鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した43歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

学校生活の記憶がほとんど残っていない事に気付く(2004年10月頃・28歳)

皆さんこんばんはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事も併せてどうぞ。では、前回の記事「小学校3年生で離人症を発症していた事に気付き驚く(2004年10月頃・28歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は自分が小学校3年生の時点で離人症を発症していた事に気付き、驚愕したという話でした。それまでは一般的な子供のイメージとして、「子供=元気で無邪気」な印象を持っていましたから、自分の子供時代もそんなもんだったのだろうと漠然と考えていたのです。ところが小学校3年生の時のスイミングスクールの記憶をサルベージしてみると、ゴリゴリの離人症の記憶が引き揚げられましたからね。これにはただただびっくりしてしまいました。大学時代に初めて発症したはずの離人症が、実は小学校3年生の時点ですでに発症していたとは。しかしこの時の自分は驚くと同時に、納得するというか腑に落ちる感覚もあった記憶です。「なるほど、俺は大学の空手部時代に鬱を本格的に発症した訳だけど、すでに子供の時点でそこに繋がっていく『鬱の芽』みたいなものが心の中に芽生えていたんだな。」、と。そう考えると自分がこれまでの人生の節々で感じてきた「様々な負の違和感」が繋がっていき、点と点が線になっていく感覚がありました。「なるほどなるほど、俺の人生は子供の時点ですでに鬱に侵された人生だったのか」、と。そう、自分の人生を「鬱」というキーワードで一括りに出来そうな可能性が出てきまして、そう考えるとすごく腑に落ちる感覚があったのです。この時点ではまだ小学校3年生付近の記憶のみしか言語化していませんので断定は出来ませんでしたが、自分はこう予感していました。「もしかしたら自分の子供時代は、いわゆる『元気で無邪気な子供時代』では無かったのかもしれない」、と。「いや、もしかしたら『元気で無邪気な子供時代』では無かったどころか、『無邪気さの欠片も無い、鬱々とした子供時代』だったのかもしれない」、と。



そのような予感を胸に小学校3年生、4年生付近の記憶を言語化していきましたが、まぁ、ホントに楽しい記憶は一つもありませんでしたね。とにかく喘息で夜眠れず、常に疲労感と眠気の中で生活していましたから、明るく無邪気になんかなれません。それでね〜、その頃の記憶を言語化していて気付いたのですが、自分が両親を相手に「今日学校でこんな事あったよ〜」的な話をしている記憶が全く無かったのです。そう、学校生活を送っていれば、友達の事、先生の事、勉強の事、日々の生活の中で喋りたい話は色々出て来ると思うのですが、自分がそういう話を親にしている記憶が全く無いのです。もちろん、小学校3年生以降の自分は喘息のせいで学校を休みがちでそもそも学校に行く事が自体が少なくなっていたのですが、その少ないながらの学校生活の話を親にした記憶が一切無い。ここらへんの事に気付いた時も驚きましたね〜。そして、さらに記憶を引き揚げてみると、自分の中に当時の学校生活についての記憶がほとんどない事も明らかになりました。まぁうすらぼんやりと「こんなクラスメートがいたなぁ」とか「カッターの受け渡しに失敗して、指から出血した事件があったなぁ」ぐらいは覚えていましたが、なんというか細かいエピソード的な話が全く自分の中で記憶に無いのです。「あの友達がああで、この友達がこうで、その先生がそれで」的な話です。そして、さらにさらに記憶を引き揚げてみますと、小学校3年生の時に我が家の環境が急激に悪化し、「母親の目線」が無くなってしまった事に気付きます。それは自分に注がれていた唯一の大人の目線でした。ここまでに気付いた小3付近の記憶3つを箇条書きにしてみます。



「家庭内で学校生活についての会話をした記憶が無い」


「自分の中に学校生活に関する記憶がほとんど無い」


「自分の周りから大人の目線が全く無くなってしまった」



自分はこれら3つの事象の間にはなんらかの因果関係があるのではないかと考え始めたのでした。





今日はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others




PVアクセスランキング にほんブログ村