鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

尿管結石発症のきっかけとなった妹への激しい被害妄想〜尿管結石事件10(2007年12月・31歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「 カオス過ぎる1日〜尿管結石事件⑨(2007年12月・31歳) 」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、尿管結石にのたうち回った1日が終わり、自分が朝の4時頃病院のベッドで寝付いた、という話でした。そう、この日は超カオスな1日でしたから、自分はなかなか寝付けませんでした。また、寝ているベッドもいつもと違うベッドですから、その違和感もより寝付きを悪くさせていたと思います。さて、翌日です。自分は朝10時くらいに起きたでしょうか。起きてみるとすんごく身体は重く、気分も超落ち込んでいた記憶です。そう、昨日の「尿管結石事件」で受けた精神的・肉体的ダメージはほとんど回復していませんでした。改めて昨日の尿管結石で自分が受けた7つのダメージを確認してみたいと思います。



[尿管結石事件で受けた7つの精神的・肉体的ダメージ]


①尿管結石発症の際に父親から信じられない暴言を食らった。(詳しい話はこちら→〜痛みに悶える自分に父親が言い放った破壊的暴言〜尿管結石にのたうち回った1日②)


②尿管結石の凄まじい痛み→病院へ担ぎ込まれる。


③尿管結石の痛みが余りに凄まじいので「殺したい」程憎い父親に看病を頼らざるを得ない。後から考えるとこれは「屈辱感」という言葉ではとても言い表せない程の「汚辱感」。


④尿管結石の痛みが収まってくると自分の中で凄まじい安堵感が発生し、その安堵感を父親と共有してしまった。一方、痛みが収まってきた事で自我が復活し、父親に対する「殺したい」程の憎しみも復活していた。つまりこれは、「殺したい」程憎い父親と安堵感を共有してしまった、というかなり両価的な状況。自分の心は真っ二つに引き裂かれ、そこでも精神的ダメージが発生。



⑤ ①〜④のダメージで衰弱し切っていた自分には「父親とは喋るけど、母親とは喋らない」というねじれた行動を取る気力は残っていなかった。特に③、④は自分の中に猛烈な自己矛盾の嵐を巻き起こしており、もはや自己矛盾の嵐が1個発生しようが、2個発生しようが、変わらないだろう、というヤケクソな気持ちも。しかし、やはり自分にとっては母親も「殺したい」程憎い存在。その母親と喋るという事は自分の中に強烈な自己矛盾の嵐を発生させた。(何故「殺したい」程の憎しみを抱くに至ったのかはこちら→ 何故母親に対して「殺したい」程の憎悪を持つに至ったのか〜尿管結石事件③)




⑥自分は1年ぶりに母親と喋る上で以下の2つを母親に期待していた。



・母親はついさっきまで尿管結石の痛みでのたうち回る自分の姿を見ていた訳だから、自分に対して病人に接するような優しい態度で接してくるのではないか。



・母親と没交渉だった1年の間に、「母親が父親の事を10年以上に渡って責め続けている」件について、母親が少しは反省してくれたのではないか。


しかし、母親と喋り始めてみると、喧嘩腰で喋り始めた自分も悪いのだが、母親の対応も不機嫌。そこから1年前と同じような口論が始まり、ヒートアップ。その中で自分は母親が上記の件に関して全く反省していない事を知る。また、母親からは病人の自分に対する労りの態度も全く見えない。2つの期待は見事に裏切られ、とても悲しい気持ちになる。




⑦ ①〜⑥のダメージの蓄積により、自分の中には果てしない量の「無力感」「絶望感」「理不尽感」が発生。これは「中指の拷問」級の「無力感」「絶望感」「理不尽感」。(「中指の拷問」についてはこちら→「花粉症発症→ぎっくり腰事件」を別のモノで例えてみる(2007年3月・32歳))そして、それから4年後に起きる事になる「花粉症発症→ぎっくり腰事件」においても「中指の拷問」級の「無力感」「絶望感」「理不尽感」が発生している。つまり、2つの事件で受けたダメージ量は等しいので、「尿管結石事件」=「花粉症発症→ぎっくり腰事件」という事になる。



引用終わり



そう、一夜明けると上記のダメージの中で②の尿管結石の肉体的な痛みだけはすでに9割方収まっていたのですが、それ以外の精神的ダメージはそのまんま残っていた記憶です。また、極限の疲労感もほぼほぼ残っていましたね。自分は滅茶苦茶重苦しい気分でベッドから起き上がりました。しかし、この時自分は一つの行動を取ろうと決めていたのです。それは、「病院の購買にノートとペンを買いに行こう」、です。このブログを前から読んでいる方は覚えているかもしれませんが、「東○荘事件」が起こった日も、自分はホテルにチェックイン後、コンビニにノートとペンを買いに行きましたよね。今回の「尿管結石事件」は「東○荘事件」の3年前に起きた事件なのですが、この時も自分も全く同じ行動を取ったのです。そう、自分は目が覚めた後、昨日のカオス過ぎる1日をノートに書きたくて仕方なかったんですよ。そこで極限の疲労感と滅茶苦茶重苦しい気分を引きずりながら、病室を出まして、病院の購買でミニノートとペンを買ってきたのです。幸い尿管結石の痛みは9割方収まっていましたから、一人で歩いて購買にまで行く事は可能な状態でした。あぁ懐かしいですね。下腹部に残った1割の痛みを感じながら、点滴瓶を片手に購買にそれらを買い行った記憶が鮮明に残っています。そして、病室に戻り、ベッドの上でノートを書き始めたのです。書き始めは「なんだったんだ、昨日のやつは、、」だったような記憶です。




そして、自分は昨日の一連の尿管結石の流れをノートに書き始めました。そう、妹との激しい口論から始まったあの事件の流れです。そういえば、今回の尿管結石の記事の中で、妹との激しい口論の件りが出て来てなかったですね。そもそも今回の尿管結石発症のきっかけって妹との激しい口論なんですよ。あれは2003年10月のとある日の夕方の事です。自分は妹と「ドア音」を巡って激しく口喧嘩をしまして、その直後に尿管結石の痛みが発症したのです。ではここからは、改めてこの妹との激しい口論について書いていきたいと思います。当時の自分は隣の部屋の妹が出すドア音に対して病的な怯えと憎悪を感じていまして、それが激しい口論に繋がったのです。そう、あの頃の自分は2つ目の大学生活もバイトも何もかもが上手く行かず、鬱をさらに悪化させた状態でした。当時の自分の年齢は27歳です。慢性的な疲労感や眠気もどんどん悪化しており、寝ても寝てもそれらが減る事はなくなっていました。故に自分は「睡眠に対する渇望感」がどんど大きくなっていき、「睡眠を妨害する音」に対しての怒りと怯えがどんどん酷くなっていったのです。




そして、自分が「睡眠を妨害する音」を意識をするきっかけとなったのが「妹の出す生活音」なのです。自分は最初妹が片付け忘れた電話の子機の呼び出し音に起こされまして、それにかなりムカついたんですね。2003年当時の自分は社会生活から脱落寸前になっており、蓄積した精神的ダメージによって、寝ても寝ても疲れが取れない状態になっていました。故に睡眠を邪魔された怒りはかなりのものがあったのです。そこから自分は妹の出す生活音にどんどん過敏になっていき、特に「ドア音」に対しての怒りと怯えが病的なものになっていきました。自分の部屋と妹の部屋は隣同士の部屋でしたから、妹のドア音がダイレクトに聞こえる状況にあったのです。そう、この「ドア音」が厄介だったのが、「音」は耳栓である程度防御できるのですが、「振動」は耳栓では防御しようが無い事です。妹がドアを強く閉めた時の振動が隣で寝ている自分の身体に伝わり、それで起こされる事がしばしばあったのです。当然自分は妹にクレームを入れたのですが、それでもドア音は時々大きな音を響かせていまして、自分はそれに対する怒りと怯えをどんどん増幅していきました。




そして、2003年10月のある日、その怒りが爆発したのです。自分は夕方頃またも妹のドア音が大きく響いたのを聞き、激しい怒りを感じ、妹の部屋にクレームを言いに言ったのです。自分はブチ切れていましたし、妹もそれに対して反論してきまして、激しい口論になりました。口論は平行線を辿り、15分くらい口論していると、自分は激しい疲労感を感じ、自分の部屋に引き上げました。自分の心の中は妹への激しい憎しみで溢れ返っていまして、それはなかなか収まりません。そして、そこから30分後に自分は妹が外出する音を聞いたんですね。すると、先程の激しい怒りが反転し、今度は激しい被害妄想が自分の頭の中を駆け巡り始めたのです。そう、当時妹には彼氏がいたのですが、「これから妹は彼氏の元に向かい、先程の自分との激しい口論の話を聞かせるのでは無いか?」、と。そして、「それを聞いた彼氏が怒り狂い、その彼氏がまるで暴走族のように仲間を引き連れ、自分の部屋に突入してきて、自分は袋叩きにされるのではないか?」、と。自分の精神は病んでいましたから、一度悪い方向に物事を考え出すと妄想が止まらなくなっていたのです。



そこで激しい恐怖に駆られた自分は自分の部屋にバリケードを作り始めたのです。ドアの前に棚を倒してドアが開かないようにしました。そして、バットを用意して自分も武装したのです。まぁ今から考えると当時の自分の行動って一人相撲も甚しいのですが、当時の自分はガチで妹の彼氏が殴り込み来る可能性にビビりまくっていました。ただ別に当時の自分が妹の彼氏がそういう暴力的な彼氏だなんて聞いた事は一度も無かったと思います。なんとなく彼氏がいるって話を聞いていただけでしたからね。しかも15年後くらいに自分はこの彼氏と実際会ったのですが、全くもって穏やかそうな人でした。ただし当時の自分がそんな事を知るよしもありません。病みまくっていた自分は究極に最悪の方向でしか物事を考えられなくなっていたのです。




また、当時の自分はそれまでの27年間の人生において、彼女どころか女友達すらいた事がなく、それどころか男友達すらいない人生を歩んでいました。対して妹は恋愛経験もありましたし、女友達や趣味友達も多い人生を歩んできていたのです。自分はここに大いなる劣等感も感じていた記憶なんですよ。そう、同じ親から産まれたにも関わらず、自分は孤独にまみれた人生を送っていて、妹は人間関係に恵まれた人生を送っている。自分は妹の出すドア音に対して、病的な怒りと怯えを感じており、それが尿管結石当日の激しい口論に繋がっていきました。その病的な怒りと怯えの裏にはそのような妹に対する「大いなる劣等感」が影響していたのは間違いないと思います。もちろん、その後の「彼氏がバットを持って殴り込みに来る」という被害妄想に関してもです。





今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!






↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others




PVアクセスランキング にほんブログ村