鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

母親と喋り始める②〜尿管結石事件⑥(2007年12月・31歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「母親と喋り始める〜尿管結石事件⑤(2007年12月・31歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、自分が母親に対してどのように憎しみを募らせていったのか、その流れをまとめてみました。その流れは以下の通りです。



自分が2つ目の大学生活でも全く居場所が作れず、さらに鬱が悪化。当時の鬱の諸症状はこちら→ 大学入って鬱が3倍酷くなった話


「せめて家の中くらいは自分にとって平穏な居場所であって欲しい!!!」、との思いがかなり強くなる。



しかし、家に帰ると相変わらず母親が父親を一方的に責め続けており、平穏な居場所どころか10年以上続く戦争状態は全く変わっていない。むしろさらに悪化している。

自分は無いエネルギーを振り絞って両親の仲介を試みるも見事に失敗。それによりかなりの無力感と虚無感が発生し、それが裏返って、母親への猛烈な憎しみに変わる

母親は自分が幼い頃「離婚したい、離婚したい」とよく泣いていた。そこで、自分は「昔から離婚する、離婚する言ってたけど、そんなに親父の事を責め続けるくらい嫌なら離婚すれば良かったじゃないか!!!」と激しく責める事になった。



引用終わり



こんな感じで自分は母親の事を激しく責めていたのですが、母親が父親の事を責める姿勢は全く変わりません。自分はもはや疲れきってしまい、尿管結石発症の1年くらい前から母親と喋る事は一切無くなっていた印象です。そう、この頃から自分にとって母親は「殺したい」程憎い存在になっていった記憶です。コミュニケーションを取る事さえおぞましい存在になっていきました。そんな没交渉状態が1年くらい続いた時に尿管結石が発症したのです。



話は尿管結石当日に戻ります。2003年の10月のある日、自分(27歳)は尿管結石を発症し、そのあまりの痛みに病院に担ぎ込まれました。そして発症から2〜3時間の間に自分は以下の精神的・肉体的ダメージを受けました。



・尿管結石発症の際に父親から信じられない暴言を食らった。(詳しい話はこちら→〜痛みに悶える自分に父親が言い放った破壊的暴言〜尿管結石にのたうち回った1日②)


・尿管結石の凄まじい痛み


・尿管結石の痛みが余りに凄まじいので「殺したい」程憎い父親に看病を頼らざるを得ない。後から考えるとこれは「屈辱感」という言葉ではとても言い表せない程の「汚辱感」。


・尿管結石の痛みが収まってくると自分の中で凄まじい安堵感が発生し、その安堵感を父親と共有してしまった。一方、痛みが収まってきた事で自我が復活し、父親に対する「殺したい」程の憎しみも復活していた。つまりこれは、「殺したい」程憎い父親と安堵感を共有してしまった、というかなり両価的な状況。自分の心は真っ二つに引き裂かれ、そこでも精神的ダメージが発生。




上記の精神的・肉体的ダメージの数々によって自分の心身はかなりの虚弱状態に追い込まれていきました。ここまで追い込まれてしまうと、自分の中には「ここまで来たら母親と喋るのもやむを得ないのではないか」という気持ちが浮かんできたんですね。そう、本来なら自分にとって母親は「殺したい」程憎い存在であり、そんな母親と喋る事などあり得ない話です。もし喋るとなると自分の中に激しい自己矛盾の嵐が巻き起こるのは分かりきっています。しかし、この時の自分はかなり衰弱していましたし、「殺したい」程憎い父親とも喋ってしまっている状態です。そう、すでに父親に看病して貰った事で強烈な自己矛盾の嵐が自分の中で発生している状態でありました。こうなってしまうと、もはやヤケになってしまった感じもあったような気がします。すでに自己矛盾の嵐が発生している以上、1個発生しようが2個発生しようが同じだ、的な感じです。




そこで自分は尿管結石の痛みが収まってくると、母親と喋り始めました。夜11時くらいでしたかね。自分はベッドの上で身を起こした状態で、両親は立っていた記憶です。自分が母親と喋るのは1年ぶり。とは言っても自分が母親に喋りかける口調はかなり喧嘩腰だったですね。何故なら本来なら自分にとって母親は「殺したい」程憎い人間なのです。自分が母親に喋りかけた第一声は覚えてないのですが、たぶん「何しに来た訳??」って感じだったと思います。すごく邪魔くさそうな感じで言いましたね。実際には母親は自分の入院用の下着とかを持ってくる為に病室に来ていたのですが、そんな事は当時の自分は知りません。それに対して母親の方もすごく不機嫌そうな感じで「下着を持ってきたんじゃない!」と早くもキレていたような。それでね〜、自分はそこからまた母親の事を強く責め始めた記憶です。そう、やはり母親と顔を合わすと激しいムカつきが蘇ってしまい、例の「離婚」云々の件を自分は責め始めてしまったのです。そして、それに対して母親も言い返してきまして、口論はヒートアップ。かなり激しい口論が繰り広げられた記憶です。どちらも一歩も引きません。先程も書きました通り、この口論は自分から仕掛けたものではありました。しかし、その事はさておき、あの時の自分はこの口論の最中こんな悲しい気持ちにもなったのを覚えています。



「おぃおぃ、俺はついさっきまで尿管結石の凄まじい痛みでのたうち回っていた病人だぜ???血尿もドバドバ出たし、嘔吐もした。母親もそれを見ていたはずだ。その直後の病人相手にこんな激しい口論するもんかね、、」、と。





今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others




PVアクセスランキング にほんブログ村