鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

仮眠を取っているフリをして、本番までの時間を過ごす(過去編・1999年10月・23歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「被害妄想的な嘲笑感(過去編・1999年10月・23歳) 」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、引き続きタップダンスの発表会当日の話でした。時期は2つ目の大学に通い始めて5ヶ月目くらい。年齢は23歳です。自分は昼ご飯の時間になると練習生達10人くらいと一緒にファミレスに行きました。しかし、自分はそこで誰とも喋る事が出来ません。全く会話に参加する事が出来ないのです。自分の精神年齢の成長は小学校3年生で止まっていましたから、そういう場に行くと頭の中がテンパリまくってしまい、何を喋れば良いのか、何を聞けば良いのか、全く分からないのです。それならば、ただただ黙って周りの話を聞いておけば良いような話ですが、それはそれでかなりの精神的苦痛を感じてしまうのです。何故なら、周りの練習生達が会話に入れない自分の事を嘲笑しているような、そんな被害妄想に襲われてしまうからです。このような被害妄想は高校時代からありました。なんというか「被害妄想的な嘲笑感」という感じでして、これが滅茶苦茶に辛かった感じです。ですから、もう自分はそのような場に居るのが辛くて辛くて仕方ありません。一応表面上は引きつり笑顔を浮かべ、周りの話を聞いてる風を装っていますが、身体の方はもう冷や汗ダラダラですし、顔も赤面していた事でしょう。




また、何度も書いていますが、当時の自分の体調は「鬱の廃人」状態です。背中の慢性的な疲労感がかなり酷く、それは疲労感というより激痛です。そして、冷え性も酷く鼻水ダラダラ。さらにめまいで頭の中はフラフラです。そう、そもそも自分は体調的にも人とコミュニケーションが取れるような状態ではありませんでした。そして先程も書きましたように、それに加えてさらに精神年齢の成長が小学校3年生で止まっている訳ですからね。二重の意味で人とのコミュニケーションなど不可能な状態でした。しかし、当時の自分は自身のそのような状態を全く把握できていないのです。自身の健康状態が「鬱の廃人」状態にあるとは夢には思っていませんでした。それどころか、こう考えていたのです。


「自分は大学空手部の過酷過ぎる3年間を耐えたのだから、体力がかなり付いたに違いない!!そして、その体力を活かして自分の居場所を作りたい!!」



ですから、自分は「鬱の廃人」状態にも関わらず、タップダンス教室に通い続けました。しかし、こんな状態でまともに活動出来るはずがありません。



さて、話はファミレスの場面に戻ります。このファミレスには40分くらいいたと思いますが、自分はファミレスを出た時にはもう疲労困憊です。集団の中での「被害妄想的な嘲笑感」で精神が消耗しまくりましたからね。そして、練習生達と共に発表会が行われる公民館に戻りました。公民館に戻ると、リハーサルの後半が行われ、いよいよ本番です。自分は本番では3つくらいの演目に出た記憶です。しかし、この頃には自分はもう疲労の極地にいた記憶です。そう、そもそも自分の体調は「鬱の廃人」状態ですし、そこに朝から続くリハーサルによる肉体的な疲れが溜まっていました。さらに先程のファミレスでの精神的な消耗もありましたし、さらに戻ってきた楽屋でもファミレス同様「被害妄想的な嘲笑感」に精神を削られ続けていたのです。もはや自分は肉体的にも精神的にも限界を迎えていました。自分は楽屋の床に身体を横たえ、仮眠を取っているフリをして出番までの待ち時間を過ごすしかありませんでした。




楽屋の中の状況ですが、自分の周りの練習生達の女の子が和気藹々と待ち時間を過ごしていました。そして、自分だけがその中で一人床に横たわり、仮眠を取っているフリをしていたのです。これはかなり惨めで悲しかった記憶です。まぁでも自分はこの発表会が終わればタップダンスを辞めるつもりでした。ですから、「もうここで周りに変に思われようが関係無い」的な強がりも心の中にあったような記憶です。しかし心の中の大半は、やはりかなり惨めで悲しい気分でありました。そして、自分はなんとか自分の出番を終え、発表会を終えました。発表会の帰り道、自分の心の中はかなり惨めで悲しい気持ちだったのを覚えています。結局タップダンス教室でも自分の居場所は作れませんでした。そして、発表会当日はただただかなり惨めで悲しい気持ちを味わっただけで終わったのでした。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。








にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





PVアクセスランキング にほんブログ村