鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。skipper1242でツイッターもやってます。

食欲の完全消失〜引きこもり中の鬱の諸症状②(過去編・2005年1月・29歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「引きこもり中の鬱の諸症状①〜寝付く前の激し過ぎる予期不安と自己矛盾(過去編・2005年1月・29歳)」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は自分が引きこもっていた時期の睡眠の不安定さについてまとめていました。この時の自分は29歳です。当時の自分は全ての社会生活と家族関係から脱落し、部屋に引きこもって過去の記憶をノートにひたすら書く日々を過ごしていました。



当時の自分の体調は、29年間の挫折の果てに「鬱の廃人」×2倍状態に陥っていました。これはどういう事かと言いますと、そもそも自分は21歳の時点で体調が「鬱の廃人」状態に陥っていました。そして、それがその後の6年間でさらに2倍悪化してしまった、という事です。ですので、『「鬱の廃人」×2倍状態』と表記しています。



ではここで、基本となる「鬱の廃人」状態を思い出しておきたいと思います。この状態は自分が21歳以降の状態です。つまり、1つ目の大学の空手部を引退した後の状態です。いつもこのブログをお読みの読者の方はスルーして下さい。かなり長いです。



「大学空手部引退後の10個の鬱の諸症状」(=「鬱の廃人状態」)


①空手部を引退後、『翌日の空手部の稽古が恐ろしくて眠れない』という状況は無くなった。しかし、空手部の3年間で受けた精神的ダメージは少なくとも「中指の拷問」2回分。これにより脳の一部が破壊された感がある。よって、空手部引退後も破壊された脳は元に戻らず、睡眠の不安定さはそのまま残った。(中指の拷問の詳細はこちら。記事の前半は読み飛ばして下さい。「そんな日々が3日程続いた後、、」という段落から始まります。)

②食欲の完全消失(大学時代の鬱の諸症状)

③酷いめまいと離人感(〜離人感と冷え性〜)

④酷い冷え性(〜離人感と冷え性〜)

⑤高校時代と比べて3倍酷くなった慢性的な疲労感と眠気。背中の疲労感は余りにも酷く、それは「疲労感」というより「激痛」という方が妥当。例えるなら「背中をナイフで刺され続けている感じ」。(〜慢性的な疲労感と眠気〜)

⑥自殺願望(〜自殺願望と救い〜)

⑦何が理由かは全く分からないのだけれど、大学にいる時の自分は、身体がいつも疲れ切っていて眠くて仕方なく、いつも泣きそうなくらい悲しい

⑧慢性的な口内炎

⑨自分は大学空手部の3年間でさらに「自分に対する自信」をさらに3倍失った。そして、自分の頭の中には依然として「トレーニング=体力が付く=自信が付く」という図式が色濃く残っており、この図式が自分にも当てはまると相変わらず信じていた。そこで、空手部を引退し、人間サンドバッグの恐怖が無くなったにも関わらず、「自分に対する自信」を回復させる為に自主練をを続けてしまった。(トレーニングの内容は、ランニング、坂道ダッシュ、縄跳び、筋トレなどで、1時間程度のトレーニング。頻度は週3回。)



しかし、空手部の頃と同様にトレーニングを積み重ねても一向に体力が増える実感が得られない。トレーニング翌日に体調が滅茶苦茶に崩れるだけ。翌日目が覚めると自分の身体はとても重くてダルく、身体は冷え切っていて、鼻水はダラダラ。食欲は当然全く無く、背中の疲労感は疲労感というより激痛。故にトレーニングすればする程、自分の中にはさらに「孤独感」「脱力感」「無力感」「虚無感」が増えていき、これが更なる自殺願望へと繋がっていった。そして当時の自分はトレーニングをすればする程心身が衰弱していく悪魔のからくりに全く気付いていない。体調が少し回復すると、またトレーニングをしてしまう。このトレーニング行為は「無意識的な全力の自傷行為」とも言える。

10 大学空手部の3年間で「自分に対する自信」がさらに3倍失われた事で、「被害妄想」もさらに3倍悪化。自分は大学生活の中で何をしていても全く自信が持てず、常に他人の視線を気にし、病的(×3倍)に「ビクビク」「オドオド」している状態。もはや自分にとって「自分という存在の価値」は、髪の毛一本より軽くなっている感じで、いつ他人から軽んじられ、無根拠に攻撃されても全くおかしくないような、そんな凄まじい緊張感の中で日々を送る羽目に。こんな状態では、完全に社会生活は不可能。


おまけ:サークル活動を始めとする様々なモノに挑戦している時の自分の体調


『こんな状態(鬱の廃人状態)じゃどこ行ったって、グダグダです。どこ行っても、「背中をナイフで思い切り刺され続けている感じ」の激痛が自分を襲ってくるのですから。加えて、冷え性も酷くて鼻水ダラダラ、めまいも頻発です。自分の意識の95%はそれらの精神的・肉体的苦痛に占領されており、集中力や意欲の欠片もありません。この状態は特に上記⑨のトレーニングの翌日が酷かった記憶です。』



そして、ここから6年が経ち、自分は全ての社会生活と家族関係から脱落して引きこもる事となりました。この6年の間はさらに鬱は2倍に悪化してしまいました。つまり、上記の「鬱の廃人」状態もさらに2倍悪化しています。



では引きこもり中の自分の鬱の諸症状は具体的にどのようなものだったのか、という話になります。まずは「①睡眠の不安定さ」です。ここ3〜4回の記事では、「①睡眠の不安定さ」が引きこもり中具体的にどう悪化したのかについてまとめてきました。上記の①がさらに2倍悪化した事でどうなったのか、という話です。前回の記事で出来上がったものが以下になります。少し長くなります。



①当時の自分は睡眠を取っても取っても酷い疲労感が全く取れず、睡眠への欲求が底無しになっていた。自分にとって睡眠は、自分の生命と同じ価値を持っており、「睡眠を妨害される」=「生命を激しく傷付けられる」となっていた。故に自分の睡眠を妨害する可能性のある音に対して、「病的(×6倍)な怯え」と「病的(×6倍)な憎しみ」を感じる事に。


そして、実際に自分が睡眠を取ろうと布団の中に入ると、瞼を閉じた途端、上記の怯えと憎しみに襲われてしまい。全く眠る事が出来ない。実際にはまだ「睡眠を妨害する音」は発生していないのだが、その発生を先取りして考えてしまい、予期不安(予期憎悪)が発生。これにより自分の身体は恐怖と緊張でガチガチに強ばり、冷や汗ダラダラで覚醒してしまう。睡眠を取る際には毎回1時間、この恐怖と緊張に必死に耐え続けないと、寝付く事が出来なかった。


また、当時の自分は睡眠への欲求が底無しになっており、身体が無限に睡眠を要求していた。しかし、いざ実際に睡眠を取ろうとすると、上記の如く「病的(×6倍)な怯え」と「病的(×6倍)な憎しみ」に襲われ、全く寝付く事が出来ない。身体は無限に睡眠を欲しているにも関わらず、いざ睡眠を取ろうとすると、耐え難い精神的苦痛に襲われてしまう。これは自分の身体の中で起こっていた「激し過ぎる自己矛盾」であり、これによるメンタルダメージも甚大だった。



いいですね!素晴らしい。長い文章になってしまいました。まぁでも引きこもり期間で一番辛かった時間は「布団に入ってからの1時間」でしたからね。ですから、①の文章が長くなるのは仕方ありません。



では次に「②食欲の完全消失」について考えてみます。これはもうそのまま継続です。引きこもり中も相変わらず食欲は消失していました。ただこれまでとは違い、引きこもり中の自分は「自分が食欲を消失している」事を認識出来ていました。そして、その異常性についても理解していたのです。そう、自分は高校時代に鬱を発症し、そこで食欲を完全消失してしまったのですが、その異常性に全く気付く事なく28歳まで生きてきました。そして、それに気付いてからは自分は食に関する日々の状態についても、ノートに書いていきました。



そう、引きこもってからも食欲は相変わらず消失していたのですが、とりあえず何かを食べると、うすらぼんやりと味覚はありましたから、その味覚に関して感じた事をノートに詳細に書いていましたね。また、自分の食欲の状態についても詳細に書いていました。何せ自分の食欲は高校時代から完全消失していましたから「食欲」という感覚を全く忘れていたのです。ですから、なんとかその感覚を思い出そうと、胃の周りの感覚をノートに毎日書いていました。「この感覚が食欲なの??」って感じです。



そうやって食欲に関してノートを書き続けた甲斐があったのか、引きこもり明けには食欲が復活していました。自分は引きこもり明け直後からパチンコで稼ぎ始めたのですが、パチンコで稼いだ後に食べる外食の中華はマジで美味かった記憶です。



話は引きこもり中に戻ります。自分の食欲は相変わらず完全消失していたという話です。引きこもり中の自分の胃は常に10kgの鉛を飲んだように重苦しかった記憶があります。そう、当時の自分は部屋に引きこもり続け、起きている時間の全てを記憶のサルベージ(言語化)に捧げていました。そして、サルベージされる記憶のほとんどはトラウマだったのです。そう、「記憶のサルベージ」=「トラウマの再体験」でしたからね。ですから自分は記憶のサルベージをしていて何度泣いたか分かりません。ですからトラウマを詳細にノートに書いていけばいく程、胃がどんどん重くなっていった記憶です。こんな状態で食欲が湧くはずがありません。という訳で引きこもり中の「②食欲の完全消失」はこんな感じになります。


②引きこもり中も相変わらず食欲は完全消失していた。記憶のサルベージ(言語化)によって言語化される記憶のほとんどはトラウマであり、「記憶のサルベージ」=「トラウマの再体験」と言って良い。故にトラウマを再体験すればする程、自分の胃は10kgの鉛を飲んだように重くなっていった。こんな状態で食欲が湧くはずがない。



いいですね!よくまとまりました。



今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村