鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。skipper1242でツイッターもやってます。

近所の超大型パチンコ屋にかなり助けられた4つの理由②(過去編・2005年9月・29歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 近所の超大型パチンコ屋にかなり助けられた4つの理由(過去編・2005年9月・29歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、29歳の時の自分がパチンコ稼業を再開し、1ヶ月程で軌道に乗り始めた、という話でした。そして、自分が再開したタイミングで近所に超大型のパチンコ屋がグランドオープンしまして、そのおかげでパチンコ稼業が軌道に乗り始めた、という話もさせて貰いました。この超大型店舗は、家具屋の跡地に出来た2階建ての店舗でした。パチンコパチスロが楽しめるだけでなく、無料のネットカフェや食堂やコインランドリーやマッサージまで併設していました。



自分はパチンコ稼業の再開に対して、体力面、気力面でかなり不安を覚えていたのですが、この大型店舗のおかげで、最初の1ヶ月をなんとか乗り切る事が出来ました。ではここで、前回の記事でまとめたものを貼りたいと思います。自分がこの大型店舗にどのような形で助けられていたのか、という話になります。


「近所にパチンコ屋の超大型店舗が出来て本当に有り難かった4つの理由」


①前提として、当時の自分は1年間の引きこもり明けで心身がかなり不安定な状態にあった。自分の心身は「鬱の廃人」×2倍状態に陥っており、日常生活もままならない状態。(当時の鬱の諸症状の詳細はこちら)



②当時の自分にとってこのパチンコ屋が「近所」に出来た事はホントに有り難かった。このパチンコ屋は家から原付で20分ほどの距離に出来、他のパチンコ屋と比べて段違いに近い場所にあった。これにより朝8時に起きれば、9時の開店時間に間に合う事が出来る。当時の自分は完全に昼夜逆転した生活を送っていたので、朝8時起きでも開店に間に合うという言うのはホントに有り難い事だった。


③この店舗は「超大型店舗」で資金力が豊富なお店だったらしく、グランドオープンから1〜2ヶ月間ずっと高回転率の台を用意してくれた。期待値にすると30000円〜50000円/1日くらいの台。これにより順調に勝ち続ける事が出来、1ヶ月で30万円程稼ぐ事が出来た。当時の自分はパチンコ稼業の再開に不安を感じていたのだが、このおかげでパチンコ稼業は軌道に乗っていった。ちなみにここから半年で稼いだ額は180万くらい。



④このパチンコ屋が1〜2ヶ月間ずっと高回転率の台を用意してくれたおかげで、他店のリサーチに行く手間が省けた。通常高回転率の台を見つけるにはDMやネットで情報収集し、実際に店舗に出向いて、そこで試し打ちをするというリサーチが必要。そして、1時間くらいかけてわざわざ行ったお店で低回転率の台しか見つからない事もザラ。また、ようやく高回転率の台を見つけても、2〜3日で釘が締められてしまう事もよくある。そんな中、この超大型店舗は、1〜2ヶ月間ずっと高回転率の台を用意してくれたので、他店をリサーチする労力がほとんどかからず、これが本当に有り難かった。




いいですねぇ。このような形で自分はこの大型店舗にかなり助けられました。そして、パチンコ稼業を軌道に乗せる事が出来たのでした。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村