鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

カウンセリング&パチンコ生活に感じていたやり甲斐と希望(過去編・2005年9月・29歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 毎週のカウンセリングが楽しみで仕方ない(過去編・2005年9月・29歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、29歳の自分が週1回のカウンセリングをかなり楽しみにしていた、という話でした。当時の自分はカウンセラーのH先生に聞いて貰いたい話が膨大にありました。なんせそれまでの1年間部屋に引きこもり続け、ただひたすら自分の過去をノートに書き続ける生活を送っていました。そこで自分がノートに書き続けた情報量は膨大な量になってきましたから、それをH先生に聞いて貰いたくて仕方なかったのです。



そもそもこの「ノートに自分の過去の記憶を書き続ける」という行為は、カウンセリングがきっかけで始まったものでした。大学時代の自分がカウンセリングに触発されて、空手部3年間の評価を書いたのが始まりでしたからね。ですから、ノートに書き続けた過去の記憶をカウンセリングで喋りたくてしょうがなくなってしまったのは、自然な流れだったように思えます。



さて、このような感じで29歳の自分は、週1回カウンセリングに通いつつ、週4〜5回パチンコ稼業に精を出していきました。この生活が始まったのは、2005年9月です。そして、1ヶ月経った頃にはパチンコでの稼ぎが30万を超え、この生活が軌道に乗り始めました。




自分はこのパチンコ稼業の最中かなりの心身の苦痛を感じていましたが、それ以上にこの生活に対してやり甲斐と希望を感じていました。まず引きこもり状態が終わった事が嬉しかったですし、パチンコでお金を稼げる事も嬉しかった。そして、そのお金でカウンセリングに通える事も嬉しかったのです。ホントここからの2ヶ月間は素晴らしい時間だったと思います。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村