鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。skipper1242でツイッターもやってます。

自分の人生はクソみたいな人生だったが、それを認識出来ていない状態よりは余程マシ③(過去編・2004年9月・28歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「自分の人生はクソみたいな人生だったが、それを認識出来ていない状態よりは余程マシ②(過去編・2004年9月・28歳)」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事も、自分が「大学空手部の3年間=全くの無駄」という考えを受け入れていった、という話でした。当時の自分は28歳です。古本屋バイトを辞め、完全に社会生活から脱落してしまいました。自分は部屋に引きこもり始め、ノートにひたすら過去の記憶を書く生活が始まりました。自分はその中で「自分のこれまでの28年間が大失敗に終わった」という事実を認めていきました。さらに「大学空手部の3年間=全くの無駄」という考えが思い浮かび、その考えをノートを書く中で受け入れていったのです。



そして、自分はここに至るまでにすでに3〜4ヶ月間記憶のサルベージ(言語化)を進めてきていました。その中で自分のこれまでの28年間の人生をこのようなイメージで捉えるようになっていました。


「自分の人生はただひたすらに人間関係で挫折を繰り返し、心身が壊れていくだけの人生だった。」


そして、このイメージと、「大学空手部の3年間=全くの無駄」という考えがぴったりハマったんですね。



そう、自分は部屋に引きこもってノートを書いていく中で、大学空手部時代の自分がさらに心身を壊していった事も認識していきました。ですから、「大学空手部の3年間=全くの無駄=心身が壊れていっただけの3年間」とも言えるのです。そして、この構図は先程の大きな流れ


「自分の人生はただひたすらに人間関係で挫折を繰り返し、心身が壊れていくだけの人生だった。」


にぴったりハマります。自分はノートを書きながらそれに気付き、嬉しくなった記憶です。それはこんな気持ちです。



「ああ、なるほど。自分の人生は大学空手部時代も含めて、心身が壊れていく一方だったのだな。そして、自分の人生の中で最も心身が壊れていった時期が空手部時代だったのだ」



今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村