鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

尿管結石事件後の両価的な状況(過去編・2003年11月・27歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 家族と再びコミュニケーションを取り始める(過去編・2003年11月・27歳)」の続きを書かせて頂きます。




本題に入ります前に、今年も一年このブログを読んで頂きありがとうございました。今年はこのブログのおかげでテレビの取材を受けさせて頂き、ホントに良い1年となりました。読者の方達に読んで頂ける事が、ブログを書くモチベーションに繋がっています。読者の方達の来年1年が素晴らしいものになるよう、祈っております。



前回の記事は、「尿管結石事件」後の自分が家族とのコミュニケーションを復活させた、という話でした。「尿管結石事件」とは自分が27歳の時に発生した事件です。この事件を端的に説明させて貰いますと、ある日自分が尿管結石の激しい痛みに襲われ、父親に助けを求めた所、「こんな時に頼りやがって!!」という血も凍るような暴言を吐かれた、という話になります。事件の詳細はこちらです。



自分はこの「尿管結石事件」によって、家族3人に対して等しく「殺したい」程の憎しみを抱くに至っていました。家族とコミュニケーションを取るなど到底無理な状態です。しかし、一方では自分は家族とコミュニケーションを取らざるを得ない状態に追い込まれていました。何故なら、当時の自分は尿管結石の痛みの再発に極度に怯えていたからです。あれはホント最悪の拷問のような痛みでしたからね。加えて父親からは血の凍るような暴言も吐かれましたし、病院に担ぎ込まれてからも様々な心身のダメージがありました。




これらのダメージによって、自分の心身はさらに衰弱し、「被害妄想的な予期不安」が病的(×6倍)に酷くなっていました。ですから、「今後もし尿管結石の痛みが再発したら」と考えると、恐ろしくて仕方ありません。「あの最悪の拷問をもう1度食らうくらいなら、死んだ方がマシだ」、くらいの気持ちになっていました。




また、尿管結石発症の翌日、自分は担ぎ込まれた病院の病室でノートに自分の気持ちを書きまくりました。そこで尿管結石発症の原因を「自分が家庭内で孤立していたから」と結論付けていたのです。確かに自分は尿管結石発症前の1〜2ヶ月間、家族の誰ともコミュニケーションを取らなくなっていました。ですから、尿管結石を2度と再発させない為には、家族とのコミュニケーションを復活させるしかないとの結論に辿り着いたのです。



つまり、「尿管結石事件」後の自分は、非常に「両価的」な状態に陥っていたと言えます。久しぶりに「両価的」という単語が出てきました。「両価的」とは自己矛盾を起こしている状態の事です。では事件後の両価的な状態をまとめてみます。


①「尿管結石事件」によって自分は家族3人に対して等しく「殺したい」程の憎しみを抱くに至っていた。当然家族コミュニケーションなど到底無理な状態。


②一方で自分は家族とのコミュニケーションを復活させる必要に迫られていた。何故なら「尿管結石事件」後の自分はさらに心身を衰弱させ、尿管結石の痛みの再発を病的(×6倍)に恐れていた。そして、当時の自分は、尿管結石発症の原因を、「自分が尿管結石発症前に家庭内で孤立していたから」と結論付けていた。よって尿管結石の再発を防止する為には家族とのコミュニケーションを取らざるを得なくなっていた。



う〜ん、分裂してますねぇ。まさに両価的です。「尿管結石事件後」の自分は、家族全員に対して「殺したい」程の憎しみを感じつつも、その家族とのコミュニケーションの必要性に迫られていたのです。そして、最終的には「家族への憎しみ」よりも、「尿管結石再発への恐れ」の方が勝ちました。そこで、病院から退院した自分は「殺したい」程の憎しみを必死に抑え、家族とコミュニケーションを取り始めたのでした。





今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!良いお年をお迎え下さい。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村