鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

パチンコを打っている際の病的な被害妄想(過去編・2005年9月・29歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 近所の超大型パチンコ屋にかなり助けられた4つの理由②(過去編・2005年9月・29歳) 」の続きを書かせて頂きます。


前回の記事は、29歳の自分がパチンコ稼業を再開した際の話でした。そして、ちょうどその頃、近所に大型のパチンコ屋がグランドオープンしてくれまして、そのおかげでかなり助かった、という話もさせて貰いました。懐かしいですねぇ。当時の自分がこの大型店舗に助けられた理由は以下の3つになります。前回の記事からの引用になります。



「近所にパチンコ屋の大型店舗が出来て本当に助かった理由」

①前提として、当時の自分は1年間の引きこもり明けで心身がかなり不安定な状態にあった。自分の心身は「鬱の廃人」×2倍状態に陥っており、日常生活もままならない状態。(当時の鬱の諸症状の詳細はこちら)



②当時の自分にとってこのパチンコ屋が「近所」に出来た事はホントに有り難かった。このパチンコ屋は家から原付で20分ほどの距離に出来、他のパチンコ屋と比べて段違いに近い場所にあった。これにより朝8時に起きれば、9時の開店時間に間に合う事が出来る。当時の自分は完全に昼夜逆転した生活を送っていたので、朝8時起きでも開店に間に合うという言うのはホントに有り難い事だった。


③この店舗は「超大型店舗」で資金力が豊富なお店だったらしく、グランドオープンから1〜2ヶ月間ずっと高回転率の台を用意してくれた。期待値にすると30000円〜50000円/1日くらいの台。これにより順調に勝ち続ける事が出来、1ヶ月で30万円程稼ぐ事が出来た。当時の自分はパチンコ稼業の再開に不安を感じていたのだが、このおかげでパチンコ稼業は軌道に乗っていった。ちなみにここから半年で稼いだ額は180万くらい。



④このパチンコ屋が1〜2ヶ月間ずっと高回転率の台を用意してくれたおかげで、他店のリサーチに行く手間が省けた。通常高回転率の台を見つけるにはDMやネットで情報収集し、実際に店舗に出向いて、そこで試し打ちをするというリサーチが必要。そして、1時間くらいかけてわざわざ行ったお店で低回転率の台しか見つからない事もザラ。また、ようやく高回転率の台を見つけても、2〜3日で釘が締められてしまう事もよくある。そんな中、この超大型店舗は、1〜2ヶ月間ずっと高回転率の台を用意してくれたので、他店をリサーチする労力がほとんどかからず、これが本当に有り難かった。




とにかく当時の自分は1年間の引きこもり明けでしたから、本当に心身が不安定な状態でした。パチンコ稼業どころか、外出すらも不安な状態だったのです。何せ当時の自分は「鬱の廃人」×2倍状態ですからね。引きこもりの1年間で全く鬱の諸症状は回復していません。



ではこの頃の鬱の諸症状がどのようなものだったのか、改めて以前の記事から引用したいと思います。


「パチンコ稼業中の8個の鬱の諸症状(短縮ver)」

①被害妄想による寝付きの酷さ

②食欲消失

③酷過ぎる冷え性

④慢性的な背中の激痛と眠気

⑤自殺願望の悪化

⑥慢性的な口内炎

⑦散歩を30分しただけで翌日の体調がぶっ壊れる。

⑧「父親突入事件」絡みの精神的ダメージと被害妄想


(それぞれの症状の詳細はこちら)



⑦にありますように、当時の自分は散歩を30分しただけでも翌日の体調がぶっ壊れてしまうほど衰弱していました。こんな状態で朝から晩までパチンコを打ち続けるのは、そりゃ不安なはずです。また、①、⑧にありますように、当時の自分は被害妄想が病的(×6倍)に酷くなっていました。ですから、パチンコ屋でただパチンコを打っているだけでも周りの目が怖くて怖くて仕方ないのです。まるで自分がただそこにいるだけでも周りのお客さんや店員さんから無根拠に馬鹿にされ、迫害されてしまうような、そんな激しい被害妄想に苦しみまくっていました。



そう、自分はそれまでの29年間ずっと「自分に対する自信」を凄まじい勢いで喪失し続けていました。(その経緯は、このブログのトップ記事に「鬱悪化のフローチャート」としてまとめています。)これにより29歳の自分は自分自身ですら自分という存在を全く信じれなくなっていました。それまでの自分の人生は、為す事全てが裏目に出ていく人生でしたからね。それによってただひたすら無力感が蓄積していく人生を送ってきていたのです。ですから、自分自身が自分という存在を激しく軽視していましたし、同時に他人も自分という存在を激しく軽視するに違いないと思い込んでいたのです。



とは言いましても、自分はそれまでの1年4ヶ月の間、部屋に引きこもり続け、自分の過去をノートにひたすら書く日々を送っていました。そして、その中で「自分に対する自信」を限定的に回復させる事には成功しています。自分は1年間4ヶ月の記憶のサルベージ(言語化)の結果このような思いを抱くに至っていました。



「自分の人生が28年目にして社会から脱落する羽目になってしまった原因は、『自分自身が生まれつき大幅に劣っている人間だったから』ではない!『小学校3年生以降家庭環境が戦争状態に陥ってしまったから』なんだ!!」



この思いは当時の自分にとってかなり痛快で画期的なモノでした。自分の価値観が180度ひっくり返ったようなものでしたからね。だからこそ自分はカウンセリングでこの思いを聞いて貰いたくなったのです。



ただし、上記の痛快な思いによって、病的(×6倍)な被害妄想が回復する事は全くありませんでした。これは不思議な事でした。病的(×6倍)な被害妄想の原因は、自分が「自分に対する自信」を失い続けた事にありました。それならば、上記の思いによって自信が回復し、被害妄想や鬱が回復して行っても良いようなものですが、実際にはそのようには全くならなかったのです。


なんというか、自分の心の中での「場所」が全く違うという感じでしたね。被害妄想が起こっている場所と、上記の痛快な思いが湧いている場所、この2つの心の中での場所がかなり離れているので、相互に影響し合っていない、という感じです。



という訳で、引きこもり明けの自分は、相変わらず病的(×6倍)な被害妄想に苦しみまくりながらパチンコを打つ事になったのでした。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村