鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。skipper1242でツイッターもやってます。

「何故自分の28年間はただひたすら孤独だったのか??」という疑問(過去編・2004年3月・28歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「戦争状態の家庭環境がもたらす害悪(過去編・2004年3月・28歳)」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、両親の間の長年の戦争状態が、いかに子供の自分の人生を破壊していったのかについて考えてみました。今回の記事は、「尿管結石事件後」の話に戻ります。「尿管結石事件」とは自分が27歳の時に発生した事件です。この事件を端的に説明させて貰いますと、ある日自分が尿管結石の激しい痛みに襲われ、父親に助けを求めた所、「こんな時に頼りやがって!!」という血も凍るような暴言を吐かれた、という話になります。事件の詳細はこちらです。



自分は 「尿管結石事件後」家族と再びコミュニケーションを取り始めました。そして、そこで母親の態度にとても注目していました。そう、母親が父親の事を相変わらず激しく糾弾しているのかどうかに注目していました。母親の激しい糾弾姿勢は15年間続いており、それは自分が説得しても全く衰える事が無かったからです。ところが2年ぶりに母親と喋ってみますと、その糾弾姿勢が少し鎮静化しているように見えました。それは驚くべき変化でした。永遠に続くくらいの勢いで続いていたそれが鎮静化の兆しを見せていたのですから。自分はその変化に関しては好意的に受け止めた記憶です。




しかし、それで自分が母親に感じていた「殺したい」程の憎しみが減る事はありませんでした。何故ならその糾弾姿勢は15年間続いたものだったからです。確かにここ1〜2ヶ月間は少し鎮静化しているように見えますが、それはすぐにまた表面化するかもしれません。何せ15年間延々と続いたものですからね。自分は母親の糾弾姿勢の鎮静化に驚きつつも、一方でいつまたそれが表面化するか、かなり冷や冷やしていた記憶もあります。



さて、そんな感じで自分は家族とコミュニケーションをとり続けました、両親、妹、自分の4人で喋る事もありましたし、両親、自分の3人で喋る事もありました。自分は相変わらず家族に対する「殺したい」程の憎しみを必死に抑えながら、家族とコミュニケーションを取り続けました。家族とコミュニケーションを取り始めてからも、その憎しみは全く減らなかった記憶です。そして、コミュニケーションを取り始めて2ヶ月経った頃でじょうか。自分はこういう気持ちになっていったのです。


「自分の28年間は、何故に社会のどこにも居場所を作る事が出来なかったのだろうか。その謎を解いてみたくてたまらない。両親との話の中でその謎を解く事は出来ないだろうか?」




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村