鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。skipper1242でツイッターもやってます。

小学校3年生以降、記憶から色が抜け落ちている事に気付き、驚愕(過去編・2004年9月・28歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 クソみたいな人生でもそれを認識出来ていないよりは余程マシ(過去編・2004年9月・28歳)」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、自分が自分自身の過去を知っていく行為に知的興奮を覚えていた、という話でした。当時の自分は28歳です。部屋に引きこもり始め、自分の過去をひたすらノートに書いていました。そこで言語化される過去はトラウマだらけで、書きながら何度泣いたか分かりません。しかし、そんな人生でも知らないよりは全然マシでした。自分は自分自身がどのような人生を歩んできたのかを心の底から知りたかったのです。それを知れば以下の謎が解けるはずだと思っていました。


「何故に自分の人生はどこにも居場所が作れず、社会から脱落する羽目になってしまったのか??」


そう、この謎を解くためには、自分の28年間がどのようなものだったのか、正確に知る必要がありました。そして、謎解きの為の材料は多ければ多い程良い。ですから、自分は思い出す記憶がトラウマだらけでも、それをひたすら言語化し続けるしかありませんでした。


その結果、記憶のサルベージ(言語化)を始めて3〜4ヶ月後には、以下の6つの大きな発見をする事が出来ました。



①自分のこれまでの28年間の人生が大失敗に終わった。

②高校時代に「鬱」を発症していた。

③「大学空手部の3年間」もまるで無駄であった。

④大学空手部の3年間で鬱がさらに3倍悪化した。心身は「鬱の廃人」状態に陥っていた。


⑤大学空手部引退後の自分は以下の思いを支えにして生きていた。


「自分はあの過酷過ぎる空手部の3年間を耐えたのだから、体力が付いているはず!!そして、体力が付いているなら、自分に自信が付き、社会のどこかに居場所が作れるはず!!」


しかし、実際には自分の心身は「鬱の廃人」状態に陥っており、「虚構の体力と自信」を捏造してすがっていただけだった。




そして、この5つの発見によって自分の28年間の人生の大きな流れが見えてきました。その流れとは、


「自分の人生はただひたすらに人間関係で挫折を繰り返し、大学空手部も大失敗し、心身が壊れていくだけの人生だった。」


です。この流れが見えてきたのは大きかった。これによって上記の謎解きに一歩近付いた気がしました。



その後、自分は小学校時代の記憶をノートに書き始めました。そして、そこでも驚く事となったのです。それは小学校3年生の頃の記憶を書いていた事です。この頃我が家は引っ越しをして、父親が自宅で開業する事になりました。そして、この「引っ越し前の記憶」と「引っ越し後の記憶」を比べた所、引っ越し前の記憶には「色」が付いていたのですが、引っ越し後の記憶からは「色」が一切抜け落ちていたのです。小学校3年生「以前」の記憶には鮮やかな色が付いているのですが、小学校3年生「以降」の記憶はず〜っと灰色。つまり、小学校3年生の引っ越しを境目にして、記憶の色が明らかに変わっているんですね。



これもびっくりしましたねぇ。「えっ???一体小学校3年生の時に何が起こったんだ???」って感じ。そして、そこから小学校3年生付近の記憶をノートに書いていきました。すると、この小学校3年生時の引っ越しを境目にして、我が家が戦争状態に陥っていた事を思い出したのです。そう、まずは父親が自宅で開業した事で、両親共にそれに滅茶苦茶忙殺される事となりました。母親も仕事の手伝いをし始めたのです。さらに開業がきっかけで、父親方の親類トラブルが勃発。これが原因で夫婦仲が滅茶苦茶悪化しました。つまり、うちの両親は開業以降、全てのエネルギーと時間を事業と夫婦喧嘩に投入し始め、消耗し切っていったのでした。



こうなると当然子供の自分の事など全く眼中にありません。そもそもうちの両親は「開業前」から子供の自分に無関心でしたが、これが「開業後」それは悪化の一途を辿ったのです。また、我が家の近くには頼りになる親類縁者が誰もいませんでした。母親方の親類縁者は遠く離れた九州にいましたし、父親方の祖母と叔父は近く住んでいましたが、その存在こそが先程の親類トラブルの元になっていたのです。父親方の親類縁者に関しては、遠くにいた方が余程マシな存在でしたね。このように近くに頼りになる親類縁者が一切いなかった事も、家の中の荒廃に拍車を掛けていたと思います。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村