鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した43歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

〜家族全員殺したい程憎い〜尿管結石翌日の話②(2003年11月・27歳)

皆さんこんばんはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事も併せてどうぞ。では、前回の記事「尿管結石翌日の話(2003年11月・27歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、自分が尿管結石の翌日にノートを書き始めたって話でしたね。(2003年11月・27歳)そう、とにかく自分は尿管結石の一部始終をノートに書きたくて仕方がなかったのです。そして、その上でこの先どうやって生活していくのかを決めたかった。テーマは「あのような激烈な痛みを再発させない為に、この先どのように生活を変えれば良いのだろう?」、です。自分の頭の中はそれしかありませんでした。このテーマが達成されるのならば何だってするつもりでした。ホントあのような激烈な痛みを2度と味わいたく無かったんですよ。そして、自分は前日の尿管結石の一部始終を病床でノートに書いていきまして、さらにそれ以前の生活についても書いていきました。その中から何が尿管結石に繋がっていったのかノートに書きながら考えていきました。それでね〜、考えた結果こういう結論になりました。「この尿管結石の3ヵ月程前から自分は家族内で完全に孤立していた。もしかしたら、これが尿管結石の原因になったのかもしれない。だとするなら、ホントにホントに屈辱的で嫌だけど、もう1度家族とコミュニケーションを取ってみる事が今後の尿管結石の予防策になるかもしれない。」、と。




前々回の記事で書かせて貰いましたが、自分はこの尿管結石により、家族に対する憎しみがさらに悪化しました。家族それぞれへの感情がどのように変化したのか、まとめてみたいと思います。



まず妹に対してですが、今回の尿管結石は自分が妹のドアの音で起こされた事をきっかけにして発症したんですね。ですから以前から自分は妹に対して巨大な劣等感を由来とする凄まじい憎しみを感じていたのですが、そこにさらに「あいつのせいで俺はこんな滅茶苦茶な痛みを味わう事になった」、という激しい憎しみが加わりました。



次に母親に対してですが、そもそもこの尿管結石以前から自分の母親に対する憎しみは凄まじく大きかったのです。自分が家族に対して初めて感じた感情が「母親へのムカつき」ですからね。(1998年頃)そしてその「ムカつき」が「憎しみ」に変わっていき、さらに巨大化していきました。その憎しみは巨大化する余り、妹への憎しみが始まるきっかけにもなりました。(〜憎しみのドミノ倒し〜尿管結石発症までの精神的経緯⑥)ですから母親への憎しみは自分の中での「根源的な憎しみ」であり、最も強い憎しみでもありました。振り返ってみますと、うちの母親は10年以上に渡って父親の事を責め続け、我が家を戦争状態に陥れ続けていましたからね。それを目の前で延々と見せられた自分は、カウンセリング以降母親に対する憎しみがどんどん大きくなっていきました。結果この頃には「殺したい程憎い」まで巨大化していた記憶です。(〜巨大化していく母親への憎しみ〜尿管結石発症までの精神的経緯④)この母親に対する憎しみがこの尿管結石によりどう変化したのかという話ですが、若干増えたって感じです。尿管結石の痛みが収まった後の母親の態度にはかなりムカつきましたが、元々の憎しみが巨大でしたから、全体から見ると微増という感じでした。



最後に父親に対してですが、この尿管結石で1番大きな変化があったのが、この父親に対する感情でした。この尿管結石以前は自分はこの父親にはほとんど感情を持っていなかったんですね。透明人間のような人ですから、人間としての掴み所が全く無く、いるんだかいないんだか、分からない人でした。この尿管結石の3ヵ月程前までは自分と父親は交流があったのですが、その中で自分はこの父親に対して当時抱えていたバイトの辛さを訴えていたんですね。しかし、それに対する父親のリアクションは非常に薄く、自分はかなりがっかりして徒労感を味わった記憶です。まぁでもこの程度のネガティブな感情は、当時自分が母親に対して感じていた膨大な憎しみに比べれば些末なものでした。この些末なネガティブな感情が、例の尿管結石発症の際の暴言によって一気に爆発しましたからね〜。(〜父親の破壊的暴言と自分の凄まじい怒り〜尿管結石にのたうち回った1日③)あれはホント全く予想外の角度からナイフで内臓を何度も抉られるようなものでした。ただでさえ自分は正体不明の痛みに悶絶していたのですが、それに加えてあの暴言ですからね。そして、この尿管結石の痛みはさらに激しさを増し、自分がそんな父親を頼らざるを得ない状況を作り出してしまいました。ですから自分はさらに激しい屈辱感も味わう事になったのです。




そうですから、尿管結石発症以前の自分の父親に対するネガティブな感情は些末なものでしたが、これが尿管結石発症後の様々な修羅場を経て、一気に「殺したい程憎い」という所まで巨大化した感じです。さらに妹に対する感情も同様に「殺したい程憎い」まで巨大化しました。そして先程書きました通り、母親に対する感情はそもそもこの尿管結石以前から「殺したい程憎い」でしたからね。まぁですから、尿管結石以前は自分が家族内で「殺したい程憎い」と感じる対象は母親だけだったのですが、これが尿管結石を経て母親・父親・妹、3人に対して「殺したい程憎い」と感じるようになったという事になります。




今日はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others





PVアクセスランキング にほんブログ村