鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

1年半ぶりのカウンセリング③(過去編・2005年9月・29歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「1年半ぶりのカウンセリング②(過去編・2005年9月・29歳)」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、29歳の自分が1年半ぶりにカウンセリングの予約を取った、という話でした。時期的には29歳の9月頃の話です。自分はそれまでの1年間、部屋に引きこもり続け、自分の過去の記憶をひたすらノートに書いてきました。そして、その中で「自分に関する大きな発見」を次々と見つけてきました。自分はこの発見の数々をカウンセラーの先生に聞いて欲しくてたまらなかったのです。また、自分は過去の記憶をノートに書き続けた結果、このような結論に辿り着いていました。


「自分の人生が28年目にして社会から完全に脱落する羽目になってしまった原因は、『自分自身が生まれつき大幅に劣っている人間だったから』ではない!『小学校3年生以降家庭環境が戦争状態に陥ってしまったから』なんだ!!」


自分はこの結論に関してもカウンセラーの先生に聞いて貰いたくて仕方ありませんでした。自分にとってこの結論はかなり大納得で大満足な結論であり、かなり痛快な結論でもあったからです。自分はこの結論によって「自分に対する自信」を一部大幅に回復させていましたから、この事を喋りたくて仕方ありませんでした。ですから、自分はカウンセリングの予約が取れて、かなり嬉しかったですし、かなりの安堵感も感じました。



何故この時の自分が安堵感を感じたのかと言いますと、H先生のカウンセリングの予約を取る事が出来たからです。そう、自分は2つ目の大学においてH先生のカウンセリングを4年間受け続けていました。そして、1年半前に2つ目の大学を退学して以降は、H先生との音信は途絶えていたのです。ですから、自分は1年半ぶりにH先生に会うのが楽しみで仕方ありませんでした。この1年半自分が何をしていたのかを聞いて貰うのが、かなり楽しみだったのです。



さて、このように自分は2005年の9月頃カウンセリングの予約を取りまして、2週間後くらいにいよいよカウンセリングの日が訪れました。待ちに待ったカウンセリングの日がようやく来たって感じでしたね。自分は嬉しい気持ちで電車に乗り、都心のカウンセリングセンターに向かいました。



1時間半後、自分はカウンセリングセンターの最寄駅に着きました。最寄駅は都心のとあるターミナル駅です。そこから歩いて5分くらいの所に目的のカウンセリングセンターがありました。自分はドキドキしながら、雑居ビルに入り、エレベーターで目的の階に上がりました。扉が開くと落ち着いた雰囲気の受付があり、そこで受付を済ませました。



5分後受付の方が自分の名前を呼び、カウンセリングルームに行くよう言われました。自分はかなりドキドキしながら、個室の扉を開きました。すると、そこにはH先生が笑って立っていました。H先生は「久しぶり〜〜!!」と笑っています。自分も一気にテンションが上がり笑顔で「お久しぶりです!!」と答えたのでした。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村