鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。skipper1242でツイッターもやってます。

サッカー日本代表の敗退を心の底から願っていた〜引きこもり中の鬱の諸症状⑧(過去編・2005年1月・29歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 ワールドカップのサッカー日本代表戦中に感じた激しい殺意〜引きこもり中の鬱の諸症状⑧(過去編・2005年1月・29歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、自分が引きこもっていた当時のサッカーのワールドカップに関する被害妄想の話でした。当時の自分は29歳です。全ての社会生活と家族関係から脱落し、部屋に引きこもって過去の記憶をノートにひたすら書く日々を過ごしていました。



当時の自分は被害妄想が病的(×6倍)に酷くなっていました。そして、ちょうどその頃にサッカーワールドカップの日本代表戦が深夜に行われていたのです。故に母親と妹が深夜にサッカー日本代表のワールドカップ予選を楽しみ、歓声を上げている事に対して、溢れ出る殺意を感じていました。その殺意を構成していた要素は以下の4つになります。前回の記事でまとめたものになります。


①ノートにひたすら過去のトラウマを書いていく事で感じるストレス。これは大学空手部時代を始めとする数々のトラウマを再体験するという事であり、これだけでも発狂もののストレス。


②当時の自分は母親と妹に対して「殺したい」程の憎しみを感じていた。そんな母親と妹が仲良さげにサッカーを見ている事が許せない。


③自分は全ての社会生活と家族関係から脱落して、ひたすらトラウマと向かい合っていた。一方、母親と妹はお気楽にサッカーを楽しんでいる。この格差に対する凄まじい憎しみ。


④深夜の時間帯(1時以降)に騒がれることに対する憎しみ。普段この時間帯は、他の家族は寝ていて、自分一人だけの落ち着く時間帯。その落ち着く時間帯を土足で荒らされているような激しい憎しみ。



いや〜、ホントに上記の4つの憎しみは凄まじかった記憶です。これによって自分は溢れ出る殺意を我慢する事が出来ず、歓声が聞こえてくるたびに「あ"〜〜〜〜〜っっっ!!!」と大きな奇声をあげ、床をガンガン蹴っていました。あれはマジでぶっ殺したいくらいの本能的な殺意でした。



そう、ですから自分はワールドカップが行われる深夜になると、時には予めキツイ耳栓をして、その歓声をシャットアウトしていた事もありました。これならば、歓声が聞こえてくる事はありません。そして、歓声をシャットアウトした上で、ノートにトラウマを書き進めていったのです。



しかし、耳栓をしていても激しい殺意はほとんど減らなかった記憶です。まずは歓声が聞こえようが聞こえまいが、下で母親と妹がワールドカップを仲良さげに楽しんでいる状態に変わりはありません。そして、トラウマの言語化が辛い事にも変わりがない。つまり、歓声が聞こえてこなくても、上記の構成要素の①〜③のストレスは全く変わらないのです。


そして、④も同様です。耳栓をすれば歓声は聞こえませんが、普段は静かな深夜に耳栓をしなければならない状態そのものが、ムカついて仕方ないのです。よって、耳栓をして歓声が聞こえなくなっても、ほとんど①〜④のストレスは変わりません。つまり、激しい殺意はほとんどそのままでした。


このように自分は耳栓をして、ワールドカップの時間帯を必死に耐える事もありました。しかし、歓声が全く聞こえませんから、日本戦の行方がどうなっているのか、全く分かりません。自分は一刻も早くこの地獄の日々が終わって欲しかったですから、試合が始めると心の底から日本チームが負ける事を念じていました。



そして、試合開始から1時間くらい経つと、自分は恐る恐るTVを付けて途中結果を確認します。そこで日本チームが負けているとかなり安堵したものです。さらに1時間くらい経つと、自分は試合結果を見る為に再びTVを恐る恐る付けます。ここで、日本チームが負け、さらに予選敗退や本選敗退が決まると本当に嬉しかった。これで次のワールドカップまでは静かな深夜が続くのですから。



ただし、この頃の日本代表チームは強かったですから、試合に勝つ事も多く、その時の自分の落胆っぷりはありませんでした。「この地獄の日々がまだ続くのか、、」という絶望です。



あの時代、日本全国が日本のサッカー代表の勝利を祈っていたと思いますが、自分程必死にその敗退を祈っていた日本人はまぁ珍しかったのではないかと思います。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。












PVアクセスランキング にほんブログ村