鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した43歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

〜家族とのコミュニケーションを復活させる〜尿管結石翌日の話③

皆さんこんばんはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事も併せてどうぞ。では、前回の記事「〜家族全員殺したい程憎い〜尿管結石翌日の話②(2003年11月・27歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、尿管結石によって自分の家族に対する憎しみがさらに悪化したって話でしたね。そう、尿管結石が起こる前は、自分が「殺したい程憎い」と感じる対象は母親のみでしたが、これが尿管結石後は母親・父・妹に対して、そのように感じるようになりました。あ、超今更な話になりますが、うちの家族の人数は自分を含めて4人家族です。ですから、自分からすると自分以外の家族3人全てが「殺したい程憎い」対象となったという事になります。さて、そのように尿管結石により自分の家族に対する感情はさらに悪化しました。そして、自分はこの尿管結石が発症した事により、凄まじい差し込みにのたうち回る事になったのですが、それにより「尿管結石の痛み」そのものに対する恐怖感も膨大に生まれました。そう、「もう2度とあんな痛みは味わいたくない!!」という思いです。そして、その思いをモチベーションにして、尿管結石の翌日に自分はノートに尿管結石の一部始終を書き始めました。なんか最初の方は「はぁ、、」とか「昨日のはホントなんだったんだ、、」とかそういう嘆きの言葉ばかり書いていましたね。それでね〜、自分は尿管結石の差し込みが収まってきて、思考力が戻ってからこのように漠然と感じていた記憶です。「尿管結石の痛みを2度と経験しない為には、この先自分の生活の何かを変えなければ行けない事は明白だ。もしかしたら再び家族とコミュニケーションを取る必要性が出てくるかもしれない」、と。そして、そのような思いを感じながら、実際にノートに昨晩の尿管結石の一部始終を書いていきました。さらに尿管結石になる前のこの3ヵ月程の自分の生活についても書いていきましたね。病床でノートを書いているとあっという間に時間は過ぎ、4〜5時間は書いていたような記憶です。すると段々と自分の中での議論が煮詰まっていきまして、やはり今後2度と尿管結石を起こさない為には、家族とのコミュニケーションを復活させる以外に選択肢は残されていないという結論に辿り着いたのです。




しかし、その結論はさらに自分に「屈辱感」という名の甚大な精神的ダメージを与える事は明白でした。何故なら「殺したい程憎い」3人と喋らなければならないからです。特に父親にはあのような血も凍る暴言を吐かれた直後ですし、妹に対しても今回の尿管結石の発症のきっかけは妹とのいざこざでしたから、それに対する膨大な恨みが発生していました。しかし、自分にはこの先の尿管結石の予防策がそれしか思い付かなかったのです。あ、細かい所ですと、「生活の中でなるべく水を飲んで、血を濃くしないようにする」みたいな対策も思い付きまして、実際に実践したりもしました。しかし、それは根本的な対策では無いような気がしたんですよ。そう、あのような自我が崩壊する程の激しい痛みを再発させない為には、自分の中の何か根本的な部分を変えるしか対策は無いような気がしたのです。そこで自分が最も屈辱的でやりたくない対策である所の「再び家族とコミュニケーションを取ってみる」が自分からの中に浮上したのだと思います。そして、ノートに尿管結石に関する事象を書いていけばいく程、その対策以外は無いような気がしてきました。




また、今後の入院生活の為には、自分は母親にあれこれ用事を頼まなければならず、母親とのコミュニケーションが不可避な状況でもありました。先程の結論にはこのような生活上の事情も若干反映されていたように思います。自分の入院生活は1日、2日では終わらないような気配でしたから、母親に頼んでラジオなどの生活必需品を持ってきて貰う必要性があったのです。(当時の自分は寝る前にラジオを聞かないと寝付け無くなっていました。)ただ、例えそのような事情が無かったとしても、自分が今後尿管結石を再発させない為には、家族3人とのコミュニケーションを復活させる事が必須のように思えました。たとえその3人が「殺したい程憎く」てもです。





今日はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others




PVアクセスランキング にほんブログ村