鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。skipper1242でツイッターもやってます。

自分の人生はクソみたいな人生だったが、それを認識出来ていない状態よりは余程マシ②(過去編・2004年9月・28歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「自分の人生はクソみたいな人生だったが、それを認識出来ていない状態よりは余程マシ(過去編・2004年9月・28歳)」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、自分が「大学空手部の3年間=全くの無駄」という結論を受け入れていった、という話でした。この時の自分は28歳です。時期的には全ての人間関係から脱落し、引きこもり状態に突入し始めた頃の話になります。自分は上記の結論を受け入れていくにあたり、ノートに自分の気持ちや空手部時代の記憶を書きまくっていきました。そして、この残酷な結論を受け入れていったのです。



この結論を受け入れた事で、自分の人生の大きな流れが見えてきました。その流れとは、


「自分の人生はただひたすらに人間関係で挫折を繰り返し、大学空手部も大失敗し、心身が壊れていくだけの人生だった」


です。この流れが見えてきた事はかなりの収穫だった記憶です。何故なら自分がこのように過去の記憶をノートに書きまくっていたのには、目的がありました。その目的とは、


「何故に自分の人生はどこにも居場所が作れず、社会から脱落する羽目になってしまったのか??」


という謎を解く、です。この謎を解く為には、自分がどのような人生を送ってきたのかを正確に知る必要がありました。自分のそれまでの28年間は本当にクソみたいな人生でしたが、そのクソみたいな人生を正確に知らない事には上記の謎は解けません。ですから、「大学空手部の3年間=全くの無駄」と認め、自分の人生の大きな流れが見えてきた事は、自分の過去を知る上でとても大きな一歩だったのです。



何度も書いていますが、「大学空手部の3年間=全くの無駄」を認める事自体はかなり精神的に辛い作業でした。しかし、それを認めた上で、その「空手部の3年間」を自分の人生の大きなネガティブな流れの中に当てはめてみると、ピッタリとハマったという感じです。自分は心底納得しました。「なるほど!自分の人生はただひたすらに人間関係で挫折を繰り返し、大学空手部も大失敗し、心身が壊れていくだけの人生だったのだ。」と。



今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村