鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

寄せ書き事件で発生した「被害妄想的な予期不安」(過去編・1993年・17歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「 被害妄想的な予期不安によって冷え性発症(過去編・1993年・17歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、「暴言事件」後の「被害妄想的な予期不安」について考えてみました。そして、この「被害妄想的な予期不安」によって「冷え性」を発生した、という話も書かせて貰いました。「暴言事件」とは、自分が高校1年生の時に起こった舌禍のことです。事件を端的書きますと、自分が吹奏楽部のA先輩(男)といる時に、ウケ狙いでエグ過ぎる下ネタの暴言を言ってしまい、ドン滑りした、という事件です。事件の概要はこちらになります。



自分はこの事件によって「精神的ショック」や「孤独感」や「被害妄想的な予期不安」を受け、それらの精神的ダメージを足し合わせると甚大な精神的ダメージ量となりました。それによって自分はメンタルを急激に悪化させ、鬱を発症する事となりました。高校時代の7つの鬱の諸症状は以下の通りです。


「高校時代の7つの鬱の諸症状」


①食欲の完全消失

②日曜夜ごとの激しい喘息

③慢性的な背中の疲労感(痛み)と眠気

④学校生活中の激しいめまい

⑤激しい被害妄想

⑥自転車通学による無意識の自傷行為

冷え性


(「③慢性的な背中の痛み」と「⑤激しい被害妄想」は相関関係にある。慢性的な背中の痛みが酷くなっていくと、被害妄想も酷くなっていった。)


う〜ん、酷い。中でも「⑤激しい被害妄想」は特に自分を苦しめた記憶です。前回の記事で書きましたように、高校1年生の時の「暴言事件」においてこの激しい被害妄想はホントに酷かった印象です。そして、この「暴言事件」の半年後に起こったのが、「寄せ書き事件」です。この事件でも被害妄想が酷かった。この「寄せ書き事件」を端的に書いてみたいと思います。自分がサックスパートを離れる際、サックスパートの先輩達が寄せ書きを書いてくれました。そこでOBのC先輩が「スケベ」という言葉で「暴言事件」を匂わせてきたのです。自分はそれを見て「暴言事件」の恐怖を思い出し、パニック状態に陥った、という事件になります。事件の詳細はこちらになります。



OBのCさんが寄せ書きに書いた言葉は以下の通りです。


「〇〇へ お前はスケベでよろしい!頑張ってホルンを吹いてくれ!」 C


この言葉はホントにキツかった記憶です。バットで頭を殴られたかのような衝撃が走りましたからね。そう、この寄せ書きはサックスパートの女の子の先輩達3人や同期の女の子1人も見ているものでしたが、その状況下でのこの言葉はマジでキツかった。自分はサックスパートの1年間誰とも積極的にコミュニケーションをとらず、ただ黙々と練習をしているだけの1年間を送ってきました。「とらず」というか「取れなかった」のです。その頃の自分は同性のクラスメートとのコミュニケーションすら不可能になっていましたから、女の子とのコミュニケーションなんて取れるはずがありません。ですから、女の子の先輩達から話しかけられる事があっても会話は必要最低限でしたし、こちらから話しかけるなんて事は皆無だったと思います。




ですから自分はサックスパートにおいて、当然そんな「スケベ」キャラでは無かったのです。だって女の子達とは日常会話すらままならなかったのですから、性的な話なんてするはずがありません。しかし、Cさんは女の子達が見ている寄せ書きで、自分のそういう部分を暴いてきたのです。これがまずキツかったですね。




そして、2つ目のキツさですが、これがメインのキツさでした。そう、自分はCさんの寄せ書きを見た後、こんな「被害妄想的な予期不安」に襲われたのです。それは、このような予期不安です。フローチャートで表したいと思います。



女の子の先輩達がこの「スケベ」という言葉を目にし、この言葉を疑問に思う。



その言葉についてCさんに聞く。



Cさんが女の子達に「暴言事件」について喋る。




自分はこの最悪の最悪の想定に驚愕し、再び激しい恐怖に怯え始めたのです。この最悪の最悪の想定がどのようにして生まれたのか、説明したいと思います。まずはどうしてCさんが寄せ書きに「スケベ」という単語を書いたのかという話です。たぶんCさんは「暴言事件」の話をB先輩から聞いたのだと思います。暴言事件において、自分はB先輩に笑って貰いたくて、とある女の子に対する絶対に許されない性的な暴言を言ってしまいました。それでB先輩はこの事件を仲の良いCさんに喋ってしまったのでしょう。普段なんも喋らない自分が急にエグ過ぎる性的暴言をぶっ込んで来たのですから、それは言いたくもなると思います。そして、話を聞いたCさんはその話を面白がって寄せ書きに事件を匂わす言葉「スケベ」を書いてしまった。たぶんこういう事だったのだと思います。「暴言事件」以外にCさんが自分の事を「スケベ」と認識するような出来事は皆無でしたからね。




自分にとっては、女の子達が見ている寄せ書き上で「暴言事件」を匂わされるだけでも発狂ものでしたし、さらにそこから上記の「被害妄想的な予期不安」が止まらなくなったのです。そして、例によって自分はこの事件を誰にも相談する事が出来ませんでしたから、いつまで経っても自分の頭の中はパニック状態で陥り続けたのです。



ただしこの事件に関しても、最悪の最悪の想定が現実化する事は無かった印象です。「寄せ書き事件」以降、女の子達の視線が冷たくなった感じは無かったですから。しかし、自分にとっては、もはやその想定が現実化した時と同じくらいの甚大な精神的ダメージを受けてしまった印象です。このような流れで高校時代の自分は、上記の7つの鬱の諸症状を完全発症させてしまったのです。



今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。






にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





PVアクセスランキング にほんブログ村