鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

小学校3年生以降、記憶から色が抜け落ちている事に気付き、驚愕③(過去編・2004年9月・28歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 小学校3年生以降、記憶から色が抜け落ちている事に気付き、驚愕②(過去編・2004年9月・28歳)」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事も、自分が記憶のサルベージ(言語化)を進めていき、小学校3年生の頃の記憶をノートに書いていった、という話でした。記憶のサルベージ(言語化)とは、自分が28歳〜29歳の時に行っていた、過去の記憶をノートを書く行為の事を指しています。そして、小学校3年生付近の記憶を書いていると、小学校3年生を境目にして、記憶の色が全く違う事に気付きました。そう、小学校3年生「以前」の記憶には「鮮やかな色」が付いているのですが、小学校3年生「以降」の記憶からは全ての色が剥げ落ち、「灰色」一色なのです。これには驚きましたね〜。「小学校3年生の時に一体何があったんだ???」って感じ。



そこで小学校3年生付近の記憶をノートに書いていったのですが、程なくしてその原因がわかりました。その原因は「家庭環境の急激な悪化」です。自分が小学校3年生の時に、両親が自宅で開業しまして、それにより家庭環境が戦争状態に突入していたのです。両親は全てのエネルギーと時間を仕事と夫婦喧嘩に投入し、消耗し切っていきました。そして、これに合わせて子供の自分のメンタルも急激に悪化。毎夜毎夜喘息で苦しむ事になり、学校の半分を休む事になってしまいました。



そして、小学校に行ったとしても喘息のせいでスポーツがほとんど出来ません。ちょっと走っただけでも無茶苦茶呼吸が苦しくなってしまうのです。よって体育の時間は半分以上見学です。これにより自分の中に劣等感が生まれました。サッカーを楽しむようなクラスメート達に対して、劣等感を感じる様になっていったのです。



一方小学校3年生「以前」の記憶は真逆です。両親の仲はそこまで酷くは無かったですし、仕事による消耗も少なかった印象です。母親も専業主婦をしていました。家庭内は比較的平穏な雰囲気を保っていました。そして、その頃の自分は、小学校には毎日行けていましたし、友達と楽しく遊んでいる記憶もありました。この頃の自分はどの友達に対しても引け目を感じてはいなかったのです。



小学校3年生を境目とする生活環境の激変。これが「記憶の色」の違いになっている事は疑いようもありませんでした。自分は小学校3年生付近の記憶をノートに書いていき、そこに明確な因果関係を見出しました。そして、その因果関係にホントに納得しましたし、知的興奮も覚えました。その気持ちを言語化するとこんな感じです。


「なるほど!!こんだけ生活環境が激変すれば、そりゃ記憶の色も変わるわ!!」



今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村