鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

父親との取っ組み合いの喧嘩のシーンを振り返ってみる〜「東○荘事件⑥」(2006年3月頃・30歳)

皆さんこんばんはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「 警官来訪〜「東○荘事件⑤」(2006年3月頃・30歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事も「東○荘事件」についての話でした。事件の流れをおさらいしたいと思います。ある日、自分が外出しようとすると父親が血相変えて掴みかかってきたのです。自分も父親の腕を掴み返し、取っ組み合いの喧嘩になりました。そこに母親や妹も加わり、自分は1vs3の袋叩き状態です。その最中父親がこれまでの自分の行動を非難してきましたから、自分もそれに対して、「うっせぇ!!!お前らのせいで俺の人生滅茶苦茶だ!!!」、と叫びました。「お前ら俺の人生滅茶苦茶にしやがって、絶対に許さないからな!!!」的な事も叫んだかもしれません。さらに自分は続けます。「ガキがガキ作ってるんじゃねぇよ!!!」、「適当にセックスしやがって、それで産まれてきて滅茶苦茶な人生送らされるこっちの身にもなりやがれ!!!」、と。あれは「叫び」であり「吠え」でしたね。さらに自分は父親との取っ組み合いの隙をついて、玄関を開け、「助けて、殺される!!!」、と叫んだのです。そこには母親への嫌がらせ的な意味合いがありました。さらに自分は母親の前に顔を突き出して、「なんだ!お前も俺の事が憎いのか!!だったら俺の顔を殴ってみろよ!!!」と挑発し、頬を殴られたりもしました。そして、母親が警察を呼んだのです。




こうやってこの事件を15年ぶりに思い出して書いてみますと、当時の自分は家族3人を敵に回して、なかなかの大立ち回りを演じてますね。我ながら記事を書いていて「おぉ俺カッコ良い!」と思ってしまいましたwとにかく当時の自分の心の中には家族に対する膨大な憎しみと、その憎しみの根拠となる「言葉」が溢れまくっていましたから、それをこの機会にぶつけたという所です。そして、前々回、前回の記事において、一連の喧嘩の件りを書きましたが、この喧嘩の場面が「東○荘事件」の中で一番激しいシーンなんですね。ですのでその激しいシーンをこのブログで言語化する事が出来て、今の自分はホッとしています。あの場面こそがこの事件の肝なのです。では、その後の警官が家に来た場面を改めて書いていきます。



警官が家にやって来まして、父親に事情を聞き始めました。すると、父親は急にしおらしくなって「私が全部悪いんです。」とか言い出たしたのです。自分はそれにも激しくムカつき、父親に対して「これまで父親らしい事何一つしてこなかった癖して、何警官の前でカッコ付けてやがるんだ!!」と吠えたのでした。すると自分は警官から「今日はどこかにお出かけなんですか?」と聞かれましたので、「カウンセリングに行くつもりです。」と答えました。警官は「もう行かれたらどうですか?」と外出を促して来ましたので、自分はその場を後にしてカウンセリングに向かったのです。




なんかこうやって改めて思い出してみますと、警官から外出予定を聞かれた自分が「カウンセリングに行くつもりです。」と答えた場面、なんか可笑しいですね。なんかタイミングが良過ぎるというか。そりゃ言われた警官の方も「どうぞ、どうぞ、行って下さい」と言う感じだったのではないでしょうか。別に自分はこの取っ組み合いの喧嘩とは無関係にカウンセリングに行く支度をしていました。というかこんな事件が起きるなんて事前に予想できるはずがありません。しかし、こうやって事件が起こってみますと、結果カウンセリングの予約がその後入っていてホントに良かったなという感じです。親と激しくぶつかった後の自分が最も必要だったものがまさに「カウンセリング」だったからです。予約のタイミングが神がかっていましたw




今日はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。









にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others




PVアクセスランキング にほんブログ村