鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

トラウマ歩きの効用(2011年6月・35歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 消化し終えたはずのトラウマが再び蘇る②(2011年6月・35歳) 」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、自分が3年間に渡るトラウマ歩きを終えた、という話でした。



ここからしばらくは今回の記事の前提となる前フリ部分になります。いつもお読みの方は飛ばして下さい。


『今回記事の前フリ』


. 「トラウマ歩き」とは、歩きながら過去のトラウマを思い出す事で、それを消化する試みを指しています。自分はこの行為を2008年7月頃から始めました。この時の年齢は32歳です。今から14年前の話になります。



トラウマ歩きを開始してからというもの、自分は週に3回のペースで外を歩く事になりました。1回の歩き時間は平均4時間。1回で歩く距離は平均10km。この行為を続けていた期間は3年間です。自分がこの行為の中で感じていたポジティブな感情とネガティヴな感情は以下の通りです。



「トラウマ歩きの前フリ」



次に最近の記事で作った「深夜2時近辺の戦い」のフローチャート(短縮ver)のリンクを貼りたいと思います。


「深夜2時近辺の戦いのフローチャート(短縮ver)




上記のリンクの経緯で「トラウマ歩き」の頃の自分は、妹に対して病的(×27 倍)な憎悪を感じていた、という事になります。(事件の詳細はこちら)そして、その憎悪をトラウマ歩きの中で思い出し、消化する事もありました。




また、トラウマ歩き2年目の2009年3月頃、この頃から自分は「向かいの車のドア音」にも苦しみ始めたのでした。そして、その音によってコントロール不能な暴力衝動が発生し、それを窓際の障子を殴る事で発散していた、という話になります。(この「向かいの車のドア音との戦い」の詳細はこちら)そして、上記の2つを含めた様々な致命的なストレスが重なり、当時の自分は「自分で自分の身体を全くコントロールし切れない状態」に陥ってしまった、という話になります。




『前フリ終わり』



ここからは前回の記事をそのまま全て引用したいと思います。2011年6月頃、自分がトラウマ歩きを終え、新たなトラウマとの戦いに踏み出した、という話でした。



『前回記事からの引用』



このように自分はトラウマ歩きの最中に「③歩く事による自己肯定感」を感じており、これが「麻酔」の役割を果たしていた、という話になります。当時の自分は、このように「麻酔」がかかっている状態だからこそ、過去のトラウマを思い出す事が出来たのだと思います。「麻酔」無しで過去のトラウマを思い出す事など到底出来ませんでしたし、もし思い出せたとしても、その致命的な精神的苦痛で発狂していた事でしょう。何故なら当時の自分は「麻酔あり」の状態(トラウマ歩きの最中)に思い出しても、号泣せずにはいれなかったのです。



このように「トラウマ歩き」という行為には、「③歩く事による自己肯定感」の感情が発生しており、これが「麻酔」の役割を果たしていたのでした。その後自分は「トラウマ歩き」の中でトラウマを思い出し続けました。その中でトラウマを思い出す際の「悲しさや辛さ」はどんどん減少していき、3年後にはそれらの感情は全く湧かなくなっていました。



こうして自分はトラウマ歩きを終え、試しに自分の部屋の中でトラウマ歩きを思い出していました。すると再び号泣状態に戻ってしまったのです。これはつまり、「歩かない状況」でトラウマを思い出すと、「麻酔」が発生せず、精神的苦痛がダイレクトに心に届いてしまった、という事です。これにより、自分はトラウマを思い出すと、再び号泣状態に戻ってしまいました。



それほどまでに歩く事による「麻酔」効果は強かったのだと思います。確かに③の自己肯定感は大きかったですし、単純に外に出て歩くだけでも「気晴らし」の効果があったような気もします。トラウマ歩きの最中にはこのような「麻酔」効果が発生しており、だからこそ過去のトラウマを思い出す事が出来たのだと思います。



そして、自分がトラウマ歩きの3年間を終え、試しに自分の部屋でトラウマを思い出してみると、「麻酔」が発生せず、3年前と同様の号泣状態に戻ってしまった、と。



『引用終わり』



このように、トラウマ歩きの最中には「③歩く事による自己肯定感」が発生しており、これが「麻酔」の役割を果たしていたのだと思います。だからこそ、トラウマ歩きの最中にトラウマを思い出す事が出来たのです。この「麻酔」が、トラウマを思い出す際に発生する致命的な精神的苦痛を和らげていてくれたのだと思います。とは言いましてもトラウマ歩きの初期においては、「麻酔」が効いていても、号泣してしまう程の苦痛ではあったのですが。


そして、トラウマ歩きを3年間続けていくうちに、号泣は収まり、涙は止まり、「悲しさや辛さ」の感情は収まっていったのです。



そして、自分がトラウマ歩きの3年間を終え、試しに自分の部屋でトラウマを思い出してみたのでした。すると、再び号泣状態に戻ってしまったのです。何故号泣状態に戻ってしまったのかと言いますと、前回の記事に書きましたように歩く事による「麻酔効果」が無くなってしまったからだと思います。当然ですがこの時の自分は自分の部屋で椅子に座っており、歩いてはいませんから。



ただ、そうは言ってもこの状態は3年前の状態に比べると確実に進歩しているとも言えました。何故なら3年前の自分はこうやって自分の部屋でトラウマを思い出す事など到底出来なかったからです。それは天地がひっくり返っても出来ない事でした。3年前の自分は家族に対して「殺しても殺し足りない」(×1.5倍)程の憎悪を感じていましたから、家の中で完全に孤立状態に陥っていました。「自分の周りは全員敵」という認識です。




しかも当時の自分は病的(×27倍)な被害妄想も発症していましたから、「いつ家族に殺されるかもしれない」という凄まじい緊張感の中でも生活していたのです。ですから、自分は自分の部屋でただ生活しているだけでも、常に凄まじい緊張状態を強いられていました。



このような凄まじい緊張状態の中で、過去のトラウマを思い出すなど到底不可能でした。ですから、当時の自分は家の外に出て、歩きながらトラウマを思い出していったのです。当時は家の中より外の方が圧倒的にリラックス出来る状況でした。



なるほど、という事は、過去にまとめた「トラウマ歩きの最中に発生していたポジティブな感情①〜⑥」 に新たな項目を付け加える必要がありそうです。新たな項目は「開放感」に関する項目です。こんな感じになります。


「トラウマ歩きの最中に発生していたポジティブな感情①〜⑦」


⑦家の外で感じる圧倒的な開放感

[説明]
当時の自分は家族に対して「殺しても殺し足りない」(×1.5倍)程の憎悪を感じており、家の中で完全に孤立状態に陥っていた。これは「自分の周りは全員敵」という認識だった。

しかも当時の自分は病的(×27倍)な被害妄想も発症していたので、「いつ家族に殺されるかもしれない」という凄まじい緊張感の中でも生活していた。故に自分は部屋でただ生活しているだけでも常に凄まじい緊張状態を強いられていた。

このような凄まじい緊張状態の中で、過去のトラウマを思い出すなど到底不可能だった。故に、当時の自分は家の外に出て、歩きながらトラウマを思い出していったのだった。家の中より外の方が圧倒的に精神が解放され、リラックス出来る状況であり、家の外の方が断然トラウマを思い出し易かったのだった。



いいですね!よくまとまりました。






今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村