鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

寄せ書き事件によって鬱を完全発症(過去編・1993年・17歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「寄せ書き事件で発生した「被害妄想的な予期不安」(過去編・1993年・17歳)」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、自分が高校2年生の時に起こった「寄せ書き事件」について考えてみました。「寄せ書き事件」とは、その半年前に起こった「暴言事件」の後日談のような話です。では「暴言事件」はどのような事件かと言いますと、自分が高校1年生の時に起こしてしまった「舌禍」のことです。事件を端的書きますと、自分が吹奏楽部のA先輩(男)といる時に、ウケ狙いでエグ過ぎる下ネタの暴言を言ってしまい、ドン滑りした、という事件です。事件の概要はこちらになります。



そして、この「暴言事件」から半年後に「寄せ書き事件」が起こりました。この「寄せ書き事件」を端的に書いてみたいと思います。自分は高校時代2年生に進級するにあたり、サックスパートからホルンパートに移ることになりました。この「暴言事件」はサックスパートで起こった事件でしたから、自分はここにい続ける事に耐えられなくなったのです。そして、サックスパートを離れる際、サックスパートの先輩達が寄せ書きを書いてくれました。そこにはOBのC先輩のメッセージも書いてあったのですが、Cさんはその中で「スケベ」という言葉で「暴言事件」を匂わせてきたのです。自分はそれを見て「暴言事件」の恐怖を思い出し、パニック状態に陥った、という事件になります。事件の詳細はこちらになります。



そして、Cさんが寄せ書きに書いてきたメッセージは以下の通りです。


「〇〇へ お前はスケベでよろしい!頑張ってホルンを吹いてくれ!」 C


自分はこのメッセージによって半年前の暴言事件を思い出し、再び激しい「被害妄想的な予期不安」に襲われてしまいました。それは以下のような予期不安です。


「このメッセージをきっかけにして、『暴言事件』の話が女の子達に広まってしまうのではないか???」


自分はこの恐怖に恐れ慄きました。自分は半年前の「暴言事件」の際にも全く同じ「被害妄想的予期不安」に襲われたのですが、それがまたも復活してしまったのです。そして、例によって自分はこの事件の事も誰にも相談出来ませんでしたから、頭の中はいつまで経ってもパニック状態なのです。これにより自分のメンタルはさらに壊れていき、喘息も急激に悪化。自分は一睡も出来ていない状態で高校生活を送り、背中の慢性的な疲労感はもはや疲労感というよりかなりの痛みに悪化してしまいました。自分はこの時点で鬱を完全発症しました。高校時代の7つの鬱の諸症状は以下の通りになります。



「高校時代の7つの鬱の諸症状」


①食欲の完全消失

②日曜夜ごとの激しい喘息

③慢性的な背中の疲労感(痛み)と眠気

④学校生活中の激しいめまい

⑤激しい被害妄想

⑥自転車通学による無意識の自傷行為

冷え性


(「③慢性的な背中の痛み」と「⑤激しい被害妄想」は相関関係にある。慢性的な背中の痛みが酷くなっていくと、被害妄想も酷くなっていった。)


自分が高校2年生になった瞬間に、この「寄せ書き事件」が起こり、自分は再び甚大な精神的ダメージを受ける事となりました。そして、鬱を完全発症させてしまったのです。そして、この「寄せ書き事件」から1〜2週間後に今度は「ホルンパートでの自己紹介事件」が起こる事となります。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。








にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





PVアクセスランキング にほんブログ村