鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。skipper1242でツイッターもやってます。

母親の糾弾姿勢が鎮静化した理由(過去編・2004年3月・28歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「15年に渡る家庭内戦争状態(過去編・2004年3月・28歳)」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、自分が「尿管結石事件」後に家族とのコミュニケーションを再開させた、という話でした。そして、その際に母親の糾弾姿勢に注目していた、という話でした。「尿管結石事件」とは自分が27歳の時に発生した事件です。この事件を端的に説明させて貰いますと、ある日自分が尿管結石の激しい痛みに襲われ、父親に助けを求めた所、「こんな時に頼りやがって!!」という血も凍るような暴言を吐かれた、という話になります。事件の詳細はこちらです。



さて、先程も書きました通り「尿管結石事件」後に自分は家族とのコミュニケーションを再開させ、「母親の糾弾姿勢」に注目していました。母親は15年間以上に渡って父親の事を激しく糾弾し続けており、それによって我が家は戦争状態に陥っていたからです。一時は自分が母親に働きかけ、その戦争状態を終わらせようと試みた事もあったのですが、その試みは挫折しました。そして、そこから母親に対する憎しみが増大していった、という経緯もありました。



自分は家族とのコミュニケーションを再開する中で、母親が父親にどう接しているのか注目していました。すると、以前のような病的な程激しい糾弾姿勢は少し沈静化している印象を受けたのです。そう、自分が家族とのコミュニケーションを再開して以降、母親が父親の事を激しく糾弾する場面は見なかったように思います。



ただし、それはあくまで表面上の落ち着きであり、少しでも父親のトラブルの話を掘れば、母親からすぐにいつもの激しい糾弾姿勢が出てくるであろう事は予想出来ました。今現在の落ち着きはホントに表面上だけの落ち着きであり、母親の心の中には相変わらず父親への膨大な不信感のマグマが煮えたぎっているであろう事も感じられたのです。それは母親の言葉の節々や表情の暗さや時々見え隠れする不穏な言動からも充分伺えるものでした。


しかし、表面上だけとはいえ、母親の糾弾姿勢が少し沈静化しているのは、喜ぶべき事でした。実際、母親の糾弾姿勢はここから10年くらいかけて徐々に収まっていく事となります。ではどうして母親の糾弾姿勢が収まっていったのか、という話になります。



まず大きな理由は、父親方の親類トラブルがようやく決着した事です。そう、これは大きかったですね。この問題こそが母親の激しい糾弾姿勢の根本にあったものでした。この問題は本当に根深く、解決の糸口さえ見つからないまま15年以上の年月が流れていました。ですから、母親の激しい糾弾姿勢も自分が小学校3年生の頃から15年間延々と続いたのです。



ところが、2001年の春にこの問題は一気に解決する事となりました。この時の自分は25歳で、2つ目の大学に復学した頃の話です。とは言いましても、それは父親や母親が動いたから解決したのではなく、勝手に解決したのでした。どういう事かと言いますと、親類トラブルの大元となっていた父親方の祖母が亡くなったのです。これにより呆気なく父親方の親類トラブルは一気に解決したのでした。



この親類トラブルの概要ですが、時を遡る事15年ほど前(1985年)、父親方の祖母と叔父が、勝手に我が家の近所に引っ越して来てしまったんですね。そして、同時期にうちの両親は自宅で開業をしました。新規事業を軌道に乗せる為に両親は昼夜を問わない仕事の依頼に滅茶苦茶忙殺され、消耗し切っていきました。そこに加えてのこの親類トラブルだったのです。これによってこの2人をどう扱うかで、うちの両親間で意見が激しく対立し、我が家は戦争状態に突入していってしまいました。そして、その戦争状態が15年間続いたのです。



その後、我が家にはこの親族トラブル以外にも様々な酷いトラブルが次々と発生しました。それらは全て父親によってもたらされたものでした。うちの母親はそれらの尻拭いに振り回され続け、父親に対する不信感は凄まじい勢いで増大していき、心を病んでいったのです。




しかし、2001年の春に祖母がなくなり、それに伴い父親方の叔父が、遠くの親戚に引き取られる事となりました。これによって、両親の間の大き過ぎる火種がようやく鎮火する事となったのです。自分が家族とのコミュニケーションを再開した際に、「母親の糾弾姿勢」に鎮静化の兆しを感じたのは、こういういきさつがあったからなのです。




ちなみにうちの母親は最近(2021年10月頃)こう語っていました。「(父親方の)お母さんが亡くなった事を聞いた時、目の前の黒い雲が一気に晴れていったような気がした。それによって私がどれだけあの二人の存在に苦められていたのか、認識した。」、と。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村