鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

「殺したい」程憎い家族と再びコミュニケーションを取り始める(過去編・2003年11月・27歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「尿管結石事件後の両価的な状況(過去編・2003年11月・27歳)」の続きを書かせて頂きます。



読者の皆様あけましておめでとうございます。正月早々このブログを見に来て下さりありがとうございます。今年もこのブログをよろしくお願い致します。



前回の記事は、「尿管結石事件」後の自分が、家族とのコミュニケーションを復活させる事を決めた、という話でした。「尿管結石事件」とは自分が27歳の時に発生した事件です。この事件を端的に説明させて貰いますと、ある日自分が尿管結石の激しい痛みに襲われ、父親に助けを求めた所、「こんな時に頼りやがって!!」という血も凍るような暴言を吐かれた、という話になります。事件の詳細はこちらです。


この事件により、自分は家族3人に対して等しく「殺したい」程の憎しみを抱くに至っていました。しかし、一方で「尿管結石事件」後の自分はさらに衰弱しており、このような気持ちになっていたのです。


「もう2度とあんな酷過ぎる痛みを味わいたくない!!あの痛みが再発しない為ならなんでもする!!!」


そして、当時の自分は、尿管結石発症の原因を「自分が家族内で孤立していたから」と結論付けていました。よって、尿管結石を2度と発症させない為には、家族とコミュニケーションを取らざるを得なくなってしまったのです。



この時の自分は非常に両価的だったと思います。家族3人に対して「殺したい」程の憎しみを抱いていながらも、家族とコミュニケーションを取らざるを得ない状態に追い込まれてしまったのです。激しい過ぎる自己矛盾が起こっていました。しかし、結局は尿管結石再発の恐怖の方が上回りました。そこで、自分は病院から退院した後、「殺したい」程の憎しみを必死に抑えながら、家族とコミュニケーションを取り始めました。



しかし、実際に取り始めてみますと、やはりそれはかなり精神的にキツい行為でした。自分は家族3人が集まる場に顔を出し、なんとかコミュニケーションを取ろうとしました。しかし、それはホントにキツかった記憶です。まずは自分が家族それぞれとどれくらいの期間コミュニケーションを取っていなかったのか、まとめてみます。


父親→2〜3ヶ月前まではご飯を食べに行っていたので、2〜3ヶ月ぶり。

母親→2〜3年ぶり。

妹→1年ぶりくらい。


自分は上記の期間それぞれと全く喋っていませんでした。そして、「尿管結石事件後」のそれぞれに対する憎しみをまとめてみます。自分は家族3人それぞれに等しく、「殺したい」程の憎しみを感じていました。


父親→「尿管結石事件」の際の血も凍るような暴言を許せるはずもなく、「殺したい」程憎い。


母親→母親は、自分の仲裁にも関わらず、15年以上続いている父親の糾弾をやめようとしなかった。自分は2つ目の大学での挫折以降、家庭内に「居場所」「安心」「暖かさ」を求めていたのだが、母親が父親を糾弾し続けているので、家庭内は15年以上戦争状態のまま。よって自分が求めてるものは何一つ手に入らず、母親に対する憎しみはどんどん増えていき、「殺したい」程の憎しみになっていった。


妹→「尿管結石事件前」の自分は妹に対してかなりの劣等感と憎しみを感じていた。何故なら自分の人生が挫折し続けているのに、妹の人生の方は上手くいっているから。そして、妹が母親とコミュニケーションを取り続けていたから。よって妹とのコミュニケーションは1年程途絶え、尿管結石が発症。その後当時の自分は尿管結石発症の原因を「家庭内孤立状態」と結論付けた。


しかし、一方でこの尿管結石発症の発端が「妹の出すドア音」である事も忘れていなかった。当時の自分の心の中には、『「妹の出すドア音」がきっかけで尿管結石が発症した』との思いもかなりあった。当然妹に対する憎しみはさらに悪化し、「殺したい」程の憎しみとなっていた。



う〜ん、エグい。このように「尿管結石事件」後の自分は、家族それぞれに等しく「殺したい」程の憎しみを感じていました。そして、それを必死に抑えて、再び家族3人とコミュニケーションを取り始めた、という事になります。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村