鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した43歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

精神年齢の成長が小3で止まっていた事に気付く⑤(2004年10月頃・28歳)

皆さんこんばんはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事も併せてどうぞ。では、前回の記事「精神年齢の成長が小3で止まっていた事に気付く④(2004年10月頃・28歳)」の続きを書かせて頂きます。





前回の記事は、自分が小学生3年生の時に父親が自宅で医院を開業し、そこから自分の生育環境が急激に悪化していったという話でした。その原因として① 開業にまつわる両親の環境の変化②父親方の親族問題による夫婦仲の急激な悪化、の2つが挙げられます。特に②の夫婦仲の急激な悪化がキツかったですね。この件での喧嘩が始まると、お互いがお互いの人格を否定し合うような激しい言い合いが延々と続き、これを目の前で聞かされる子供の気持ちと言ったら、それはヤバいものがありました。そう、この問題は「父親方の祖母」と「ニートの叔父」の取り扱いを巡るものでしたから、父親、母親双方の育った家庭環境や生育歴など双方の根本的なバックグラウンドが大きく絡む喧嘩だったのです。ですからこの件で喧嘩をするという事は、お互いがお互いの人格及びバックグラウンドを否定し合うという事であり、それを目の前で見させられている子供の自分としたら、実際に両親が目の前でガチでボコボコに殴り合い、血をボタボタ流しているようなものでした。この件を巡る2人の喧嘩は10年以上続き、それは月日が経つにつれさらに悪化していったのですが、最後の方の喧嘩はナイフでお互い刺し合ってるくらいの修羅場感がありました。そして、それを長年目の前で見せられている自分の心もどんどん病んでいったのです。だって自分はこの2人から産まれてきている訳ですから、この2人がお互いの存在を否定し合っているなら、この2人の間に産まれた自分って一体何なの?ってなものです。




この夫婦仲が急激に悪化していった時期が自分が小学校3年生の時なのですが、この頃から自分の体調は急激に悪化していきました。自分は物心ついた時から喘息持ちだったのですが、これが急激に悪化していったのです。夜になると喘息で呼吸が出来なくなり、苦しくて仕方ありません。その苦しさで夜全く眠る事が出来ず、朝5時頃になるとようやく喘息は収まってきて眠りについていました。故に学校は休みがちになり、週の半分は学校を休む事に。そして学校に行ったとしても体育の授業はほとんど休んでいましたし、学校生活の中でも常に疲労感と眠気を感じていましたから、いつも物悲しい気持ちで学校にいたのを思い出します。ちなみに開業以前の小1、小2の頃の自分の学校生活ですが、喘息はほとんど出ていなかった記憶ですし、毎日学校にも通っていました。なんだったら友達もいて楽しかった記憶すらありますからね。ですから小3以降のこの急激な喘息の悪化は明らかに異常であり、これは父親の開業に原因があると言って良いと思います。そう、開業後の両親の滅茶苦茶な忙しさと、父親の親族問題を巡る両親の間の血で血を洗うような傷付け合い、これにより子供の自分の心が大きく病み、喘息が悪化した可能性がかなり高い。ちなみに後々分かるのですが、自分の喘息って100%「心因性」なんですよ。自分の喘息は高校時代にも悪化しているのですが、喘息の発生する日時に法則性があったんですね。それは「日曜日の夜」でした。どういう事かと言うと、高校生活における不安を一番大きく感じるのが日曜日の夜であり、その不安により喘息が引き起こされていたのです。




話は小3時に戻ります。前述の通り、父親の開業により、自分の生育環境が急激に悪化し、喘息が急激に悪化しました。これにより、学校は休みがちになり、半分不登校児みたいな生活に突入してしまいます。そうそう、以前も書いていますが、記憶のサルベージをしていて、小学校3年生の頃の記憶を言語化していた際、小3以前の記憶の色と小3以降の記憶の色が全く違う事に気付いたんですよ。小3以前の記憶には色が付いてフルカラーなのに、小3以降の記憶からは一切色が落ちて「灰色」一色なのです。これも衝撃的でしたね〜。そして、サルベージを続けていくと、小3以降家庭環境が急激に悪化していた事が発覚し、さらに小3以降喘息も急激に悪化していた事も明らかになりました。それに伴い小3以降の学校生活も常に物悲しい気持ちで送っていた事も明らかになりました。自分は「なるほど!、そりゃ記憶から色が落ちるわ!」と納得したのでした。






今日はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。









にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others




PVアクセスランキング にほんブログ村