鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

戦争状態の家庭環境がもたらす害悪(過去編・2004年3月・28歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「母親の糾弾姿勢が鎮静化した理由(過去編・2004年3月・28歳)」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、「尿管結石事件」後の自分が母親と再びコミュニケーションを取り始めた際の話でした。今回の記事もその頃の話を書かせて貰います。その際自分は、母親が相変わらず父親の事を激しく糾弾しているのではないかと、懸念していました。うちの母親は15年間に渡って父親の事を糾弾し続けており、それによって我が家は15年間戦争状態に陥っていたからです。


前回の記事にも書きましたが、その戦争状態は自分が小学校3年生の頃から始まり、25歳になる頃まで続いていました。その中で両親は全てのエネルギーと時間を仕事と夫婦喧嘩に使い尽くし消耗し切っており、子供であった自分の存在が省みられる事は全くありませんでした。自分は元々親に対して自己表現を諦めていた子供でしたが、小学校3年生以降さらにそれは悪化し、日々の出来事や感情は全く言語化される事なく、記憶の海の底に沈んで行く事となりました。


自分はその後学校生活において、数々の失言、暴言を繰り返し、心身を病んで行く事になるのですが、その元凶がこの家庭環境をあった事は間違いありません。自分は戦争状態の家庭内において自己表現の訓練を何も積んでいませんでした。子供の自分は学校で起きた日々の出来事を全く家で喋りませんでしたし、逆に親がそれを引き出す事もありませんでした。よって日々の記憶は全く言語化されないまま、「カオス状態」で沈んでいく事となったのです。こうなると、自分は自分自身に関する根本的なデータですら把握できなくなったのです。例えば自分が何が好きで何が嫌いで、何が得意で何が不得意で、といったデータです。そして、日常生活における日々の記憶の蓄積自体もほとんど成されていません。



さらに家庭環境による害悪は続きます。自分は「自分という存在に対する自信」を幼い頃から「家庭内において」失い続けていったのです。両親は自分に対してひたすら無関心であり続けましたし、小学校3年生以降は完全放置状態になっていきました。うちの両親は衣食住と言った物質的な面は何不自由なく育ててくれましたが、精神面においては完全に子供の自分を放置していたのです。これにより自分の方も両親に対して何の信頼も愛情も感じる事なく成長していく事となったのです。両親からの愛情を感じていない子供が自分に自信を持てるはずがありません。



このように自分は幼い頃から家庭内で自信を失っている子供であり、コミュニケーションに関しても全く訓練されていない子供でした。この状態で学校生活に放り投げられた結果、数々の失言、暴言事件が引き起こされたのです。そして、当時の自分はそれらの挫折経験を誰にも相談する事が出来ませんでした。親にさえ心を開いていない自分が、他人に心を開けるはずがありません。



よって数々の挫折経験は何一つ消化される事なく、何一つ整理整頓される事なく、カオス状態のまま記憶の海の底に沈んでいく事となりました。もちろん自分が「自分に対する自信」をさらに失っていったのは言うまでもありません。そして、カオス状態の記憶は他のカオス状態の記憶と混ざり合い「超カオス状態」になっていったのです。これは「記憶のゴミ屋敷状態」です。こうなるとその記憶を後から思い出すのは至難の業です。自分は自分自身の健康状態の悪化にすら気付けなくなっていきました。



先程「数々の挫折経験は何一つ消化される事なく、何一つ整理整頓される事なく、カオス状態のまま記憶の海の底に沈んでいく事となりました。」と書きました。この「カオス状態で記憶の海の底に沈んでいった挫折経験」=「トラウマ」と言って良いと思います。つまり自分の人生は、トラウマがどんどん記憶の海の底に溜まっていき、さらにトラウマ同士が混ざり合い「超トラウマ」状態になっていった人生、とも言えると思います。


そして、トラウマが超トラウマ状態になっていく過程で、自分の心身はどんどん病んでいき、鬱がどんどん悪化していった、そういう28年間だったのです。(人生年表と鬱悪化のフローチャートこちら)



話が脱線してしまいました。話を「尿管結石事件」後に戻します。「尿管結石事件」後に自分は、母親と再びコミュニケーションを取るようになりました。そして、そこで母親が相変わらず父親の事を糾弾し続けているのか、注目していたのです。すると、母親の姿勢は以前と比べると少し鎮静化してきているようでした。一時期その糾弾姿勢は病的とも思えるほどの激しいものでしたが、この時には表面上は収まってきていたのです。それはホントに表面上だけの鎮静化でしたが、それでも良い変化の兆しではありました。自分はそこに関して意外な気持ちになった記憶があります。「母親の病的な糾弾姿勢が、表面上とはいえ、鎮静化してきている!」、と。



今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村