鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。skipper1242でツイッターもやってます。

「自分の人生はただひたすらに人間関係で挫折を繰り返し、大学空手部も大失敗し、心身が壊れていくだけの人生だった」③(過去編・2004年9月・28歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 「自分の人生はただひたすらに人間関係で挫折を繰り返し、大学空手部も大失敗し、心身が壊れていくだけの人生だった」②(過去編・2004年9月・28歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、自分が「大学空手部の3年間=全くの無駄」という結論に辿り着き、それを受け入れていった、という話でした。当時の自分の年齢は28歳で、2004年9月頃の話になります。今回の記事もこの結論についての話になります。この結論は自分にとってただひたすら理不尽で悲しいものでした。何故なら自分が死の恐怖に必死に耐え続けた3年間が全くの無駄だったのですから。自分は空手部の3年間で自殺願望を発症していました。自分はこの3年間に膨大なエネルギーと時間と自身の「生命」すら賭けていたのです。



しかし、それは全くの無駄だったのです。空手部の3年間が終わってみると、空手部に入った当初の目的はまるで果たされていませんでした。それどころか目的とは180度真逆の結果で終わってしまったのです。ではここで、「空手部に入った当初の目的」と「その結果」をまとめたものを貼りたいと思います。以前の記事でまとめたものになります。


・大学空手部に入部当初の目的

「体力を付けて、自信を付けて、コミュニケーション能力を改善させたい。そして充実した大学生活を送りたい。」


・空手部入部から3年後の結果

「空手部の稽古に対する死の恐怖を3年間耐え続けた結果、鬱は3倍に悪化。そして、体調も3倍悪化し、被害妄想も3倍悪化。さらにコミュニケーション能力も3倍悪化。当然大学内では完全孤立し、死の恐怖に怯え続けただけの3年間。」



う〜ん、見事に裏目ってます。そして、空手部引退直後の自分は、この残酷な結果を認める事が出来ませんでした。当時の自分にとってこの結果は余りにも残酷で理不尽過ぎました。これを認めたら発狂していた事でしょう。



それから6年後、自分は部屋に引きこもる事になりました。これによりこれまでの28年間の人生が大失敗に終わった事が明白になったのです。ここで自分の中には、「もしかして空手部の3年間って全くの無駄だったのでは??」という問いが浮かびました。そこでノートを開き、「空手部の頃の記憶」や「空手部引退以降の記憶」をひたすら書いていきました。その結果ようやく「大学空手部の3年間=全くの無駄」という結論を受け入れる事が出来ました。



しかし、その結論を受け入れるまではかなりの精神的辛さがあった記憶です。何故なら自分が心身の健康を犠牲にしてまで取り組んだ空手部の3年間がまるで無駄になってしまったからです。あまりにも空手部当時の自分が愚か過ぎますし、悲し過ぎます。



ところが、一度この結論を受け入れてしまうとかなり納得出来る所もありました。自分の人生を大きな流れで見てみると、「大学空手部の3年間=全くの無駄」という結論はこれ以上なくピッタリはまるように思えたのです。



そう、この結論により自分の人生の大きな流れが見えてきました。その流れとは


「自分の人生はただひたすらに人間関係で挫折を繰り返し、大学空手部も大失敗し、体調が酷くなっていくだけの人生だった」


です。この流れが見えてきた事は、自分が「自分自身」を知る上でとても大きかったと思います。



今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村