鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。skipper1242でツイッターもやってます。

15年に渡る家庭内戦争状態(過去編・2004年3月・28歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「母親への憎しみが増大していった経緯(過去編・2004年3月・28歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、自分がどのようにして母親に対して「殺したい」程の憎しみを募らせていったのか、考えてみました。今回の記事も母親に対する憎しみについて考えていきます。2つ目の大学を休学していた頃の自分は、家に対して切実に「居場所」「安心」「暖かさ」を求めていました。しかし、家の中では母親が15年間に渡って父親の事を一方的に激しく糾弾し続けており、戦争状態が15年間続いていたのです。そこで24歳の自分はその仲裁に乗り出しました。自分は母親に対してこのように説得を試みました。


「親父の事を糾弾したって、親父のダメな部分は変わらないんだから、もういい加減諦めろよ!」


しかし、母親の中に蓄積していた15年間の「不信」はかなり根深く、自分の言葉が通じるような状態ではありませんでした。そのうちに自分は母親の説得に無力感を感じるようになっていきました。そして、いつまで経っても家の中を戦争状態に陥れ続ける母親に対して憎しみを感じるようになっていったのです。



その後自分は大学に復学しますが、それも失敗し、さらにバイトでも挫折し続けました。自分はさらに切実に家の中に「居場所」「安心」「暖かさ」を求めるようになっていったのですが、母親の糾弾姿勢は相変わらず変わりません。自分の中の母親への憎しみは、外の世界で挫折すればする程増大していき、それは「殺したい」程の憎しみになっていったのでした。自分は母親と全くコミュニケーションを取らなくなり、それは2年程続いていました。




さて、このような状況で「尿管結石事件」が起こりました。(2003年10月・27歳)自分はこの事件でさらに甚大な肉体的・精神的ダメージを受ける事となり、さらに衰弱しました。また、自分はこの事件により、父親・妹に対しても「殺したい」程の憎しみを感じるようにもなっていました。



しかし、一方で当時の自分は、この尿管結石の原因は家庭内での完全孤立状態にあったと、考えました。実際、当時の自分は尿管結石が発症する1〜2ヶ月前から、家族内で完全孤立状態に陥っていたのです。もちろん、社会生活においても脱落寸前でした。そこで自分は尿管結石の痛みを再発させない為には、家族とのコミュニケーションを復活させるしかないと決意しました。そこで、家族に対する「殺したい」程の憎しみを必死に抑えて、家族とのコミュニケーションを復活させたのです。



さて、その中で自分が母親に対してどう感じていたのか、という話になります。自分は病院から退院してくると、両親、妹が揃う場に顔を出し、憎しみを必死に抑えてコミュニケーションを取りました。そこで自分が注目していたのは、母親が父親の事を相変わらず糾弾しているのかどうか、です。




そう、先程も書きましたように、自分が母親に対して感じている憎しみの元凶はまさにそこにありました。母親が15年以上に渡って父親の事を糾弾しているせいで、我が家は15年以上戦争状態にあり、そこに「自分の居場所」「安心」「暖かさ」の欠片も無かったからです。もちろん、この長年の戦争状態に対する本当の責任は全て父親にありました。父親が酷いトラブルを持ち込み続けたせいで、母親はそれに振り回され続け、病んでいったからです。しかし、当時の自分はその酷いトラブルの詳細をほとんど知りません。ですから「母親さえ糾弾を辞めれば、我が家は平和になるのに」と考えていたのです。



このように自分の憎しみの元凶は、「母親の糾弾姿勢」にありました。ですから、尿管結石事件後に家族とのコミュニケーションを復活させた際も、そこが最重要ポイントでした。自分が母親とコミュニケーションを取らなくなってからすでに2年くらい過ぎていました。その間に母親の糾弾姿勢がどう変わったのか、まずはそれを確認したかった記憶です。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村