鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した43歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

引っ越しに対する狂気的な憎しみ(2005年11月・29歳)

皆さんこんばんはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「引っ越しの話を聞き、はらわたが煮えくり返る(2005年11月・29歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、自分が父親から引っ越しの話を聞かされ、はらわたが煮えくりかえりまくった、という話でした。ホントあれはヤバいくらいのムカつきでしたね。何度も書いていますが、この引っ越しの話が出てくる以前から自分は家族3人に対して「殺したい」程の憎しみを感じていたのです。自分が小学校3年生の時から我が家は戦争状態に陥り、自分はそのせいで学校生活において全く周りとコミュニケーションが取れず、鬱で心身がぶっ壊れていくだけの人生を送る羽目になりましたからね。そう、自分はこの家族に精神的・社会的に一度殺されたも同然でした。ですから、自分は家族に対して「殺したい」程の憎しみを抱いていたのです。それがさらにここに来て父親が「引っ越しする」とか言い出しました。もう自分の怒りは限界を超えた所まで膨らんでいた記憶です。具体的に何にブチ切れていたのかと言いますと、前回の記事にも書きましたが、引っ越しをするとなると家族とコミュニケーションを取らざるを得なくなる事が予想され、そのストレスで自分は気が狂いそうでした。もうホント自分は家族とすれ違うだけでも反吐が出る状況でしたから、家にいる時は極力すれ違わないようにしていたぐらいなのです。加えて、引っ越しするとなると自分はそこに時間やエネルギーを割かなければならない訳で、それも身の毛もよだつ程嫌でした。これも前回の記事にも書きましたが、自分はこの家族に「輝かしい青春時代」、「時間とエネルギー」、「心身の健康」を膨大に奪われ続けてきたのです。「いやいやいや、お前ら俺の人生からこれまで散々色々奪っておいて、さらに俺からまだ奪うつもりなのかよ!!」、と。そんなに引っ越しが嫌なら一人暮らしをすれば良いという話ですが、自分はその選択肢を取る事も身の毛もよだつ程嫌でした。何故なら一人暮らしするにしても、そこに時間やエネルギーを割かなければならなくなる事には違いが無いからです。ここら辺の「引っ越しについていくか」、「一人暮らしするか」の葛藤については、まだまだ書く事がありますので後の記事で詳しく書いていこうと思います。とにかく、引っ越しするにしろ、一人暮らしするにしろ、家族が言い出した事で自分がそこに時間やエネルギーを使わなければならない事が自分は1㎜も許せなかったのです。あれはホントにヤバいくらいのムカつきでした。あれから16年経った現在でもこうやって当時の事を書いていますと、膨大なムカつきが蘇ってきて、身体から溢れそうですからね。



さて、このように自分は父親から引っ越しの話を聞かされた訳ですが、具体的な引っ越しの内容は全く知らない状況でした。父親がドアの外に引っ越しの事を記した紙を置いていったのですが、それを読む気になんてなれません。2〜3日は放置していた記憶です。そして、4日後くらいに自分は全く持って気が進まなかったのですが、とりあえずその紙を手に取ってみました。紙にはワープロでつらつら何か書いてありました。もうね〜、自分はその紙を手に取ったものの、その文字を見始めると、引っ越しに対する憎しみが頭の中で一気に爆発しまして、その文字が全く頭の中に入ってこなくなったんですよ。頭の中が怒りで真っ白になってしまったのです。それでもなんとか文字を目で追っていますと、辛うじて冒頭の方で父親がこれまでの事を謝っているような事と、しかし結論としては引っ越しをするような事が書いてあるのが読み取れました。そこでもう自分の怒りは限界を突発しまして、自分はすぐにその紙をビリビリのビリビリに破きまして、廊下に投げ捨てたのでした。もう自分は怒りで気が狂っていましたね。近くの壁とか蹴ったりしていたかもしれません。




ここまで書いて来て、引っ越しに対してムカついていたもう一つの理由を思い出しました。それは「よりにもよってなんでこのタイミングなんだ???」、という事です。自分が1年半に渡る拷問のような記憶のサルベージ(言語化)を終え、ようやく外の世界に戻り、生まれて初めて「自分の意志」で外の世界を動き出したばかりのこのタイミングでなんでそれを邪魔するような事をしてくるんだ?、と。これもホントにヤバいくらいのムカつきでしたね。先程書いていた内容と被りますが、そもそも自分がこれまでの人生で「自分の意志」というものが全く持てなかった原因は家庭環境にある訳です。その「自分の意志」を自分は記憶のサルベージによってようやく作り上げ、ようやく外の世界へ戻ってきました。しかし、自分はこの時「自分の意志」で動くという事に関して、いわば「よちよち歩き」のような状態だったのです。29歳にして生まれて初めて自分の意志で現実世界を動き回っていましたからね。そんな精神的によちよち歩きの自分を家族はまたも潰しに来ている、自分にはそう思えてならなかったのです。「お前らは俺を何回殺せば気が済むんだ!!」と、自分の心の中は狂気的な憎しみで爆発しそうでした。




今日はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others





PVアクセスランキング にほんブログ村