鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

トラウマ歩きの3年間で、家庭環境が改善(2011年6月・35歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 2022/12/13/トラウマ歩きの効用(2011年6月・35歳) 」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、自分が3年間に渡るトラウマ歩きを終えた、という話でした。



ここからしばらくは今回の記事の前提となる前フリ部分になります。いつもお読みの方は飛ばして下さい。


『今回記事の前フリ』


. 「トラウマ歩き」とは、歩きながら過去のトラウマを思い出す事で、それを消化する試みを指しています。自分はこの行為を2008年7月頃から始めました。この時の年齢は32歳です。今から14年前の話になります。



トラウマ歩きを開始してからというもの、自分は週に3回のペースで外を歩く事になりました。1回の歩き時間は平均4時間。1回で歩く距離は平均10km。この行為を続けていた期間は3年間です。自分がこの行為の中で感じていたポジティブな感情とネガティヴな感情は以下の通りです。



「トラウマ歩きの前フリ」



次に最近の記事で作った「深夜2時近辺の戦い」のフローチャート(短縮ver)のリンクを貼りたいと思います。


「深夜2時近辺の戦いのフローチャート(短縮ver)




上記のリンクの経緯で「トラウマ歩き」の頃の自分は、妹に対して病的(×27 倍)な憎悪を感じていた、という事になります。(事件の詳細はこちら)そして、その憎悪をトラウマ歩きの中で思い出し、消化する事もありました。




また、トラウマ歩き2年目の2009年3月頃、この頃から自分は「向かいの車のドア音」にも苦しみ始めたのでした。そして、その音によってコントロール不能な暴力衝動が発生し、それを窓際の障子を殴る事で発散していた、という話になります。(この「向かいの車のドア音との戦い」の詳細はこちら)そして、上記の2つを含めた様々な致命的なストレスが重なり、当時の自分は「自分で自分の身体を全くコントロールし切れない状態」に陥ってしまった、という話になります。




『前フリ終わり』



ここからは前回の記事をそのまま全て引用したいと思います。2011年6月頃、自分がトラウマ歩きを終え、新たなトラウマとの戦いに踏み出した、という話でした。



『前回記事からの引用』



このように自分はトラウマ歩きの最中に、「 ⑦家の外で感じる圧倒的な開放感」を感じていた、という話でした。ではここで改めて、「トラウマ歩きの最中に発生していたポジティブな感情①〜⑦」 を短縮verで確認したいと思います。



「トラウマ歩きの最中に発生していたポジティブな感情①〜⑦」



①過去のトラウマに対するかなりの懐かしさ(愛着)

②①によって発生する麻薬的な気持ち良さ

③歩く事による自己肯定感

④タイムスリップ感覚による非日常感

⑤観光気分による非日常感(1年目以降徐々に減少)

⑥深夜アニメ絡みの楽しく嬉しい気持ち

⑦ 家の外で感じる圧倒的な開放感



なるほど〜。このように自分は3年間のトラウマ歩きの中で様々なポジティブな感情を感じていました。中でも③と⑦による「麻酔」効果は大きく、これらによって自分はトラウマを思い出す際に、致命的な精神的苦痛を感じずに済んでいた、という事になります。



自分はトラウマ歩きの3年間を終え、試しに自分の部屋で過去のトラウマを思い出してみました。これは「外を歩いていない状態」でトラウマを思い出してみようという事です。つまり、「麻酔」が効いていない状態でトラウマを思い出してみよう、と。すると、自分はその致命的な精神的苦痛に耐えられず、号泣してしまいました。③と⑦による「麻酔」の効果は絶大だった、という事になります。



しかし、見方を変えますと、号泣してしまったとはいえ、自分が部屋の中でトラウマを思い出せた事自体が大きな進歩だった、とも言えます。何故なら、トラウマ歩き以前の自分が、部屋の中でトラウマを思い出す事など到底不可能でしたから。



そう、3年前の自分は病的(×27倍)な被害妄想も発症しており、「いつ家族に殺されるかもしれない」という凄まじい緊張感の中で生活していました。このような狂った精神状態で、自分の部屋の中で過去のトラウマを思い出す事など到底不可能でした。ですから、3年前の自分は、家を飛び出し、外を歩きながらトラウマを思い出していったのです。



それから3年後、自分は自分の部屋の中でトラウマを思い出せるようになっていました。号泣してしまったとはいえ、これは大きな進歩だったと思います。このような大きな進歩が起きた理由は、この3年間で自分がトラウマを消化したからだと思います。トラウマを思い出す際の「悲しさや辛さ」を歩きの中で消化したからこそ、「麻酔なし」でも自分の部屋の中でトラウマを思い出せるようになったのです。



また、もう一つの理由として、「この3年間で家庭環境が改善した」という理由もあると思いました。次回の記事ではここについて考えてみます。



『引用終わり』



このように自分はトラウマ歩きの3年間を終え、自分の部屋でトラウマを思い出せるようになっていました。この時の自分は号泣していたのですが、自分の部屋でトラウマを思い出せる事自体が大きな進歩と言えました。何故なら、3年前の自分にはそのような行為は到底不可能だったからです。



3年前の自分は病的(×27倍)な被害妄想も発症しており、「いつ家族に殺されるかもしれない」という凄まじい緊張感の中で生活していました。このような狂った精神状態で、自分の部屋の中で過去のトラウマを思い出す事など到底不可能でした。ですから、3年前の自分は、家を飛び出し、外を歩きながらトラウマを思い出していったのです。



この「外を歩く」という行為には様々なポジティブな効果があったのですが、特に以下の2つの効果には「麻酔(鎮痛)」の効果がありました。


③歩く事による自己肯定感

⑦ 家の外で感じる圧倒的な開放感


ですから、自分は「外を歩く」という限定シチュエーションでなら、トラウマを思い出す事ができたのです。



それから3年が経ち、自分はトラウマ歩きを終えました。すると、自分の部屋でトラウマを思い出せるようになっていました。そう、外を歩かなくても、トラウマを思い出せるようになっていたのです。その理由はこれまで書いていますように、自分がこの3年間で学生時代のトラウマを消化したからでした。トラウマを思い出す際の精神的苦痛が緩和していたので、歩く事による「麻酔(鎮痛)」効果がなくても、耐えられるようになっていた、という事です。



もう一つの理由としましては、この3年間で家庭環境が改善した事も挙げられると思います。そう、自分がトラウマ歩きを開始した3年前、自分は家庭内で完全孤立状態に陥っていました。当時の自分は家族全員に対して「殺しても殺し足りない」(×1.5倍)程の憎悪を感じていたからです。



しかし、その憎悪は母親とのコミュニケーションを通じて、徐々に減り始めていました。そう、特に母親の人生を詳細に聞く事での効果は大きかった記憶です。これにより、先程の憎悪は徐々に減少していき、自分は家庭内における完全孤立状態を脱していきました。いつの間にか自分は母親と日常的な会話をするような関係になっていたからです。



またこの現象と同時に、自分が家庭内で感じる「緊張感」も徐々に緩和されていきました。3年前の自分は病的(×27倍)な被害妄想も発症していましたから、「いつ家族に殺されるかもしれない」という凄まじい緊張感の中でも生活していたのです。ですから、自分は自分の部屋でただ生活しているだけでも、常に凄まじい緊張状態を強いられていました。



ですから、当時の自分は、外を歩く必要があったのです。外を歩けば、「⑦ 家の外で感じる圧倒的な開放感」が発生し、これがトラウマを思い出す際の痛みを緩和してくれました。



そして、トラウマ歩きの3年間の中で、母親との会話が日常化していき、家の中での凄まじい緊張感も緩和していきました。これによって、トラウマ歩きを終えた自分は、部屋の中でトラウマを思い出す事が出来るようになっていました。わざわざ⑦の為に外を歩かなくても、部屋の中でトラウマを思い出せるようになっていたのです。



このように、自分はトラウマ歩きの3年間の中で、母親とコミュニケーションを取り続け、家庭環境を改善していきました。ですから、トラウマ歩きを終えた後に、自分の部屋の中でトラウマを思い出せるようになっていたのです。もちろん、初めは号泣しながらでしたが、外を歩かなくてもトラウマを思い出せる事自体が凄まじい進歩だったのでした。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村