っても「❾冬のトラウマ歩きの辛さ」が大きいです。この辛さが余りにも致命的だったのです。ですから1年目の評価を「プラス」から「プラマイ0」に落とさざるを得ませんでした。



これはつまり、トラウマ歩きの最中に発生したポジティブな感情①〜⑥は、ネガティヴな感情❶〜❾と打ち消しあってしまい、結局どちらの感情も残らなかった、という感じです。そう、当時の自分はトラウマ歩きを1年間必死に必死に続けた訳ですが、それによるメンタル数値(鬱)の回復は無かった、という事になります。残念無念。



『引用終わり』


このように「トラウマ歩き1年目」の評価は、「プラスマイナス0」となりました。なるほど〜。あれ程必死に必死に歩いていたにも関わらず、「プラスマイナス0」とは。まぁでも仕方ありません。とにかく冬のトラウマ歩きが辛過ぎましたからね。防寒着の脱ぎ着がホント気が狂いそうな程面倒でしたから、そこでメンタルがかなり削られた面は否めません。



さて、とりあえずここで「トラウマ歩き1年目」の話は、一段落な感じです。ふぅ。よくまとまりました。時系列を改めて確認しますと、トラウマ歩き1年目の期間は、2008年4月〜2009年4月です。年齢は32歳〜33歳。



あ、思い出しました。この「トラウマ歩き1年目」の話を短くフローチャートにまとめなければなりません。短いフローチャートにまとめた上で、このブログのトップ記事、「鬱悪化のフローチャート」に新しく付け加えたいと思います。なるべく短くまとめたいものですが、どうなる事やら。ではまとめてみます。



2008年4月頃から自分は新たな取り組みを始める事となった。その取り組みの名前は「トラウマ歩き」。当時の自分は深夜アニメの感想や興奮を歩きながら思い出す事でそれを消化する事に成功していた。そこで自分はこのような仮説を思い付いた。「もしかしたらトラウマを歩きながら思い出す事で、それを消化出来るかもしれない。」



ある日、自分は試しに歩きながらトラウマを思い出してみた。すると、以下の3つの感想を得る事となった。


①トラウマ歩き後、心の中で「スッキリ感」と「達成感」発生している。しかし、これらの感覚は心の中の1/500くらいで発生した、ほんの僅かなポジティブ感だった。


② 「トラウマ歩き」の最中のトラウマへの没入感はかなりのものがあった。それはまるで自分が14年前の大学時代にタイムスリップしたかのような感覚。しかし、そこに懐かしさはゼロ。自分は歩きながら、ひたすら大学空手部当時の「殺されるかもしれない恐怖」と「孤独感」と「絶望感」と「虚無感」と「無力感」をそのまま再体験していった。その精神的苦痛で顔は激しく歪み、足取りは重くなるばかり。ただ、歩きながら当時のトラウマを再体験していると、あっという間に2時間が過ぎたのだった。



③ 「トラウマ歩き」でトラウマが消化出来たかどうかは、正直分からない。



自分はお試しのトラウマ歩きを終えるとこのような結論に辿り着いたのだった。


「トラウマ歩きによってトラウマが消化出来るかどうかは全く分からないが、あの没入感は凄まじいものがあった。あの没入感には賭ける価値がある。」



この日から自分はトラウマ歩きに熱中する事となった。それは週に3回のペースで、1回の歩き時間は平均4時間。1回で歩く距離は平均10km。



そして、このトラウマ歩きの最中、自分の心の中には様々なポジティブな感情、ネガティヴな感情が発生し、かなりの自己矛盾状態に陥っていた。ポジティブな感情、ネガティヴな感情の詳細は以下の通り。


「トラウマ歩きの最中に発生していたポジティブな感情①〜⑥」


「トラウマ歩きの最中のネガティヴな感情❶〜❾」



こうして、トラウマ歩きに熱中する日々が1年過ぎた。この時点でのトラウマ歩きによるメンタル数値の増減は無し。何故なら、先程のポジティブな感情①〜⑥、ネガティヴな感情❶〜❾を差し引きすると、「プラスマイナス0」となるから。つまり、当時の自分はこのトラウマ歩きを必死に必死に1年間続けたのだが、それによるメンタル数値の回復は無かった、という事になる。



いいですね!思ったより短くまとめられました。




今日はここで失礼します。お読み頂きありがとうございました!



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村