鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。skipper1242でツイッターもやってます。

3歳にして親に対する感情表現を諦める(過去編・2005年3月・29歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 最も古い記憶も鬱屈していた(過去編・2005年3月・29歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事も記憶のサルベージの終盤戦の話でした。記憶のサルベージとは自分が28〜29歳の時にしていた記憶の言語化作業の事です。当時の自分は全ての社会生活と家族関係から脱落し、部屋に引きこもって、ひたすら自分の過去の記憶をノートに書く日々を送っていました。そして、部屋に引きこもってから9ヶ月後、記憶のサルベージが終盤戦に入ろうとしていました。



終盤戦に入ると自分は小学校3年生「以前」の記憶を言語化していきました。小学校3年生「以前」の記憶は、「以降」の記憶よりも格段に明るく楽しい記憶が多く存在していました。しかし、そうは言っても当時の自分が明るく無邪気な子供だった訳ではありません。その後の鬱人生を示唆しているかのような鬱屈エピソードの数々も言語化されていきました。今回の記事では、そんな鬱屈エピソードの中でも最も古い記憶について書いていこうと思います。そして、その記憶は自分が覚えている記憶の中でも最も古い記憶でありました。



それは自分が3歳の頃の記憶です。ちょうどその頃に妹が産まれています。そんなある日の事、自分と母親と妹の3人で外出する事がありました。母親は妹を背負い、自分の手を引いていました。母親は当時32歳です。そして、その日の用事が終わり、帰路についたのですが、帰りの電車の中で事件は起こったのです。その日の電車はかなり混んでいまして、席に座れない状態でした。自分と母親は満員の電車内で立って過ごしていました。するとここで自分は急に電車の席に座りたくなったのです。自分はその場でぐずり出し、「座りたい座りたい」とわがままを言い出しました。すると、席に座っていた優しい大人が席を譲ってくれたのです。母親は恐縮していましたが、自分は喜んでその席に座りました。



そして、電車は進み、最寄駅まであと1駅という所まで来ました。すると急に母親が自分の腕を掴み、その駅で降りてしまったのです。自分は不思議でなりません。まだ最寄駅には着いていないのですから。すると母親は駅のホームの端っこに自分を引っ張っていき、血相変えてこう叫びました。


「わがまま言うなら、もうここに置いていくから!!」


自分はびっくりしました。母親がかなりの剣幕で怒っているのです。そして、自分の中には悲しいとか申し訳ないとかそういう気持ちは全く無かったのですが、泣かないとこの場が収まりそうにないので、なんとか頑張って泣きました。その上で、母親に謝った記憶です。すると母親は気が収まったのか、自分と再び電車に乗り、帰っていったのでした。



さて、この事件で最も重要なのは母親に怒られた後の自分の気持ちになります。自分は母親に怒られた後、とりあえず泣いてその場を収めたのですが、その後にこんな気持ちになった記憶があるのです。それは、


「あぁ、もうこの母親に自分の感情や欲求を伝えるのは一切辞めよう。」


です。そう、3歳の自分は母親の怒る様子を見て、自分の感情や欲求を表現する事を諦めてしまったのです。なんというか、当時の自分はこの時の母親の様子に、母親のエネルギーや気力の限界を感じた記憶です。そこでこれ以上母親を困らせないよう、自分の一切の感情表現を辞めてしまおうと決めたのです。



29歳の自分はこの記憶を言語化してみて驚きました。まさか自分の中の最も古い記憶が「感情表現を辞めようと決めた」記憶だったとは。



今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村