鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

消化し終えたはずのトラウマが再び蘇る(2011年6月・35歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 部屋の中でのトラウマの思い出しがスタート(2011年6月・35歳) 」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、自分が3年間に渡るトラウマ歩きを終えた、という話でした。



ここからしばらくは今回の記事の前提となる前フリ部分になります。いつもお読みの方は飛ばして下さい。


『今回記事の前フリ』


. 「トラウマ歩き」とは、歩きながら過去のトラウマを思い出す事で、それを消化する試みを指しています。自分はこの行為を2008年7月頃から始めました。この時の年齢は32歳です。今から14年前の話になります。



トラウマ歩きを開始してからというもの、自分は週に3回のペースで外を歩く事になりました。1回の歩き時間は平均4時間。1回で歩く距離は平均10km。この行為を続けていた期間は3年間です。自分がこの行為の中で感じていたポジティブな感情とネガティヴな感情は以下の通りです。



「トラウマ歩きの前フリ」



次に最近の記事で作った「深夜2時近辺の戦い」のフローチャート(短縮ver)のリンクを貼りたいと思います。


「深夜2時近辺の戦いのフローチャート(短縮ver)




上記のリンクの経緯で「トラウマ歩き」の頃の自分は、妹に対して病的(×27 倍)な憎悪を感じていた、という事になります。(事件の詳細はこちら)そして、その憎悪をトラウマ歩きの中で思い出し、消化する事もありました。




また、トラウマ歩き2年目の2009年3月頃、この頃から自分は「向かいの車のドア音」にも苦しみ始めたのでした。そして、その音によってコントロール不能な暴力衝動が発生し、それを窓際の障子を殴る事で発散していた、という話になります。(この「向かいの車のドア音との戦い」の詳細はこちら)そして、上記の2つを含めた様々な致命的なストレスが重なり、当時の自分は「自分で自分の身体を全くコントロールし切れない状態」に陥ってしまった、という話になります。




『前フリ終わり』



ここからは前回の記事をそのまま全て引用したいと思います。2011年6月頃、自分がトラウマ歩きを終えた、という話でした。



『前回記事からの引用』



このように自分はトラウマ歩きの3年間を終えて、放心状態に陥ったのでした。時期的には2011年6月頃の話です。そして、同時期に「妹の人生を聞く」という流れも終わっていった記憶です。



さて、その後の自分の生活がどうなったのかという話ですが、いまいち記憶が残っていません。トラウマ歩きが終わった事により、けっこうな時間の余裕は出来たはずですが、果たしてそれをなにに使っていたのやら。まぁ相変わらず深夜アニメは見ていましたから、それには時間を費やしていたと思います。また、もしかしたら昔のTVゲームを引っ張り出して遊んでいたかもしれません。



あぁ、思い出しました。自分はトラウマ歩きを終えてからは、今度は自分の部屋の中でトラウマを思い出していたのでした。そう、トラウマ歩きによって自分は学生時代のトラウマを消化した訳ですが、このトラウマを今度は自分の部屋の中で思い出してみたのです。すると、再び「悲しさや辛さ」が凄まじい勢いで湧いて来てしまいました。トラウマ歩きで消化したはずの「悲しさや辛さ」、これが部屋の中でトラウマを思い出すと鮮明に蘇ってきてしまったのです。ですからこの時の自分はトラウマ歩きの初期のように号泣しながら、トラウマを思い出していた記憶です。



当時の自分はこの現象に気付きこう感じた記憶です。


「今度は部屋の中でトラウマを思い出す事になりそうだな。」


と。この時の自分の気持ちは案外と淡々としていた気持ちです。トラウマ歩きの3年間がようやく終わったと思ったら、今度は部屋の中でのトラウマの思い出す事になってしまいました。またもトラウマとの戦いが始まるのです。これによって当時の自分がかなりショックを受けてもいいようなものですが、案外当時の自分は淡々とこの事実を受け入れていました。



どうしてこの時の自分は「部屋の中でのトラウマの思い出し」を淡々と受け入れたのでしょう。それは今回の行為には「歩く」という行為が必要なくなっていたからです。そう、自分はそれまでの3年間、「歩く」という行為に莫大なエネルギーを費やしてきました。それは歩きながらトラウマを思い出さないと、トラウマを消化出来ないと感じていたからです。トラウマ歩きの3年間は、「歩く」という行為と「トラウマを思い出す」という行為が一体化していたのでした。


しかし、ここに来て自分は気付いたのでした。別に外を歩かなくても、部屋の中でトラウマを思い出せるな、と。部屋の中でトラウマ思い出せるならば、そこには歩きに伴う莫大なエネルギーの消費が一切発生しません。そして、外を歩かなくても良いなら、雨の中や台風の中を靴の中をぐちゃぐちゃにしながら歩く必要もありません。もちろん、冬のトラウマ歩きの途中の致命的なストレスの数々も発生しません。これは当時の自分からしたら天国みたいな話だったのです。



ですから、当時の自分は淡々と「部屋の中でのトラウマの思い出し」を受け入れたのでした。



『引用終わり』



このように2011年6月頃から自分は新たな形でのトラウマとの戦いを始める事となったのです。それは「自分の部屋の中でのトラウマの思い出し」です。今回もこの流れを改めて振り返っていきます。



それまでの3年間、自分は歩きながらトラウマを思い出し続け、トラウマにまつわるネガティヴな感情を消化し続けていました。そして、最後には歩きながらトラウマを思い出しても、ネガティヴな感情が全く湧かなくなっていました。これによって自分はトラウマ歩きを終える事になりました。



その後自分は自分の部屋でトラウマを思い出してみました。すると、消化し終えたはずのネガティヴな感情が凄まじい勢いで湧いてきたのです。自分はトラウマ歩きの初期と同じように号泣しながらトラウマを思い出していました。自分はこう思いました。



「今度は部屋の中でトラウマを思い出す事になりそうだな。」



そして、前回の記事に書きました通り、当時の自分は淡々とこの流れを受け入れたのでした。何故なら今回の戦いには「歩き」が必要ないからです。前回の戦い(トラウマ歩き)では歩きながらトラウマを思い出していたのですが、今回の戦いでは歩く必要がありません。という事は、「歩き」の為に膨大なエネルギーを費やす必要が無いのです。そして、外を歩かなくても良いなら、雨の中や台風の中を靴の中をぐちゃぐちゃにしながら歩く必要もありませんし、冬のトラウマ歩きの最中の致命的なストレスの数々も発生しません。これは当時の自分からしたら天国みたいな話でした。



ここからは、どうしてトラウマ歩きで消化したはずのネガティヴな感情が、ここに来て再び発生してしまったのか、考えてみたいと思います。それはたぶんトラウマを思い出す「シチュエーションの違い」が関係している印象です。まず自分はトラウマ歩きをしている際、以下の6つのポジティブな感情を感じていました。



「トラウマ歩きの最中に発生していたポジティブな感情①〜⑥」


①過去のトラウマに対するかなりの懐かしさ(愛着)

②①によって発生する麻薬的な気持ち良さ

③歩く事による自己肯定感

④タイムスリップ感覚による非日常感

⑤観光気分による非日常感

⑥深夜アニメ絡みの楽しく嬉しい気持ち

(①〜⑥の詳細は
こちら)



今回の話で重要なのは「③歩く事による自己肯定感」です。③だけ詳細を振り返ってみます。


③歩く事による自己肯定感

[説明]自分の足で、自分が行きたい場所に、自分のペースで歩いていく、この事自体に充実感があった。事前に自分が想定したルートを自分の足で歩いていく事での達成感。大袈裟に言うと、歩く事による自己実現。もしくは歩く事による自己肯定感。


自分はそれまでの32年間の人生において自己肯定感を失っていく一方だったので、この歩く事による自己肯定感は貴重な感覚だった。



このように自分はトラウマ歩きの中で、「歩く事による自己肯定感」を感じていました。この感情はけっこう大きかった記憶です。歩きの中でこのようなポジティブな感情が発生していたからこそ、3年前の自分はトラウマ歩きを始める気になったのです。号泣しながらもトラウマと向き合う気になったのです。



ではもし3年前の自分が「自分の部屋」でトラウマを思い出したらどうなっていたでしょう?もしそんな事をしたら、自分の精神はその致命的な精神的苦痛に耐えきれずに発狂していた事でしょう。



ですから、「トラウマ歩き」という行為の中では③の感情が発生し、この③の感情が「麻酔」のような役割を果たしていた、と言えると思います。「麻酔」が効いているからこそ、自分は辛いトラウマを思い出す事が出来たのです。もちろん、「麻酔」が効いていたとしても、トラウマを思い出すというか行為には、号泣する程の精神的苦痛があった訳ですが。



逆に言いますと、トラウマ歩きの初期に「麻酔」無しでトラウマを思い出す事など到底不可能だったという事です。だって「麻酔あり」で思い出しても号泣していた訳ですから、「麻酔なし」で思い出せるはずがありません。そんな事をしたらその甚大な精神的苦痛で気が狂うだけです。つまり、トラウマ歩き初期の自分は 「歩き」があるからこそ、トラウマを思い出せていた、と言えると思います。





今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。








PVアクセスランキング にほんブログ村