鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

カウンセリング初回を終え、パチンコ稼業へのモチベーションが燃え上がる(過去編・2005年9月・29歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 1年半ぶりのカウンセリング④(過去編・2005年9月・29歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、自分が1年半ぶりにカウンセリングを受けた、という話でした。当時の自分は29歳です。それまでの1年間、部屋に引きこもり続け、自分の過去の記憶をひたすらノートに書く日々を送っていました。そして、そのノートに書いた内容を喋りたくて仕方なくなり、再びカウンセリングに通い出した、という流れになります。



カウンセリング初回を終えた自分はかなりの満足感を感じていました。ようやく待ちに待ったカウンセリングを受けられたのです。1年半ぶりにH先生のカウンセリングを受けれたのも嬉しかったですし、H先生が以前と変わらぬ対応をしてくれたのも嬉しかった記憶です。しかし、一方ではかなりの物足りなさも感じていました。カウンセリングの時間が1時間と短過ぎるのです。自分の中には喋りたい話が山のようにあったのですが、1時間で喋れる量はたかがしれていました。なんというかかなりの消化不良感もありました。



だからこそ、自分は次回のカウンセリングが待ち遠しくてたまりませんでした。1週間後がホント待ち切れなかったです。



一方、カウンセリング初回を終え、自分の中ではパチンコ稼業へのモチベーションがこれ以上なく燃え上がっていました。カウンセリングを受けるにはお金がかかります。生活費も稼がねばなりません。そして、お金を稼ぐ為の手段としてパチンコ以外は考えられませんでした。パチンコなら病的(×6倍)な鬱状態の自分でもなんとか稼げる自信がありました。パチンコなら人間関係はほぼありませんし、稼ぐペースも自分で決められますからね。何より自分はパチンコで稼ぐ事にプライドを持っていました。何一つ上手く行かなかった自分の人生において、パチンコだけは唯一の成功体験となっていたからです。



ですから、自分はカウンセリング代と生活費の為にパチンコでお金を稼ぐ事が嬉しくて仕方ありませんでした。こんなにも人生が嬉しかった期間は、後にも先にもここからの2ヶ月間だけだと思います。そう、1年間の引きこもり生活が終わった事も嬉しかったですし、1年半ぶりにカウンセリングを受けられるのも嬉しかった。そして、パチンコでまた稼げるのも嬉しかったのです。こここらの2ヶ月間は本当に充実した2ヶ月間でした。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。









PVアクセスランキング にほんブログ村