鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

尿管結石事件④(2007年12月・31歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「何故母親に対して「殺したい」程の憎悪を持つに至ったのか〜尿管結石事件③」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事も、引き続き尿管結石事件(2003年・27歳)について書かせて貰いました。そして、自分が母親に対してどのように憎しみを募らせていったのか、その経緯についても書かせて貰いました。話は尿管結石事件に戻ります。自分が尿管結石が発症してから2〜3時間経つとその凄まじい痛みは収まってきたのですが、この時点で自分の心身は衰弱し切っていました。まず尿管結石の痛みが凄まじかったですし、発症の際には父親から信じられない暴言も食らいました。そして、この暴言によって自分は父親に対して「殺したい」程の憎悪を感じました。(詳しくはこちら→〜痛みに悶える自分に父親が言い放った破壊的暴言〜尿管結石にのたうち回った1日②)しかし、その後尿管結石の痛みがあまりにも凄まじいものですから、そんな父親に看病を頼らざるを得ない状況に陥ったのです。そう、尿管結石の痛みによって自我が崩壊し、父親を頼ってしまったのです。これは後から考えると自分にとって「屈辱」という言葉ではとても言い表せない程の「汚辱」でした。また、痛みが収まってくると自分はかなりの安堵感を感じたのですが、この安堵感を父親と共有してしまったのです。この時の自分はかなり両価的な状態でした。自分は父親と安堵感を共有したい気持ちを持っていたのは事実ですが、一方では痛みが収まって来た事で自我が回復し、父親に対する「殺したい」程の憎しみも蘇っていたからです。これはかなりの自己矛盾だった記憶です。自分の心は真っ二つに切り裂かれていました。そしてこの状態もまた自分にとって精神的ダメージとなった記憶があります。




ここで、尿管結石発症から2〜3時間の間に自分が食らった精神的・肉体的ダメージをまとめてみたいと思います。


・尿管結石発症の際に父親から信じられない暴言を食らった


・尿管結石の凄まじい痛み


・尿管結石の痛みが余りに凄まじいので「殺したい」程憎い父親に看病を頼らざるを得ない。後から考えるとこれは「屈辱感」という言葉ではとても言い表せない程の「汚辱感」。


・尿管結石の痛みが収まってくると自分の中で凄まじい安堵感が発生し、その安堵感を父親と共有してしまった。一方、痛みが収まってきた事で自我が復活し、父親に対する「殺したい」程の憎しみも復活していた。つまりこれは、「殺したい」程憎い父親と安堵感を共有してしまった、というかなり両価的な状況。自分の心は真っ二つに引き裂かれ、そこでも精神的ダメージが発生。



こんな感じですね。自分は尿管結石を発症してから2〜3時間の間に上記の肉体的・精神的ダメージを受けた、という事になります。その結果自分の心身は衰弱し切ってしまい、本来なら「殺したい」程憎い母親との会話もやむを得ない気持ちになってきてしまったのでした。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




不定期おまけ:現在の自分の唯一の趣味が「服」なのでそれを紹介するコーナー


f:id:sarvage99:20210716110751j:plain


f:id:sarvage99:20210716110803j:plain
上が渋谷のマグネットで買ったシャツで下はAVIREXのシャツ

f:id:sarvage99:20210716110854j:plain
今は無きルパートのデニムとBAPEのテカテカスニーカー





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others




PVアクセスランキング にほんブログ村