鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した43歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

憎しみのあまり、自分にメリットがあるコミュニケーションすら取れない〜「東○荘事件②」(2006年3月頃・30歳)

皆さんこんばんはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「 親に向かって「ガキがガキ作ってるんじゃねえよ!!!」と吠える〜「東○荘事件」②(2006年3月頃・30歳) 」の続きを書かせて頂きます。



と、いきなりですが、すみません。ブログにアップする記事の順番を間違えてしまいました。昨日「東○荘事件②」をアップしましたが、その前にアップしなければならない記事があるのを忘れていました。なんという失態。昨日の記事では父親との取っ組み合いの件りをアップしましたが、実はそこに至るまでの「前フリ」部分がありまして、その2記事をアップし忘れていたのです。ですのでややこしくなってしまうのですが、昨日アップした「東○荘事件②」は、「東○荘事件④」にタイトルを変更します。そして、今日明日で「東○荘事件②」、「東○荘事件③」をアップしたいと思います。ややこしくなって申し訳ございません。という訳で今回の記事は、「東○荘事件①」の続きになります。話は一旦事件が起きる前の状況に戻ります。




前回の記事は、自分が暴力の衝動を抑えられなくなっていったという話でした。自分は引っ越しの話が自分を無視して進んでいっている事に果てしない憎しみと不安と絶望を感じていました。故に理性で怒りや憎しみをコントロール出来なくなっていったのです。この前の記事で当時の自分が感じていた不安感をまとめさせて貰いましたが、改めて当時の自分が引っ越しに感じていた不安感のコピペを貼らせて貰います。



引っ越しについていく場合の不安感


①その準備において自分の時間やエネルギーを割かなければならない。


②様々な連絡事項について家族とコミュニケーションをとらねばならない。


③ 記憶のサルベージによって自分の精神年齢の成長が小3で止まっていたという事が判明。自分がまだ精神的によちよち歩きの状態だというタイミングの問題。


④「殺したい」よりさらに憎い家族と、その後も一つ屋根の下で住み続けなければならない。




そして、引っ越しについて行かず、一人暮らしをする場合の不安感がこちら。(①、②、③は、引っ越しについていく場合と共通)



[前提として今回の一人暮らしは、「自分がしたいからする一人暮らし」ではなく、「家族の引っ越しについて行きたくないからする一人暮らし」]



①その準備において自分の時間やエネルギーを割かなければならない。


②様々な連絡事項について家族とコミュニケーションをとらねばならない。


③ 記憶のサルベージによって自分の精神年齢の成長が小3で止まっていたという事が判明。自分がまだ精神的によちよち歩きの状態だというタイミングの問題。


④自分の「病的な音への過敏さ」が隣人トラブルを起こしかねない。


⑤貯金が毎月10万しか出来ない。引っ越しとパチンコ稼業で受ける精神的苦痛と全く釣り合っていない。


⑥不動産屋さん、引っ越し業者さん、大家さん、隣人とのコミュニケーションに全く自信が無い。自信が無い所か漠然とした膨大な不安感を抱えている。



(一人暮らしをするメリットとしては、家族と離れる事で家族から感じる膨大なストレスから離れる事が出来る。)




上記のように、自分はどちらの選択肢を選んでも、致命的なストレスを抱え込む未来しか見えない状況に陥ってしまったのでした。どちらの選択肢を選んでも待っているのは、地獄の底の底です。どちらの未来も酷過ぎて、「どちらがマシか?」という思考が通じないのです。自分はどん詰まりの状況に追い込まれてしまったのでした。そして、そのどん詰まりの状況が「東○荘事件」を発生させる事になるのですが、ちょっと今回の記事は「東○荘事件」の話は一旦横に置きまして、自分が母親とコンタクトを取った時の話に戻りたいと思います。「東○荘事件」が起きる3ヶ月ほど前の話です。自分は先程「引っ越しについて行く場合の不安感」と「一人暮らしする場合の不安感」をまとめましたが、これを母親とコンタクトを取った時に母親に説明していれば、また違った展開もあったのではないか、という話です。そう、あの時の自分が引っ越しの流れを止めたいと思っていたなら、その引っ越しに何故反対なのかその理由を母親に詳細に説明するべきだったと思うんですね。実際あの時の自分も母親とコンタクトを取る前は事前にある程度その説明は準備していた記憶です。しかし、自分は母親を「殺したい」程憎んでいましたから、いざ母親を目の前すると、それだけではらわたが煮え繰り返ってしまった。さらに母親は引っ越しを強行するような姿勢を見せましたから、もう自分の頭の中は怒りで真っ白になってしまい、全く説明どころでは無くなってしまったのです。結果自分は「ふざけるな!!!!」、という捨て台詞を残してその場を立ち去るしか出来ませんでした。




そう、自分の中にある母親への憎しみは余りにも膨大でしたから、「母親に引っ越しに反対な理由を説明する」という自分にとってメリットのある行動すら、出来なかったのです。まぁホントあの時の自分は母親とまともにコミュニケーションが取れる様な精神状態では無かったですからね。そもそもこの引っ越しの話の前から、自分の中にある母親に対する積年の恨みは物凄い事になっていたのです。我が家は10年以上に渡って戦争状態にあった訳ですが、その中で自分が母親に感じるストレスも雪だるま式に大きくなっていっていき、「殺したい」程憎いと思う程になりました。その結果、「母親に引っ越しに反対な理由を説明する」という自分にとってメリットのあるコミュニケーションすら不可能な状況に陥ってしまったのです。なんというか一つの大きな「負」がきっかけでそれがまた別の大きな「負」を呼び込んでしまう、そんな「負」の連鎖みたいな事が起こっていたんだな、と書いてて思った次第です。





今日はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others




PVアクセスランキング にほんブログ村