鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。skipper1242でツイッターもやってます。

ワールドカップのサッカー日本代表戦中に感じた激しい殺意〜引きこもり中の鬱の諸症状⑧(過去編・2005年1月・29歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 被害妄想と憎しみは表裏一体〜引きこもり中の鬱の諸症状⑧(過去編・2005年1月・29歳)」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、自分が引きこもっていた時期の被害妄想についての話でした。当時の自分は29歳です。全ての社会生活と家族関係から脱落し、部屋に引きこもって過去の記憶をノートにひたすら書く日々を過ごしていました。


当時の被害妄想の苦しみには様々なものがありましたが、前回の記事ではサッカーの日本代表予選が行われていた際の凄まじい殺意について書かせて貰いました。当時TVでオリンピックのサッカー予選を深夜にやっていまして、それが日本中からかなり注目されていました。確かTVの視聴率が50%とか行ってた記憶です。自分は幼い頃から喘息に苦しんでいましたから、スポーツ全般に対して興味が全くありませんでした。まして、この頃の自分は全ての社会生活と家族関係から脱落して引きこもりになっています。自分より遥かに人生が上手くいっている同年代のサッカー選手を応援する気になるはずがありません。



一方母親の方はこういう国民的なイベントがかなり好きな人でした。ですから、サッカーの代表選の予選の日だけは深夜まで起きていまして、それを妹と観戦していたのです。そして、ゴールが決まると歓声を上げ、その歓声が自分の部屋にまで聞こえてくるのです。



そしてこの時の自分は、部屋に引きこもり過去のトラウマをノートに書く作業に没頭していました。トラウマをただひたすら再体験し続けるこの作業はホントに辛くて仕方なく、途中何度泣いたか分かりません。そんな作業をしている時に階下から母親と妹の歓声が聞こえてくるのです。それに対して自分はブチ切れまくっていた、という話になります。この時のストレスを前回の記事でまとめていますので、引用します。



①ノートにひたすら過去のトラウマを書いていく事で感じるストレス。それは大学空手部時代を始めとする数々のトラウマを再体験するという事であり、これだけでも発狂もののストレス。


②当時の自分は母親と妹に対して「殺したい」程の憎しみを感じていた。そんな母親と妹が仲良さげにサッカーを見ている事が許せない。


③自分は全ての社会生活と家族関係から脱落して、ひたすらトラウマと向かい合っていた。一方、母親と妹はお気楽にサッカーを楽しんでいる。この格差に対する凄まじい憎しみ。


④深夜の時間帯(1時以降)に騒がれることに対する憎しみ。普段この時間帯は、他の家族は寝ていて、自分一人だけの落ち着く時間帯。その落ち着く時間帯を土足で荒らされているような激しい憎しみ。



う〜ん、しんどい。自分は上記の凄まじい憎しみが原因で母親と妹に対する殺意が溢れまくっていました。流石に殺意を実行に移すところまでは行きませんでしたが、溢れ出る殺意を抑えきれず、歓声が聞こえてくるたびに「あ"〜〜〜〜〜っっっ!!!」と奇声をあげ、床をガンガン蹴っていました。あれはマジでぶっ殺したいくらいの本能的な殺意でした。


しかもこのようなサッカー絡みのストレスはこの後も2年おきぐらいに続いたのです。オリンピックの予選と本選が終わったと思ったら、次はワールドカップの予選が始まりましたからね。その度に自分はこの2人に対して、押さえがたい殺意を感じていました。そして、日本代表チームが一刻も早く負ける事を願って止まなかったのでした。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。












PVアクセスランキング にほんブログ村