鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

トラウマ歩きを思い付いたきっかけ②(2008年3月頃・32歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 トラウマ歩きを思い付いたきっかけ(2008年3月頃・32歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、32歳の自分が「トラウマ歩き」を始めた経緯について、改めて思い出していきました。時期は2008年4月頃です。「トラウマ歩き」とは、歩きながら過去のトラウマを思い出す事で、それの消化を試みる行為の事を指しています。



ここからは前回の記事をそのまま引用したいと思います。「トラウマ歩き」を始めるきっかけとなった「大学時代の慰霊」の話になります。前回の記事をお読みの方はスルーして下さい。



『前回記事からの引用』


☆ここから先の話は4種類の時系列があり、それぞれの時代の自分が出て来ます。


①今現在のブログを書いている自分(2022年8月・45歳)

②トラウマ歩きを始めた頃の自分(2008年6月頃・32歳)

③部屋に引きこもって過去のトラウマをノートに書いていた頃の自分(2004年〜2005年・28歳〜29歳)

④大学空手部時代の自分(1995年〜1998年・19歳〜22歳)


なるべくこの4種類を分かりやすいように書いていきますが、ややこしくてすみません。



32歳の自分は深夜アニメにハマり始めたのですが、そこから得られる感動や興奮を消化しきれずにいました。自分はSNSに長文の感想文をアップしたり、アニメグッズを購入したりして、それを消化しようとしましたが、上手く消化し切れません。消化し切れなかった感動や興奮はただでさえ病的(×18倍)に不安定な自分の睡眠をさらに不安定にさせました。これは当時の自分にとって死活問題でした。



そこで自分は「歩きながら深夜アニメの感想を思い出し、それを消化する」という方法を思い付きました。この方法を思い付くきっかけとなったのは、これまで繰り返し行っていた「大学時代の自分の魂の慰霊」です。ここからは1つ目の大学時代の話から振り返ります。



自分は1つ目の大学で空手部に3年間在籍していたのですが、そこでの練習の厳しさを乗り越えられず、被害妄想を悪化させ、死の恐怖に怯え続ける3年間を送る事になりました(19歳〜22歳)。これによって元々発症していた「鬱」が3倍に悪化し、心身は「鬱の廃人」状態に陥ってしまいました。(詳しい経緯は、このブログのトップ記事「「人生年表と鬱のフローチャート」をご覧下さい。)



大学空手部引退から6年後、自分は全ての社会生活と家族関係から脱落し、引きこもりになりました(28歳)。そこで、自分は全ての時間とエネルギーを使って、ノートに過去のトラウマをひたすら書き綴っていきました。もちろん、ここで大学空手部の3年間の記憶も詳細に言語化していきました。 この大学空手部時代こそが自分の鬱の核心部分でした。



自分は1年間の引きこもり期間を経て、全てのトラウマの言語化に成功しました。さらにトラウマ発生の因果関係についても、追究し、解明しました。すると自分の中に「1つ目の大学を見に行きたい!!」という欲求が生まれたのです。そう、自分はこの大学空手部の3年間、死の恐怖に怯え続け、鬱を3倍に悪化させたのですが、その現場を見に行きたくなったのです。



自分は1年ぶりに電車に乗って1つ目の大学に向かいました。そして、空手部の道場に足を踏み入れました。すると目の前に空手部時代の自分の残像がはっきりと蘇ったのです。その残像は人間関係に完全孤立し、殺される恐怖に怯え、体調を破壊されながら、空手部の稽古に必死についていっていました。うめき声を上げて苦痛にのたうち回るその姿は「残像」と言うより「怨霊」と言った方がより正確でした。



自分は道場のあちこちに死の恐怖にのたうち回る自分の怨霊を見ました。そこで自分はそれらの怨霊一人一人に声をかけ、自分の怨霊を慰霊していったのです。自分は怨霊にこう声をかけて回りました。


「10年後の自分が来たからもう一人じゃないよ。本当に大変だったね。」





『引用終わり』



このように29歳の自分は引きこもり明けに真っ先に1つ目の大学に赴き、空手部時代の自分の怨霊を慰霊して回りました。ただし、怨霊は1回の慰霊で成仏する程生優しい怨霊では到底ありませんでした。何せ当時の自分は「稽古に殺される恐怖」に3年間のたうち回っていたのです。しかし、そうやって慰霊をする事で、それらの怨霊がほんの少しだけ癒されるような感覚がありました。空手部時代の自分が感じていた膨大な孤独感や恐怖感が1/500くらいは癒される感じです。



ですから、引きこもり明けの自分はその後も3ヶ月に1回のペースで過去の因縁の場所に赴いては、過去の自分の怨霊を慰霊し続けました。赴いた場所は、1つ目の大学が最も多く、他には2つ目の大学、小学校、中学校、高校、にも赴きました。学生時代の自分はこれらの場所でも孤独感と被害妄想でのたうち回っていましたから、慰霊してあげねばなりませんでした。このように引きこもり明けの自分は3ヶ月に1回のペースで慰霊旅を続け、そんな日々が2年半続いていました。



さて、話は深夜アニメの感想の話に戻ります。自分は31歳の夏頃から深夜アニメを見始め、その面白さにハマっていきました。自分はSNSにその感想と興奮を長文で投稿し、その感動と興奮を消化しようとしました。しかし、それではその感想と興奮を消化し切れません。そして、困った事に消化しきれなかった感動と興奮が自分の睡眠を妨害し始めたのです。自分がベッドに入って眠ろうとすると、それらの感動と興奮が頭の中を駆け巡って眠る事が出来ません。



ここからは前々回の記事から一部抜粋したいと思います。当時の自分が「被害妄想」によって、ただでさえ睡眠に苦しみまくっていた、という話になります。



『過去記事からの引用』



そう、ただでさえ当時の自分は「極度の虚脱状態と放心状態」×1.5倍状態に陥っており、病的(×18倍)な「音への被害妄想」を発症していました。これにより、睡眠時に発生する周りの音に病的(×18倍)に怯えるようになっていたのです。そして、この病的(×18倍)な恐怖により、ベッドに入ってから寝付くまで1時間以上かかるようになり、そして、寝付いた後も睡眠が極めて浅くなっていました。(「極度の虚脱状態と放心状態」の詳細はこちら。)



このように深夜アニメを見始める前から自分の睡眠は病的(×18倍)な被害妄想によって壊れまくっている状態でした。そして、深夜アニメを見始める事でさらに睡眠を妨害要素が増えてしまったのです。これは当時の自分にとっては死活問題でした。これ以上睡眠を壊される訳には行きません。


『引用終わり』


このように当時の自分にとって、深夜アニメの感動の消化は緊急課題となっていました。自分はなんとかして「感想文を書く」「アニメグッズを買う」以外の消化方法を探さねばなりませんでした。そんなある日、自分は久しぶりに1つ目の大学に赴き、当時の自分の怨霊を慰霊して周りました。この日も大学内では当時の自分の怨霊がうめき声をあげてのたうち回っており、自分はそれらの怨霊に声を掛けて慰めて廻りました。



さて、自分は1時間くらいで慰霊を終えると1つ目の大学を出て、大学の周辺をブラブラし始めました。慰霊後の自分は気持ちが少しだけ慰められ、スッキリしています。すると、こんなアイデアが思い浮かんだのです。


「あれ?こんな風に過去の怨霊を慰霊してスッキリする感じで、アニメの感想を消化してスッキリ出来ないだろうか??」


と。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村