鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

日本全国がサッカー日本代表戦で盛り上がっているのが気に食わない〜引きこもり中の鬱の諸症状(過去編・2005年1月・29歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「サッカー日本代表の敗退を心の底から願っていた〜引きこもり中の鬱の諸症状⑧(過去編・2005年1月・29歳)」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、引きこもり中の自分が日本のサッカー代表が負けるように必死に祈っていた、という話でした。調べてみましたが、オリンピックの日本代表の最終予選が2004年3月18日に行われていました。自分が殺意を抑えきれなかった試合はたぶんこれです。試合が行われた時間帯が19:20からなので、深夜ではありませんが、まぁでもムカつきまくっていた記憶です。この頃はまだまだ記憶のサルベージ(言語化)の真っ最中ですからね。自分が古本屋バイトを辞めて、部屋に引きこもったのが2003年9月ですから、その半年後くらいの話です。当時の自分は29歳です。


当時の自分がサッカーワールドカップの日本代表戦に殺意を抑えきれなかった理由は以下の4つになります。以前の記事でまとめたものになります。


①ノートにひたすら過去のトラウマを書いていく事で感じるストレス。それは空手部時代を始めとする数々のトラウマを再体験するという事であり、これだけでも発狂もののストレス。


②当時の自分は母親と妹に対して「殺したい」程の憎しみを感じていた。そんな母親と妹が仲良さげにサッカーを見ている事が許せない。


③自分は全ての社会生活と家族関係から脱落して、ひたすら過去のトラウマと向かい合っていた。一方、母親と妹はお気楽にサッカーを楽しんでいる。この格差に対する凄まじい憎しみ。


④深夜の時間帯(1時以降)に騒がれることに対する憎しみ。普段この時間帯は、他の家族は寝ていて、自分一人だけの落ち着く時間帯。その落ち着く時間帯を土足で荒らされているような激しい憎しみ。



う〜ん、キツイ。ですから、自分は日本代表戦が始まり、階下から母親と妹の歓声が聞こえてくると、溢れ出る殺意を抑えきれませんでした。自分はその度ごとに「あ"〜〜〜〜〜っっっ!!!」と大きな奇声をあげ、床をガンガン蹴っていたのです。



そうそう、思い出しました。自分が日本戦に対して憎しみを感じまくっていた理由はもう一つありました。それは「日本全体が盛り上がっているのが気に食わない」です。そう、当時はサッカーの日本代表戦が大人気で、テレビの視聴率が深夜でも50%いっていたんですね。いわば日本戦を巡って日本全国がお祭り騒ぎのようになっており、それに対するムカつきもかなりあった記憶です。そう、当時の自分は全ての社会生活と家族関係から脱落して、ひたすら過去のトラウマをノートに書いていていました。そんな時に日本全国がお祭りで浮かれているような雰囲気でしたからね。それに対しての孤立感や絶望感もかなりあったような記憶です。



実は自分が高校生の時に、サッカーの日本戦を楽しんでいた記憶もあったりします。確か修学旅行先で代表戦が行われ、それを民宿で楽しんだ記憶があります。その時はまだそういうお祭り騒ぎ的な雰囲気を楽しめたんですね。ですから代表戦で盛り上がる人達の気持ちが分かる部分もあったのです。それだけに余計、引きこもり中の自分は孤独感と絶望感を感じていたのです。自分が代表戦の盛り上がりに全く参加出来ない事に対する悲しさもかなりありましたね。



ではサッカー日本戦に対する殺意の理由、5番目をまとめてみたいと思います。


⑤自分が全ての社会生活と家族関係から脱落し、ひたすら過去のトラウマをノートに書いている時に、日本全国が日本戦の話でお祭り騒ぎになっている。それに対する悲しさと孤立感と絶望感。



いいですね。よくまとまりました。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村