鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。skipper1242でツイッターもやってます。

家族と再びコミュニケーションを取り始める(過去編・2003年11月・27歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!大晦日にも関わらず、このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 尿管結石発症の原因(過去編・2003年11月・27歳) 」の続きを書かせて頂きます。


前回の記事は、自分が27歳の時に発症した尿管結石の原因を考えてみました。現在の自分(45歳)はその原因を以下の2つと考えています。


・「病的(×3倍)な被害妄想」

・「病的(×3倍)な被害妄想を引き起こす程の鬱の廃人状態」


しかし、当時の自分(27歳)はその原因を「家庭内における孤立状態」と考えました。実際当時の自分は尿管結石の1〜2ヶ月前から家庭内で完全孤立状態に陥っていたのです。そして、当時の自分は自分が「鬱の廃人」状態に陥っているとは夢にも思っていません。そこで、当時の自分は今後2度と尿管結石を発症させない為には、家庭内での孤立状態を止めるしかないと判断しました。



また、自分は尿管結石によって1週間入院する事になりましたから、その入院生活を続ける為には、母親と喋らざるを得なくなってしまった、という一面もありました。そう、着替えなどの入院生活に必要なものを母親に頼んで自分の部屋から持ってきて貰わねばなりません。ですから、「入院」という状況もまた家族とのコミュニケーションを復活させる要因となっていたのです。



とは言いましても、「尿管結石事件」によって、自分は家族3人(両親、妹)に対して、「殺したい」程の憎しみを持つようになっていました。コミュニケーションなど到底無理な状態に陥っていたのです。ただ、「尿管結石事件」以降の自分は、その憎しみ以上に尿管結石の痛みの再発を恐れるようになっていました。ホントあの痛みは自我が崩壊する痛みでしたからね。尿管結石事件後の自分はさらに心身が衰弱していましたから、尿管結石再発への恐怖は凄まじいものがありました。その時の気持ちはこんな感じです。


「もう2度とあんな酷過ぎる痛みを味わいたくない!!あの痛みが再発しない為ならなんでもする!!!」


ですから、自分は家族3人に対して「殺したい」程の憎しみを感じていましたが、その気持ちを必死に抑え、家族とのコミュニケーションを再び取らざるを得ませんでした。また、先程も書きましたように、「入院」という状況も孤立状態を不可能にしていましたからね。



この流れの中で、自分はこう考えるようになっていました。


「こうなったら仕方ない。もう1度家族内に居場所を作れるか、チャレンジするしかない。」


と。そこで病院から退院すると、家族に対する「殺したい」程の憎しみを必死に抑えて、家族と再びコミュニケーションを取り始めたのでした。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。












PVアクセスランキング にほんブログ村