鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した43歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

小学校3年生で離人症を発症していた事に気付き驚く(2004年10月頃・28歳)

皆さんこんばんはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事も併せてどうぞ。では、前回の記事「現実逃避手段としてのファミコン(2004年10月頃・28歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、子供時代の自分がファミコンを現実逃避の為の手段として使っていたという話でした。そう、友達作りの為の手段ではなく、現実の辛さから逃げる為の手段として、です。ですからゲームを一緒にする友達はいましたが、彼らとゲームを一緒に楽しんだ記憶は全くありません。改めて振り返ってみますと、自分の家の家庭環境は小3以降急激に悪化しまして、それに伴い自分の喘息も悪化しました。これにより、小学校を半分くらい休むようになってしまい、半不登校児のような状況になってしったんですね。ですから、自分は家の中にいても学校に行っても、居場所がなく、物悲しくて仕方がなかった。故にゲームの世界に現実逃避するしか無くなってしまったという流れになります。今で言う所の「ゲーム依存症」と言うやつですね。思い出してみますと、自分は小学校、中学校、高校時代狂ったようにゲームをしていました。ファミコンゲームボーイスーパーファミコン、などなど。何故なら自分が生きている手応えがゲームの中にしか無かったからです。




当時の自分の病んだエピソードとしてもう一つ思い出すのが、スイミング教室に通っていた時の記憶です。このエピソードは以前にも書いていますが、改めて書かせて貰います。自分が小学校3年生の頃、うちの母親が「スイミングだと喘息が出にくい」という話を聞きつけ、スイミング教室に通わせられたんですね。しかし、自分はこれが嫌で嫌で仕方無かった。確かに、「スイミングだと喘息が出にくい」という面はありましたが、自分はそもそも身体を動かす事自体が嫌で嫌で仕方なかったのです。ですから、スイミング教室においても自分は常に「嫌だ嫌だ」と思いながら、「物悲しい」気持ちでそれを受けていました。加えて、小学校3年生と言えば、自分の喘息が急激に悪化した頃ですから、夜はほとんど眠れず、疲労感と眠気を抱えながらの状態でスイミング教室に行く事もあったんですね。そのような状態でスイミング教室を受けていると、ただでさえ「物悲しい」スイミング教室がさらに「物悲しく」感じられまして、しまいに自分の心はその巨大な物悲しさに耐えられなくなってしまったんですよ。そうするとどうなるかと言いますと、自分の現実感が薄くなっていきまして、「自分」と「目の前のスイミング教室」との間に半透明の膜のようなものが降りてきます。その膜が降りてくると、自分の視界がぐんにゃり歪みまして、目の前のスイミング教室が半分他人事のような感覚に襲われるんですよ。そう、これは人間の心の中の無意識の防御反応だと思われ、大学時代・20歳の頃の自分はこの防御反応が「離人症」と呼ばれる事を知りました。(離人症wikiこちら。)




さらに時は進みまして、2004年・28歳の自分は記憶のサルベージを進める中で、先程の小学校3年生の時にスイミング教室で感じていた気持ち悪い感覚が「離人症」だった事に気付きました。これも気付いた時には驚きでしたね〜。「へ〜、俺って小学校3年生ですでに離人症を発症していたのか!」、と。そう、自分は大学の空手部時代にもこの「現実感覚が薄くなる症状」に苦しんでいたのですが、この時は「現実感覚が薄くなる症状」=「離人症」だと認識していたんですね。何故なら当時の自分は日常的にこの「現実感覚が薄くなる症状」に襲われ続け、辛くて辛くて仕方が無かったですから、この症状が何なのか正体が知りたくて仕方無かったのです。そこで大学の図書館で精神医学関連の本を読み漁った結果、この「現実感覚が薄くなる症状」が「離人症」と呼ばれている事を知りました。これにより離人症が良くなる事は一切無かったですが、しかし、病名が付く事で少し安心はしました。そんな感じで、2004年・28歳で記憶のサルベージを開始した時には、自分は自分が大学時代に離人症だった事をすでに知っていたのですが、サルベージを進めていくと、小学校3年生時点で離人症を発症していた事が発覚し、驚いたのです。「おいおい俺って子供の時点ですでに離人症発症してたのかよ!」、と。あれは自分の人生の病み(闇)の深さを垣間見たような気がしましたねぇ。ちなみにこの小3の時の離人症はスイミングスクール「限定」の離人症でしたので、大学時代の離人症に比べれば軽症でした。大学時代の離人症は生活の中の至る所で起こっていましたからね。





今日はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others




PVアクセスランキング にほんブログ村